JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

SPYAIR、全国ツアーファイナルで誓ったさらなる飛躍「俺たちと高く高く飛んで羽ばたこう」

SPYAIR(撮影:木村泰之)
約1か月前2024年05月06日 5:01

SPYAIRの全国ツアー「SPYAIR TOUR 2024 -ORANGE-」のファイナル公演が、昨日5月5日に東京・EX THEATER ROPPONGIで開催された。

「ハイキュー!!」楽曲を全曲披露

このツアーは今年2月にリリースされた新作EP「オレンジ」を携え、全国7都市で開催。EPのリード曲で映画「劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦」の主題歌となった「オレンジ」を含め、過去に「ハイキュー!!」のテーマソングとして提供した全楽曲を披露し、圧倒的なパフォーマンスで各会場に集結したファンを楽しませた。

開演時刻を迎え、暗転したステージにUZ(G, Programming)、MOMIKEN(B)、KENTA(Dr)とサポートメンバーのtasuku(G)が登場。最後にYOSUKE(Vo)が加わると、満員のフロアからは一段と大きな歓声が起こった。彼らが最初に披露した曲は2014年にリリースされた、テレビアニメ「ハイキュー!!」第1期オープニングテーマの「イマジネーション」。オーディエンスが打ち鳴らす力強いハンドクラップを、YOSUKEは不敵な笑みを浮かべながら両手を広げて煽る。大盛り上がりの観客に向け、YOSUKEは「ようこそ、SPYAIRのライブへ!」と叫び、さらなる興奮をもたらした。

その後も「アイム・ア・ビリーバー」「One Day」と、「ハイキュー!!」テーマソングを連投したSPYAIR。「One Day」ではUZとMOMIKENがお立ち台に上がってパワフルなプレイを見せつけ、その傍らでYOSUKEは演奏に乗せて華麗なステップを踏んだ。YOSUKEは「最終日、最高になる予感しかありません。本当に楽しみにしてきたんだから」と高揚した表情で語り、さらなる熱演を誓った。

「オレンジ」の大ヒットに「もっと前に進もうと思えます」

エモーショナルなアンサンブルが響いた「LIAR」、UZの高らかなギターイントロに大歓声が湧いた「Naked」のあとは、「ジャパニケーション」でフロアの熱をさらに上昇させる。「ほら来いよ、東京!」というYOSUKEのシャウトに応え、オーディエンスは力強く拳を上げヘドバンを繰り返した。アッパーチューンの連投から会場の空気が変化したのは、続く「I Wanna Be...」。メロウなサウンドとYOSUKEの深みのあるボーカルにオーディエンスはうっとりと聴き入り、そのハーモニーに引き込まれるようにシンガロングが起こった。

中盤のMCではKENTAが「みんなの圧がすごすぎて(ドラムセットの)椅子が壊れちゃって……予備とかないすか?」と予期せぬハプニングを明かし「どんだけ熱いんだよ!」と観客の盛り上がりを褒め称えるひと幕も。4人は今回のツアーにまつわる裏話を和やかな様子で語り合い、フロアの笑いを誘った。YOSUKEはメンバーを代表し「今回のツアーでは『オレンジ』に元気をもらっています。リリースから何カ月も経っても聴かれることってなかなかないですし」と、ロングヒットを続ける最新曲への思いを語る。そして「皆さんが聴いてくれること、ライブでみんなで暴れる空間があることで、もっと前に進もうと思えます」と感謝を述べ、その気持ちを表現するように「My Friend」をアコースティックアレンジで丁寧に届けた。

温かな空気がフロアに満ちたあと、ライブ後半戦ではYOSUKEの「魂でぶつかり合いましょう!」という言葉に続き、ヘヴィなロックチューンが連投された。YOSUKEの加入後初のオリジナル曲となった「RE-BIRTH」で会場の一体感を高めると、MOMIKENの骨太なベースラインがフロアを揺らす「0 GAME」、UZの軽快なラップが炸裂した「Supersonic」、さらに「ROCKIN' OUT」「RAGE OF DUST」がノンストップでドロップされ、フロアからは怒号のような歓声が鳴り止まなかった。

始まりの場所での「Just Like This」開催発表

本編最後の曲に入る前、YOSUKEは各会場に集まったファンに向け「勇気と元気と誇りをこのツアーでもらえました。たくさんの愛情をありがとう」と語り、「まだまだ“新体制”って言われるけど、みんなと一緒に“新体制”を外して『これがSPYAIRです』と胸を張って言えるように突っ走っていきたいです。俺たちと高く高く飛んで、羽ばたいてほしいです」と呼びかけた。ラストナンバーはもちろん「オレンジ」。メンバーが万感の思いを込めて届けるサウンドを、オーディエンスは高く手を上げて受け止めた。

アンコール1曲目では「サムライハート(Some Like It Hot!!)」を披露。フロアでは今回のツアーグッズであるオレンジのタオルが無数の波を打った。ここでYOSUKEは「次に会う約束をここでしましょうか?」と話し、9月29日に東京・日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)で恒例の野外ライブ「Just Like This 2024」を開催することを発表。大喜びする観客に「いろいろあったけど、また始まりの場所でやるらしいぜ!」と笑顔を向け、最後のナンバー「現状ディストラクション」を高らかに歌い上げた。

全国ツアーを終えたSPYAIRは5月にアジアツアー「SPYAIR ASIA TOUR 2024 -ORANGE-」を開催。9月の「Just Like This 2024」のチケットは、公式モバイルファンクラブ・AIR-GATEにて5月13日まで最速先行予約を受け付けている。

セットリスト

「SPYAIR TOUR 2024 -ORANGE-」2024年5月5日 EX THEATER ROPPONGI

01. イマジネーション
02. アイム・ア・ビリーバー
03. One Day
04. LIAR
05. Naked
06. ジャパニケーション
07. I Wanna Be...
08. My Friend(アコースティック)
09. RE-BIRTH
10. 0 GAME
11. Supersonic
12. ROCKIN' OUT
13. RAGE OF DUST
14. オレンジ
<アンコール>
15. サムライハート(Some Like It Hot!!)
16. 現状ディストラクション

公演情報

Just Like This 2024

2024年9月29日(日)東京都 日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

「音楽の日2024」出演アーティスト第1弾 (c)TBS

「音楽の日」第1弾発表でNewJeans、Number_i、セカオワ、JO1、三代目、BE:FIRST、超特急ら16組

4日
6月3日放送「CDTVライブ!ライブ!」出演者

椎名林檎がのっち&中嶋イッキュウと新曲披露!次回「CDTV」にmilet、なにわ男子、IS:SUEら9組登場

10日
「OSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVAL 2024」告知画像

大阪「ジャイガ」最終発表でOmoinotake、MAZZEL、秋山黄色、SPYAIR、ヤバTら7組

16日
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2024」ロゴ

蘇我「ロッキン」にBE:FIRST、結束バンド、ENHYPEN、星野源、サカナクションら

23日
5月5日に東京・EX THEATER ROPPONGIで行われたSPYAIRのツアー「SPYAIR TOUR 2024 -ORANGE-」ファイナル公演の様子。(撮影:木村泰之)

SPYAIRが夏の恒例ライブ開催、今年は原点の場所で

約1か月
番組MCの有働由美子と、アーティストナビゲーターの松下洸平。

「with MUSIC」2時間SPにILLIT、トニセン、高橋洋子、&TEAM、絢香、キスマイ、ビーファら

約1か月
「CDTVライブ!ライブ!」4月8日の出演者。

宇多田ヒカルが「First Love」披露 次回CDTVにSHISHAMO、超とき宣、超特急、NCT DREAMら

2か月
「Tokio Ruidoso」収録の様子。

シシド・カフカ主宰el tempo、初の配信リリースは立体音響で

2か月
再生数急上昇ソング定点観測

MAZZELの新境地を開く高難度ダンス / SPYAIR新曲に盛り込まれた歴代「ハイキュー!!」曲オマージュ

3か月