OCTPATHメジャーデビュー決定!だが、太田駿静のキャッチコピーは「まだありません」

OCTPATHメジャーデビュー決定!だが、太田駿静のキャッチコピーは「まだありません」

オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」の元練習生8名によるボーイズグループ・OCTPATH(オクトパス)が本日11月28日に結成を記念した生配信を実施。その直後にメディア向けの囲み取材に応じた。

OCTPATHは、太田駿静、海帆、栗田航兵、古瀬直輝、小堀柊、高橋わたる、冬馬、四谷真佑からなる8人組グループ。グループ名のOCTPATHには「8人(OCT)ならではの道(PATH)をファンの皆様と共に歩み、固定概念にとらわれない変幻自在な活動をし、常に上の音域・領域(OCTAVE)への道(PATH)を追求していく」という思いが込められている。

生配信では「You are my path! OCTPATHです!」と声をそろえ、それぞれ自己紹介。冬馬は番組が始まる15分前に作ったという自作曲を歌い、美声を響かせた。その後、8人は先日公開されたティザー映像を視聴。ティザー映像のメンバーのバックにあった花の色がメンバーカラーであることを明かし、小堀は水色、太田は紺色、四谷は黄緑、高橋がピンク、古瀬が赤、栗田はオレンジ、海帆が黒、冬馬は白がメンバーカラーであることが発表された。生配信では全員が活躍するグループになるために、リーダーを立てずに活動していくこともアナウンス。OCTPATH結成について古瀬は「縁のあるメンバーが集まったと感じていて、いいものをお届けできるんじゃないかなと思います」とコメント。栗田も「この8人で同じ夢を叶えられたのは素晴らしいこと」だと思いを語った。

生配信内でOCTPATHは、2022年1月18日にオフィシャルファンクラブ「OCTPATH OFFICIAL FANCLUB」が立ち上がること、2月からGYAO!でレギュラー番組がスタートすること、2月9日に1stシングル「IT'S A BOP」でよしもとミュージックとユニバーサル ミュージック合同会社の共同音楽レーベル・YOSHIMOTO UNIVERSAL TUNES.からメジャーデビューすることを発表。さらに2月5日より「With LIVEトーク会」を実施、2月11日に東京・Zepp DiverCity(TOKYO)にてファンミーティングを開催することもアナウンスした。

囲み取材ではそれぞれキャッチコピーとともに自己紹介。四谷は「マイナスイオン」、小堀は「末っ子」、高橋は「カリスマ彫刻」、古瀬は「お母さん」、栗田は「愛嬌、ビジュアル」、海帆は「ロボット」、冬馬は「音楽」とそれぞれ自己アピールする中で、太田は「僕はまだそういう担当はありません」と話し、報道陣の笑いを誘った。生配信を終えた感想を問われた四谷は「生配信ということもあり緊張感がありましたが、ファンの方と同じ時間を共有できてうれしかったです。メジャーデビューということで、より一層プロのアーティストとしてがんばっていかなきゃと受け止めました」とコメント。太田は「ずっと楽しくて最後の古瀬さんの手紙もすごくじーんと来るものがあって、よりこの8人でよかったと思いました。この8人でしかできないことをやっていきたいです」と語った。栗田は「緊張したけど楽しくて1時間があっという間。またこういう経験ができたら。メジャーデビュー発表もファンの皆さんに向けてしっかり告知できたのでそれがすごくうれしかったです」と述べた。

ファンへのメッセージを問われた古瀬は「グループ名の由来でもあるファンの皆様との道を一緒に歩いていきたいですし、まだまだ未熟な僕たちがこれから成長していく姿を見守ってもらえたらと思います。これからどんどん皆さんの前に出る活動が増えていくと思うので、応援よろしくお願いします」と語る。今後の抱負については冬馬が「まだまだ未熟なのでもっと努力してまずは日本中に僕たちの作品、アートで人々に愛と希望を届けていきたい。最終的には固定観念にとらわれず、多様性を尊重して世界の人々に希望と夢を与えられるような存在になりたいです。デビューしてやっと1stステップを踏めて今後も素敵な7人と歩む将来が本当に楽しみです。やっと2月にファンの方々に直接会って感謝や愛の気持ちを伝えられることを考えるとすごく楽しみ。まずはそれに向けてたくさん努力していきたいです。これから僕たち8人の応援をよろしくお願いします」と力強く話した。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL