新婚・古川未鈴が宙を舞う!でんぱ組.inc幕張2日目はコラボ満載フルコース

新婚・古川未鈴が宙を舞う!でんぱ組.inc幕張2日目はコラボ満載フルコース

アンコールで宙を舞う古川未鈴。(撮影:チェリーマン)

でんぱ組.incのワンマンライブ「でんぱ組.inc 幕張ジャンボリーコンサート」が、12月7日と8日に千葉・幕張メッセ国際展示場2・3ホールで行われた。この記事では8日開催の「DEMPARTY 幕張式フルコース ~ア・ラ・でんぱ~」の模様をレポートする。

前日7日は“和風”、この日は“洋風”というコンセプトで行われた今回のライブ。オープニング映像に続いてメンバー6人はそれぞれ全く異なるデザインのドレス風衣装でステージに現れた。華やかな衣装に大歓声が上がる中で披露された1曲目は「でんぱーりーナイト」。さらにディア☆、CYNHN、Chu☆Oh!Dolly、ENGAG.ING、虹のファンタジスタ、リルネード、meme tokyo.といったディアステージの後輩たちをダンサーに迎えて「Dear☆Stageへようこそ▽」がパフォーマンスされ、会場は大いに盛り上がった。

前日バースデーサプライズで祝福を受けた藤咲彩音は自己紹介で「イェーイ!」とハイテンションに何度も叫び、古川未鈴から「ピンキーさん、さすが1つ歳をとっただけある(笑)」と指摘された。その後の「バリ3共和国」ではオーディエンスのコールが会場内の一体感を高め、この日の衣装にぴったりな「かぼちゃタンデム」などさまざまな楽曲が披露された。花道を通ってセンターステージに移動したメンバーは、相沢梨紗がデザインを手がけた今回の衣装についてトークを展開。相沢は各メンバーごとのこだわりを話し、こと藤咲の衣装に関しては「彩音推しに褒めてほしいところがあるんです」と、ガーターベルトやウエスト部分のレース使いなど細かいこだわりポイントを説明した。ビジョンに藤咲の姿が大映しになると、藤咲は「やめろ! 映すな!(笑)」と照れた様子を見せていた。

続いては根本凪と鹿目凛によるユニット・ねもぺろのコーナーへ。ビジョンにはルームシェアをする2人が同じ男性を好きになってしまい、ライバル意識を燃やすミニドラマが流れる。その後ステージに現れた2人の衣装は、全身にリボンをふんだんに用いたかわいらしくもインパクト十分なデザイン。2人は恋心を歌った「しゅきしゅきしゅきぴ▽がとまらないっ…!」をキュートにパフォーマンスし、客席から大喝采を浴びた。そのあとは相沢と桜野羽咲のユニット、LAVILITHがステージに登場。荘厳な空気を漂わせるロックチューン「ペイルライダー」「スバラシキセカイ」を堂々と歌い上げ、LAVILITHならではの世界を作り上げた。

ステージに戻ってきた古川は、個性豊かな楽曲の数々を振り返り「ありとあらゆるでんぱ組.incを見れた」と語る。そしてゲストの諭吉佳作/menを迎え入れ、彼女が提供した「形而上学的、魔法」を合計7名でコラボレーション。諭吉佳作/menはコーラスとボーカルを務め、圧巻の歌声で観客を魅了した。さらに前日に続き、成瀬瑛美が声優を務めるアニメ「スター☆トゥインクルプリキュア」の楽曲も披露。この日はゲストとしてキュアスター、キュアソレイユ、キュアセレーネが登場し、でんぱ組.incのメンバーを「胸がドキドキする!」「二次元になりたい!」と興奮させた。

今年のホールツアー「UHHA! YAAA!! TOUR!!! 2019」でファンからのリクエスト曲を歌った「ファンラブコーナー」での披露曲を集めたメドレーは「エバーグリーン」から始まり「エバーグリーン」で終わるという構成。古川はこのメドレーについて「ツアーのコーナーでやった曲を全部入れたし、ツアーでは入れられなかったリクエスト曲もやりました」と明かした。「おやすみポラリスさよならパラレルワールド」をクールにパフォーマンスしたあと、「でんでんぱっしょん」のイントロで根本は「このあと小芝居はやりづらい……(笑)」と本音をこぼしてファンを笑わせる。困る根本をよそに、古川が「衣装すっごいかわいいけど、スカート丈短すぎない?」と突然クレームを入れると、成瀬が「どれどれ?」と古川の衣装を確かめてから「大丈夫!」と自身のセリフにつなげて観客を沸かせた。そして最後は「プレシャスサマー!」で、華やかに締めくくられた。

