岩橋玄樹がイヴ・サンローラン社会活動のジャパンサポーターに就任「誰かの役に立つことができたら」

岩橋玄樹がイヴ・サンローラン社会活動のジャパンサポーターに就任「誰かの役に立つことができたら」

岩橋玄樹

岩橋玄樹がイヴ・サンローラン・ボーテによる活動「ABUSE IS NOT LOVE」のジャパンサポーターに就任。本日11月24日に東京・渋谷ストリームホールで行われた記者会見に登壇した。

「ABUSE IS NOT LOVE」はイヴ・サンローラン・ボーテが2020年よりグローバルに展開している、恋人からの「ABUSE(=暴力)」の9つのサイン「無視する」「脅す」「侮辱する」「操る」「嫉妬する」「管理する」「干渉する」「孤立させる」「萎縮させる」の認知と教育を広める活動。「女性に対する暴力撤廃の国際デー」である明日11月25日に日本でも活動がスタートする。

黒のシックなジャケットを身にまとってステージに立った岩橋は「普段ジャケットをあんまり着ないんですけど、今日鏡を見たら似合っててびっくりしました!」とにっこり。今回のオファーがきたときの心境について「本当にうれしかったですね。こういう場所に僕が立つことで、誰かの役に立つことができたらいいなと思います。若い世代に起こりやすい問題ということで、24歳の僕が発信することで若い人たちにメッセージが届いたらいいなと思います」と意気込んだ。

岩橋は「ABUSE IS NOT LOVE」について「本当に素晴らしい取り組みだと思いますし、僕自身初めて知った問題なので、これを知ってるかどうかで今後その状況にあったときにどうしたらいいかわかるので、まずは知ることが大切だなと思いました」とコメント。最後には「僕も勉強していきたいと思いますので、ぜひこの9つのサインを知ってもらって、周りに困ってる人がいたら助けていただき、皆さんが笑顔で幸せな生活を送れることを心から願っています」とまっすぐな眼差しで述べて会見を締めくくった。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL