EVISBEATS、台湾4ピースバンド・DSPSのデビュー5周年記念カセットに参加

EVISBEATS、台湾4ピースバンド・DSPSのデビュー5周年記念カセットに参加

DSPS「我會不會又睡到下午了 Remix Tape」パッケージ画像

台湾の4ピースバンド・DSPSが10月20日にリリースするカセットテープ作品「我會不會又睡到下午了 Remix Tape」に、EVISBEATSが参加することが発表された。

「我會不會又睡到下午了」は、DSPSが2016年にリリースしたデビュー音源。YouTubeで公開されている試聴動画の再生回数が520万回を突破している人気作で、リリースから時間が経った今も広く愛されている。今回はバンドのデビュー5周年を記念して「我會不會又睡到下午了」のオリジナル楽曲とリミックスバージョンを収録したカセットテープが発売されることとなった。

リミキサーにはEVISBEATSのほかに、香港の宅録グループ・Kimberley Road Union 金巴利道路真理生命聯合、アメリカ・シカゴ在住の台湾人トラックメイカー / シンガーであるレイトン・ウーが参加。カセットのイラストおよびデザインは、台湾のマンガ家・高妍(ガオ・イェン)が手がけた。

DSPS「我會不會又睡到下午了 Remix Tape」収録曲

SIDE A

01. 我會不會又睡到下午了
02. 少女輓歌
03. 溫柔的生活革命

SIDE B

01. 溫柔的生活革命(EVISBEATS Remix)
02. 少女輓歌(Kimberley Road Union 金巴利道路真理生命 Remix)
03. 我會不會又睡到下午了(Layton Wu 雷頓狗 Remix)

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL