KOBAMETAL、2冊目の自著は「あとがきにすべてのメッセージが込められてます」

KOBAMETAL、2冊目の自著は「あとがきにすべてのメッセージが込められてます」

BABYMETALのプロデューサー・KOBAMETALが新エッセイ「鋼鉄(メタル)っぽいのが好き‐人生9割メタルで解決‐」を昨日9月29日に刊行。これを記念した囲み取材が、本日9月30日に東京・タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIOで行われた。

「鋼鉄(メタル)っぽいのが好き‐人生9割メタルで解決‐」は昨年12月から今年7月までWebサイト「ダ・ヴィンチニュース」で連載されていた「KOBAMETAL メタルハートで常識を覆せ! メタルか? メタルじゃないか?」に、その倍以上のボリュームで“KOBAMETALのシン・メタル論”を加筆したエッセイ本。KOBAMETALが著書を発表するのは、9月2日に発売されたBABYMETALのライブヒストリーブック「10 BABYMETAL LEGENDS」に続いて2冊目となる。

本著のアピールポイントを聞かれたKOBAMETALは「“メタル100%”じゃないところがポイント。鋼鉄の魂(メタルハート)を持ちながらも柔軟な頭を持って何事もバランスよく、という考えでやっているんですけど、そういうところですかね」とコメントする。「人生9割メタルで解決」という副題に絡めて「過去にメタル魂で乗り越えられたピンチは?」と問われると、「時代の流れは早いですし、世の中にはいろんな情報があふれている。流行り廃りに惑わされないようにと思うとき、自分の中に軸があることはよかったなと感じます。会社などでお仕事をされている方もいろんなことがあると思うんですけど、自分を信じることが大事かなと思いますし。自分の中に芯を1つ持っておくといいんじゃないかなと思います」と思いを語った。

また、結成10周年イヤーのグランドフィナーレを迎える10月10日をもって、BABYMETALが“LEGEND(ライブ)“を封印することについて、今の心境を問われたKOBAMETALは「予定通りに粛々と進んでいる感じです。10年はあっという間だったなと思いますけど、こうして世の中が大変な中でも、(10公演の)武道館ライブも延期中止になることなく、皆様のご協力のもとに完遂できたことはうれしく思います」と周囲への感謝を明かす。そして「そういうものが詰まった映像作品が昨日リリースされまして、BABYMETALの集大成がぎゅっと詰まっていますのでぜひご覧いただきたいですね」と、BABYMETALのBlu-ray / DVDおよびライブアルバム「10 BABYMETAL BUDOKAN」もしっかりとアピール。終始真剣なトーンで進む報道陣とのやりとりに「あまり真面目な本でもないので……」と照れ笑いをしつつ、読者へ向けて「あとがきをぜひ読んでください。あとがきに、すべてのメッセージが込められてます!」と呼びかけていた。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL