JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

自給自足のBiS!インディーズ回帰のPIGGS!新宿LOFTで汗だく競演

PIGGS
約1か月前2024年04月25日 13:04

BiSとPIGGSが、本日4月25日に行われた東京・新宿LOFTの歌舞伎町移転25周年記念企画「SHINJUKU LOFT 25TH 2MAN SHOW」に出演した。

“再出発”したばかりのBiSとPIGGS

BiSはもともと、2010年にソロアーティストとして活動していたプー・ルイを中心に結成されたアイドルグループ。現在のメンバーは2019年から続く第3期BiSとして、トギー、ナノ3、ヒューガー、イコ・ムゲンノカナタ、クレナイ・ワールズエンドの5人。今月よりメンバーがマネージメントを兼ねる“自給自足アイドル”として再スタートを切ったばかりだ。一方、PIGGSはプー・ルイがグループの所属事務所の社長とメンバーを兼任する形で2020年に始動したアイドルグループ。メンバーのプー・ルイ、SHELLME、BAN-BAN、KINCHAN、BIBI、SU-RINGは共同生活をしている。2023年1月にメジャーデビューを果たすも、先日行われた結成4周年記念ライブで意思を持ってインディーズに回帰して活動していくことを発表したばかりだ。

汗まみれ!PIGGSの全身全霊ライブ

先攻のPIGGSは1曲目に挨拶代わりに人気曲「NOT PIG」を投下。拳を掲げて振り返るというおなじみのパフォーマンスを、ぶーちゃんズ(PIGGSファンの呼称)らとともに繰り出し、開始早々、異様な熱気と一体感が場内を包みこんだ。「NAKED BORN NAKED DIE」で激しく盛り上がったあと、「Fleeting」でSHELLMEが「かかって来いよ!」と叫ぶなど、アグレッシブなライブを展開する。MCではプー・ルイが「新宿LOFTがパンパンなのはひさびさな感じがするよ! 意外と後ろも見えてるからね!」と元気よく呼びかけ、SHELLMEが「今日は4月25日、新宿LOFTの25周年、気温も25℃らしいぜ? ニコニコニコってことで、歌舞伎でスマイルぶちかませていこうぜ! ゲラゲラ笑って楽しんでいけんのか!」とフロアを煽った。

PIGGSはその後も彼女たちが掲げる“全身全霊アイドル”を体現するかの如く、フルスロットルのパフォーマンスでフロアを熱く盛り上げた。ライブ後半にはBIBIとSU-RINGが「今日一番の声、聞かせてくれますか!」と叫び、パンキッシュなナンバー「豚 HAVE THE POWER」へとつなげる。7月17日リリースのインディーズ復帰を飾るEP(タイトル未定)に収められる新曲「ラフレシア」を披露する場面もありつつ、ラストにキラーチューン「とらえる」で熱くライブを締めくくった。

汗だく!BiSの全力投球ライブ

後攻のBiSはアンセミックなナンバー「R.U.N」でライブ開始の狼煙を上げる。間髪いれずに「テレフォン」「DA DA DA DANCE SONG」というアッパーチューンを畳みかけ、研究員(BiSファンの呼称)らオーディエンスを熱狂の渦へと巻き込んでいく。ヒューガーは新宿LOFTの移転25周年を祝福するとともに、PIGGSとの競演に感謝の言葉を述べる。キラーチューン「STUPiD」が始まると、イコが「まだまだこれから! 盛り上がっていきましょう!」とフロアを煽った。

BiSはさらにパンクチューン「BASKET BOX」などアグレッシブな楽曲を序盤にアクセル全開で投下。後半にはトギーが、PIGGSとは最近でこそ競演の機会が増えてきたがPIGGS結成当初は、“大人の事情”で競演が叶わなかったことに触れつつ、インディーズに戻ったPIGGS、自給自足アイドルになったBiSの2組に共通する変化について話した。そして「BiSもPIGGSもみんなを楽しませるために、もっと楽しくやっていきたいから選んだ変化です。今日の残り少ない時間も、頭空っぽにして楽しんでいってください!」と呼びかけた。5人は最新アルバム「NEVER MiND」からAge Factory提供による人気曲「Sakura」、そして代表曲「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」とドラマチックな楽曲を連投。「NO CHOiCE」でハッピーなムードをもたらしたかと思えば、エンディングにはアグレッシブなナンバー「teacher teacher teacher」で再びアクセル全開のパフォーマンスを見せつけ、汗だくでライブを締めくくった。

セットリスト

「SHINJUKU LOFT 25TH 2MAN SHOW」2024年4月25日 新宿LOFT

PIGGS

01. NOT PIG
02. NAKED BORN NAKED DIE
03. Fleeting
04. ファイティングブレイン
05. 人間すぎる
06. フォーエバーヤング
07. 豚 HAVE THE POWER
08. ワイルドサイドを歩け
09. ラフレシア
10. フューチャー・スターダスト
11. とらえる

BiS

01. R.U.N
02. テレフォン
03. DA DA DA DANCE SONG
04. STUPiD
05. BASKET BOX
06. なまえをよんで
07. つよがりさん
08. Sakura
09. BiS-どうやらゾンビのおでまし-
10. NO CHOiCE
11. teacher teacher teacher

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

BiS「自給自足LiVE」開催告知ビジュアル

BiS「自給自足LiVE」7公演一挙発表!女性限定、白塗り限定ライブあり

1日
「EVOLUTION POP!Vol.75」告知画像

BiSと我儘ラキアがツーマン

3日
「TOKYO IDOL FESTIVAL 2024」ロゴ

「TIF2024」にアプガ(2)、22/7、まねきケチャら28組追加!WACKグループも出演決定

5日
「YATSUI FESTIVAL! 2024」キービジュアル(イラストレーション:我喜屋位瑳務 / トータルアートディレクション:太田雄介)

「やついフェス」最終出演者&タイムテーブル発表

10日
「HELL!! CLASH!! BREAK!!」告知ビジュアす

GANG PARADEとBiSが今年もツーマン、高校生以下にはキャッシュバック

14日
BiS(撮影:大橋祐希)

自給自足アイドルBiSの関東ツアー開幕!メンバーInstagramアカウント開設

22日
「ライブナタリー “BiS × Gacharic Spin”」告知ビジュアル

BiS × Gacharic Spinが閉館迫る新宿BLAZEで競演!ライブナタリー新企画

24日
BiS「Sakura」ジャケット

BiS「Sakura」など“NEW TYPE Ver.”配信決定、特典付き限定商品も登場

27日
「世が世なら!!! 夏のドドド祭り」フライヤー

世が世なら!!!初めての主催ライブ「夏のドドド祭り」3DAYS開催決定

29日