WONK新曲「Signal」配信リリース、林響太朗監督MVで仲万美が舞う

WONK新曲「Signal」配信リリース、林響太朗監督MVで仲万美が舞う

WONKの新曲「Signal」が本日11月11日に配信リリースされた。

YAMAHAとのコラボレーションから誕生した「Signal」は、日々の大切な場面や日常を後押しすることを表現している同社のブランドプロミス「Make Waves」と、アーティストが本当に届けたい音を届ける新製品コンセプトの「True Sound」からWONKが着想を得て制作した楽曲。「音による後押しを発信する側 / 受信する側」という2つの視点で構成され、発信する側が「天上世界」として、受信する側が「現実世界」で表現されている。

またYouTubeでは、林響太朗が監督を務めた「Signal」のミュージックビデオも公開中。こちらも「発信する側(天上世界)」と「受信する側(現実世界)」で構成された内容で、天上世界をWONKによる演奏、現実世界を仲万美によるダンスで表現している。江崎文武(Key)はYAMAHAとのコラボレーションおよび完成したMVについて「ヤマハ音楽教室でピアノを習い始めたこともあり、YAMAHAさんとコラボレーションすること自体、とても嬉しく思います。奇しくもピアノが重要なパートを担う楽曲になりました。映像との絶妙なコンビネーションもぜひお楽しみ頂きたいです」とコメントしている。

※江崎文武の崎は立つさきが正式表記

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL