JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

三宅健が新作MVで運転し、ビルの屋上でパフォーマンス 監督・WurtSは「夢の世界のような作品」

三宅健「ホーンテッド」ミュージックビデオより。
約1か月前2024年06月04日 15:02

三宅健の新曲「ホーンテッド」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

本日6月5日に発売されたアルバム「THE iDOL」の収録曲「ホーンテッド」は、WurtSが作詞作曲を手がけた楽曲。MVの監督もWurtSが務めている。MVは三宅の運転シーンやビルの屋上での激しいパフォーマンスシーンで構成されている。

このMVについて、三宅は「彼に全てを預けて良かったと思える作品に仕上がったと思います」、WurtSは「ライブ感漂う画作りと普段とはどこか違うパラレルワールド、夢の世界のような作品に仕上げました」とそれぞれコメントしている。

三宅健 コメント

WurtSくんからいつかアイドルをプロデュースしたいという話を聞いて、WurtSくんにプロデュースされたら、凄く面白いことがおきそうだと思ってMVのプロデュースもお願いしちゃいました!
彼に全てを預けて良かったと思える作品に仕上がったと思います。

WurtS コメント

今回、「三宅健をプロデュースする気持ちで作ってよ」と、
健さんからの提案で楽曲提供とMusic Videoをトータルで制作させて頂きました。
お話する中で健さんがアートや表現への探究心に溢れている方だなと改めて感じ、健さんの作り出す作品に繊細で都会的なイメージを持ちました。
一方、楽曲提供させて頂いた“ホーンテッド”は、
WurtSの作る楽曲の中でも飛び抜けてロックな楽曲になっています。
僕自身が健さんをプロデュースするなら今までの僕のイメージとは異なった、“誰も見たことがない健さんの一面”を魅せたいと思い、楽曲はバンド編成でライブ感のあるレコーディングを行ったり、あえて声をノイジーにするなど肉体的でエネルギッシュなアプローチを行いました。
Music Videoでも楽曲の力強さを体現するような、ライブ感漂う画作りと普段とはどこか違うパラレルワールド、夢の世界のような作品に仕上げました。

(c)TOBE Co., Ltd.

関連記事

「SWEET LOVE SHOWER 2024」ロゴ

夏のラブシャ最終発表で柴田聡子、KOTORI、秋山黄色、yutori、ブランデー戦記、DJピエール中野ら追加

2日
(c)ナタリー

TOBE三宅健、北山宏光、Number_i、IMP.が再び東京ドームに集結 今度はスポーツイベント

2日
「WILD BUNCH FEST. 2024」メインビジュアル

「ワイバン」に離婚伝説、くじら、リュックと添い寝ごはんら19組追加 タイムテーブル公開

8日
三宅健

三宅健、HY、INIがフジテレビ「MUSIC FAIR」に出演

11日
三宅健「2024 Live Performance The otherside : Another me Presented by KEN MIYAKE」より。(c)TOBE Co., Ltd.

三宅健「みんなと会えて最高でした」有明アリーナを一体感で包んだ一夜、新たなライブツアーを発表

13日
、「JAPAN JAM 2024」ビジュアル

「JAPAN JAM 2024」114組のライブ映像配信、今週末配信DAY1・DAY2タイムテーブル公開中

15日
「UKFC on the Road 2024」告知ビジュアル

大阪で開催「UKFC」にAge Factory、ART-SCHOOLが出演

16日
「TOBE LIVE at ARIAKE ARENA 2024」ビジュアル

三宅健、北山宏光、Number_i、IMP.の有明アリーナ公演をPrime Videoで配信

23日
三宅健 (c)フジテレビ

三宅健「ミュージックジェネレーション」に出演、印象に残ったアーティストは「野狐禅さん!」

23日
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2024」ロゴ

「ロッキン」タイムテーブル発表、蘇我で5日間開催&115組が出演

24日