JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

「氣志團万博」が生まれ変わる!今年は11月に幕張メッセで開催

「氣志團万博2024 ~シン・キシダンバンパク~」告知ビジュアル
約1か月前2024年04月26日 13:05

氣志團が主催する野外フェス「氣志團万博2024 ~シン・キシダンバンパク~」が11月9、10日に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールで開催される。

「氣志團万博」は、氣志團の地元である千葉・袖ケ浦海浜公園で例年9月に開催されてきた野外フェス。今年は時期と会場を変更して行われる。

綾小路翔(Vo)は今回の開催に寄せて「10年もの間、我々の街に駆けつけてくれたみんな、ごめんな。10年もの間、我々を支えてくれた地元のみんな、ごめんな」「約束する。必ず帰る」と袖ケ浦の人々に対して詫びを入れつつ、「氣志團万博、生まれ変わります。まさかのここに来て、生まれ変わります」「必ず連れて行くぜ。そう、ピリオドの向こうへ」と決意のコメントを発表。出演アーティストやチケットに関する情報は追ってアナウンスされる。

綾小路翔 コメント

2003年と2006年に単独で開催し、2012年からフェススタイルに転向した氣志團万博。

右も左も分からないところから始めて、メガイベントから、地方イベント、アーティスト主導・主宰のイベントまで、多種多様の音楽フェスから学び、影響を受け、亀の歩みながらも10年。
少しずつ地域にも浸透し、ご理解を頂き、協力して下さる企業・行政・自治体・飲食店の方々も増え、「続ける」という事の大切さ、尊さをこの身で感じて来ました。

とは言え、順風満帆とは縁遠く、毎年のように天候に悩まされながらも、どうにかこうにか必死で開催にこぎつけて来た10年でもありました。しかし、2019年には大型の台風が千葉県を直撃、更に翌年には新型コロナウイルスが上陸、とうとう万事休す…かと思いきや、それでも多くの皆様からのご支援と、持ち前の往生際の悪さで土俵際を粘り強く踏ん張り、九回裏二死満塁からのオンラインでの開催、そして2022年には実に3年振りの現地開催にまで返り咲く事が出来ました。

「奇跡は待つものじゃねえ、起こすものだ」
この言葉は、いつしか自分達のスローガンとなりました。

なんて、バリバリにうんならかして来たにも関わらず、昨年2023年はまさかの開催を見送る事に。
理由は自分、綾小路 翔の声帯治療の為です。
無念極まりないこの事態に、忸怩たる想いを抱えていましたが、しかし、奇しくもこの期間こそが「氣志團万博」というものを改めて振り返り、更には正面から向き合う事へのきっかけともなったのでした。

この10年間で我々が得たもの…
この10年間で我々が失ったもの…
可能性を見出したこと…
閉ざされたままのこと…
そこで浮き彫りとなった問題や不便…
果たして進歩とは…?
はたまた普遍とは…?

そこには、何が起ころうと前進を続けて来た我々だったからこその盲点があったのです。

そして、辿り着きました。

氣志團万博、生まれ変わります。
まさかのここに来て、生まれ変わります。
時期は9月の中旬から11月の上旬へ。
会場は袖ケ浦海浜公園から幕張メッセへ。
屋外から屋内へ。

同じ千葉県内だけど、爆音民族ちょい移動。
当然寂しく感じる人もいるに違いない。
毎年あの千葉フォルニアの海と、風と、パームトゥリーと再会する事を楽しみにしてくれていたもんね。
中には味気なく感じてしまう人もいるかもしれない。
房総の灼熱の太陽も、寒さに震えた午後も、田植えに湿ったスニーカーも、全部抱きしめたいほどに愛おしい思い出だから。

だけど、それでも氣志團万博は変わります。
何で変わるのか?何で変えるのか?
何に変わるのか?何に変えるのか?
何を変わるのか?何を変えるのか?
何が変わるのか?何が変えるのか?
11月はそれをお見せします。

10年もの間、我々の街に駆けつけてくれたみんな、ごめんな。
10年もの間、我々を支えてくれた地元のみんな、ごめんな。

約束する。
必ず帰る。

これはその為の大いなる第一歩。
センチな話じゃねーんだ。

2024年11月9日、10日。
「氣志團万博2024
~シン・キシダンバンパク~」
開催します。

必ず連れて行くぜ。
そう、ピリオドの向こうへ。

ここまで読んでくれた君に告ぐ。
「俺んとこ、来ないか?」

氣志團万博2024 ~シン・キシダンバンパク~

2024年11月9日(土)千葉県 幕張メッセ国際展示場9~11ホール
2024年11月10日(日)千葉県 幕張メッセ国際展示場9~11ホール

関連記事

新宿LOFT歌舞伎町移転25周年記念 第2弾出演者

新宿LOFTの移転25周年公演に真心ブラザーズ、清春、9mm、竹原ピストル、KEYTALKら121組追加

9日
「PEACEFUL PARK 2024 for 能登 -supported by NTT docomo-」ロゴ (c)2023 PEACEFUL PARK All Rights Reserved.

能登半島地震復興支援ライブにMISIA、GLAY、氣志團、RAMPAGE、美 少年、ふるっぱー、JO1ら出演

9日
「YATSUI FESTIVAL! 2024」キービジュアル(イラストレーション:我喜屋位瑳務 / トータルアートディレクション:太田雄介)

「やついフェス」最終出演者&タイムテーブル発表

13日
「JOIN ALIVE 2024」メインビジュアル

「JOIN ALIVE」にイエモン、UVER、リーダーズ、バニラズ、サバシスター、Da-iCEら19組追加

21日
「スペプラ手越LIVE ~Music Concept~」ビジュアル

「スペプラ手越LIVE」最終アーティストは氣志團、手越祐也のサポートはKEYTALK寺中&八木が担当

24日
「hide Memorial Day 2024 ~Sing along Live"Hi-Ho!"~」集合写真

「hide Memorial Day」豪華ゲストが続々登場!hide名曲を歌いつなぎファンと合唱

28日
「ライブナタリー “氣志團 × おとぼけビ~バ~ × PassCode”」フライヤー

氣志團!おとぼけビ~バ~!PassCode!Zepp Hanedaで激突

29日
「JOIN ALIVE 2024」ビジュアル

「JOIN ALIVE」にNovel Core、マイファス、ジュンスカ、NiziU、ブルエン、家主ら22組追加

約1か月
「SOUND CONNECTION -レインボーカーニバル-」告知ビジュアル

FRUITS ZIPRERが氣志團を迎え撃つ!ツーマンライブ開催

約1か月