アンコールにはでんぱ組.incのメンバーではなく、ゲストの清竜人が1人でステージに現れた。大きな拍手が響くが、清がピアノを奏で始めると会場は一気に静まり返る。ここでステージに登場したのは、真紅のロングドレスをまとった古川。古川は自身が9月に結婚を発表した際に初披露した、清提供のバラード「私のことを愛してくれた沢山の人達へ」を丁寧に歌い、途中からメンバー5人も加わって歌声を重ねる。清はアウトロのアレンジを「結婚行進曲」に変えて弾くという遊び心を見せ、古川を驚かせた。

歌い終えた古川は、清からの数々の楽曲提供について「ヤバい曲からいい曲から……」と振り返り、清を「それ、褒めてるよね?」と苦笑いさせた。そんな清は赤いネクタイとチーフを取り入れた自身の装いについて「素晴らしいお召し物で出てくるとのことだったので、そろえてみました。ちなみにパンツも赤いの履いてます(笑)」と明かした。清がステージを去ったあと、相沢は「昨日はサプライズでピンキーをお祝いしましたが、今日は未鈴ちゃんにもサプライズを用意しました!」と叫んで古川とファンを驚かせた。準備のために古川がステージを降ろされたあと、相沢はサプライズの内容を「未鈴ちゃんがずっと言ってた、ライブで夢見てたことを実現しようと」と匂わせる。ステージにスタッフ2人がスタンバイし、さらに上方からワイヤー2本が降りてくると場内のどよめきはピークに。準備を終えてステージに戻ってきた古川は何をやらされるのか勘付いた様子で「……こういうのってマジで事前にリハーサルしなきゃいけないんじゃないの?」と冷静にツッコんだ。

古川がワイヤーを装着すると、新曲「愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ」に合わせて古川の体が宙を舞う。長年夢見ていたライブでのフライングを実現させた古川だったが、手加減なしに上下させられ、そのたびにメンバーの歌声をかき消す勢いで絶叫。ほかの5人はステージを降りて客席中を駆け回り、ファンとのハイタッチを繰り返した。途中から合流した古川はステージに戻ると「なんだこれ……」と崩れ落ち、観客とメンバーの爆笑を誘った。

気を取り直した古川が「想像したのとちょっと違ったけど(笑)、夢が叶いました!」と客席に向けて叫んだあと、最後の曲「いのちのよろこび」へ。場内にはメンバーとオーディエンスの大合唱がこだました。

「でんぱ組.inc 幕張ジャンボリーコンサート DEMPARTY 幕張式フルコース ~ア・ラ・でんぱ~」2019年12月8日 幕張メッセ国際展示場2・3ホール セットリスト

01. でんぱーりーナイト
02. Dear☆Stageへようこそ▽
03. 破!to the Future
04. Future Diver
05. ギラメタスでんぱスターズ
06. バリ3共和国
07. ボン・デ・フェスタ
08. かぼちゃタンデム
09. しゅきしゅきしゅきぴ▽がとまらないっ…! / ねもぺろ
10. ペイルライダー~スバラシキセカイ / LAVILITH
11. 形而上学的、魔法 with 諭吉佳作/men
12. キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア / 成瀬瑛美
13. パぺピプ☆ロマンチック
14. ファンラブメドレー(エバーグリーン / STAR☆ットしちゃうぜ春だしね / ノットボッチ…夏 / 永久ゾンビーナ / 冬へと走りだすお! / くちづけキボンヌ / ブランニューワールド / IDOL / ダンス ダンス ダンス / きっと、きっとね。 / エバーグリーン)
15. おやすみポラリスさよならパラレルワールド
16. でんでんぱっしょん
17. 強い気持ち・強い愛
18. キラキラチューン
19. プレシャスサマー!
<アンコール>
20. 私のことを愛してくれた沢山の人達へ with 清竜人
21. 愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ
22. いのちのよろこび

※▽はハートマークが正式表記。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL