Creepy Nutsが映画「浅草キッド」にカメオ出演、インタビューでそれぞれの“師匠”を語る

Creepy Nutsが映画「浅草キッド」にカメオ出演、インタビューでそれぞれの“師匠”を語る

映画「浅草キッド」よりCreepy Nuts。

Creepy Nutsが12月9日配信のNetflix映画「浅草キッド」にカメオ出演していることが発表されるとともに、場面写真とインタビュー映像が公開された。

劇団ひとりが監督と脚本を担当した映画「浅草キッド」は、若かりし頃のビートたけしが師匠・深見千三郎と過ごした日々を描いた作品で、大泉洋が深見役、柳楽優弥がタケシ役で出演。公開された場面写真で、Creepy Nutsは町工場の作業着に身を包み、大泉と共演している。

またインタビュー映像では、深見とタケシの「師弟愛」が描かれる本作にちなみ、Creepy Nutsが自身の師匠について語っており、DJ 松永は「(師匠は)DJ COMAという2006年のDJ世界チャンピオンで、魚沼市でコシヒカリを作っている人なんです。俺が到底習得できない、“神々のなせる技”と思っていたものを出来る人が目の前にいると、不思議と出来る気がしてくるんです。だからCOMAくんがいなかったらここまで来ていないし、今の全てがないと思います」とコメントしている。

一方、R-指定は「僕はラップに関しては独学で、自分で色んな人のラップを聴いて研究したんですけど、中でも、僕も松永さんもすごい尊敬しているのはRHYMESTERの宇多丸さんです。(宇多丸さんは)ラッパーだけど、色んな仕事もどんどんしていく。他のフィールドの人とラップ以外の部分でもちゃんと張り合えるし、ラップもヒップホップの中でも飛び抜けて張り合える。宇多丸さんの活動がなかったら、Creepy Nutsでラジオやったりしないだろうし。それこそ映画に出させていただくこともないのかなっていう……」とルーツを明かした。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL