櫻坂46が改名後初の紅白出場へ、勇気や力強さをパフォーマンスで表現

櫻坂46が改名後初の紅白出場へ、勇気や力強さをパフォーマンスで表現

櫻坂46のメンバー。左から小林由依、藤吉夏鈴、森田ひかる、山崎天、渡邉理佐。(写真提供:NHK)

12月31日(木)にNHK総合ほかで放送される「第71回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが本日12月29日に実施されている。この記事では櫻坂46のコメントを紹介する。

欅坂46からの改名後初の「紅白歌合戦」出場となる櫻坂46は、1stシングルの表題曲「Nobody's fault」をパフォーマンスする。この曲でセンターを務める森田ひかるは「今回は、無観客での初めての紅白ということで、少し寂しい気持ちもありますが、無観客だからこそお届けできるものとか、幅とかも広がるので、そういうものを私たちも取り入れて、大みそか、見てくれている皆様に、勇気とか、力強さとか、櫻坂らしさとかをたくさん伝えられるパフォーマンスをしたいと改めて思いました」とステージへの意欲を示している。

※山崎天の崎はたつさきが正式表記。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL