坂本冬美が桑田佳祐の提供曲に魂込め紅白へ、三山ひろしはけん玉と歌唱に気合い

坂本冬美が桑田佳祐の提供曲に魂込め紅白へ、三山ひろしはけん玉と歌唱に気合い

坂本冬美(写真提供:NHK)

12月31日(木)にNHK総合ほかで放送される「第71回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが本日12月29日に実施されている。この記事では坂本冬美、三山ひろしのコメントを紹介する。

桑田佳祐提供の「ブッダのように私は死んだ」を披露する坂本は「今年は何と言っても、桑田佳祐さんに書き下ろしていただいた『ブッダのように私は死んだ』を歌わせていただきますので、魂を込めて、その後倒れてもいいぐらいの気持ちで、歌わせていただきたいと思います」と並々ならぬ意気込みを明かした。

けん玉の名手として知られる三山は「北のおんな町」の歌唱とともに、けん玉のギネス世界記録に挑戦する。「紅白歌合戦」のステージでけん玉の記録に挑むのは今年で4回目となり、「(歌とけん玉の)リハーサルを行って、『今回こそはギネス世界記録を更新しよう』という気持ちが、(一緒にけん玉に挑戦する)皆さんから湧き出ているのを感じました。しっかりと皆さんからのバトンを受け取り、どんなことがあっても決めたいと思います。歌も決めたいと思います」と記録更新や歌唱への熱意を語った。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL