ReN「HURRICANE」ツアーを1年越しで完走「みんなの光につながってくれたらうれしい」

ReN「HURRICANE」ツアーを1年越しで完走「みんなの光につながってくれたらうれしい」

「ReN ONE MAN『HURRICANE』Tour Final 2021 ~STAY STRONG~」の様子。(Photo by RUI HASHIMOTO [SOUND SHOOTER])

ReNのワンマンライブ「『HURRICANE』Tour Final 2021 ~STAY STRONG~」が昨日4月16日に東京・Zepp DiverCity(TOKYO)で開催された。

2019年11月から2020年2月にかけて本ツアーを実施していたReN。当初2020年3月に東京でファイナル公演を行う予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により延期となっていた。2度の日程振替、2部制への変更に見舞われながらも、およそ1年の歳月を経てツアーファイナル開催を実現した。この記事では第2部の模様をレポートする。

アコースティックギターを片手にステージに現れたReNは、さっそくLoop Stationを駆使し、スキャットやギターのカッティング、アルペジオなどを複雑に重ねていく。ベースとなるトラックを完成させて「HURRICANE」の演奏に入ると、自由自在にサウンドを組み合わせてオーディエンスを圧倒した。続く「Life Saver」には、パーカッションの打ち込みを使用した、よりリズムを強調したアレンジが施された。

昨年6月に配信リリースされたナンバー「We'll be fine」では、ReNがコロナ禍に感じたという孤独や明日への希望が表現された。彼はこの曲をアコギの弾き語りスタイルで披露。柔らかな音色、観客たちに語りかけるような歌声が穏やかなムードを演出した。さらに「存在証明」はLoop Stationのフレーズをリズムのみに抑えることで、自身の“存在証明”を表した歌詞のメッセージを強調。「Friends Forever」はアコギとエレキギターの音色を組み合わせたレゲエ調のアレンジでプレイされた。

別れを告げられない女性の心情を歌った最新曲「あーあ。」、ハイトーンのコーラスが美しく重なり合う「Illumination」を披露したあと、ReNは今年夏に新アルバムをリリースすることを発表。「コツコツ作り貯めてきました。超お楽しみに」とこの作品に関して語りつつ、ドラマ「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」の主題歌に使用された「Running Forward」の制作エピソードに触れ、集まったオーディエンスにうれしそうに近況を伝えた。

終盤に入ると、ReNは「目の前が暗くなることばかりだけど、今日はみんなのポジティブなエネルギーがバシバシ届きました」「音楽は純粋に自分の思いが伝わるものだと思っています。みんなの喜びの光につながってくれたらうれしい」とひさびさのライブを振り返った。そして「Lights」では自身の歌声を何重にも重ね、幻想的にフィナーレを演出。アンコールでは「Your Song」で観客たちへの感謝を表現し、1年の延期を経た「『HURRICANE』Tour Final」を締めくくった。

現在Streaming+では「『HURRICANE』Tour Final 2021 ~STAY STRONG~」第2部のアーカイブ映像を公開中。配信チケット購入者は明日4月18日23:59まで視聴できる。

ReN「ReN ONE MAN『HURRICANE』Tour Final 2021 ~STAY STRONG~」2021年4月16日 Zepp DiverCity(TOKYO)第2部 セットリスト

01. HURRICANE
02. Life Saver
03. What I'm feeling
04. Aurora
05. We'll be fine
06. Hot and Cold
07. 存在証明
08. Friends Forever
09. あーあ。
10. Illumination
11. Running Forward
12. Love You
13. Lights
<アンコール>
14. Your Song

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL