SUPER★DRAGONが見せたミクスチャーユニットとしての進化と深化「F2F」ツアー熱狂の中で幕

SUPER★DRAGONが見せたミクスチャーユニットとしての進化と深化「F2F」ツアー熱狂の中で幕

SUPER★DRAGON(撮影:米山三郎)

SUPER★DRAGONが4月23日に東京・Zepp DiverCity(TOKYO)でツアー「SUPER★DRAGON LIVE TOUR 2022 -F2F-」の最終公演を行った。

今回のツアーは、3月にリリースされた4thアルバム「Force to Forth」を引っ提げて行われたもの。「Force to Forth」はほとんどの収録曲の制作にメンバーが携わったアルバムで、彼らがデビュー当時から掲げてきた「ミクスチャーユニット」という肩書きを再解釈し、その可能性を押し広げるような意欲作となっている。強い思いを込めて作り上げた楽曲の披露の機会となった今回のツアーについて、志村玲於はアルバムリリース時のインタビューで「9人のスキルで“魅せるライブ”をしたい。演出で楽しませるというよりかは、逃げも隠れもしない僕ら自身の力でみんなを楽しませたい」と強い意気込みを語っていた。

開演時刻を迎えると、ステージ上段に並ぶ9人の姿が順に浮かび上がる。彼らが幕開けの1曲に選んだのは「hide-and-seek」。新たな世界へと足を踏み入れる際の高鳴る心境を歌詞のメッセージに重ねて届けた9人は、曲を終えるなり悠然と階段を下り、BLUE(SUPER★DRAGONファンの呼称)のもとへと歩みを進めた。

続く「BADASS」と「La Vida Loca」はメドレー形式で届けられ、ステージ上に大きく広がった9人は一気にパフォーマンスの勢いを加速させる。彼らのダイナミックなダンスと艷やかな表情に客席の熱気もぐんぐんと高まっていく中で届けられたのは「Force to Forth」収録の「Pioneer (Keep It Real)」。池田彪馬のこだわりが詰め込まれたこの曲は、柔らかなメロディラインに強気なメッセージが乗るエレクトロナンバーだ。ボーカルレスのドロップパートで息の合ったダンスを踊った9人は「Go SUPER★DRAGON!」と声を重ね、客席との距離感をぐっと近付けたのちに、この日最初のMCへ。

9人は順に自己紹介をし、それぞれにひと言ずつ意気込みを語っていく。玲於が「今日という日を最高の思い出にしていきましょう」とBLUEに約束すると、飯島颯は「今日来てくれたBLUEと、来れなかったけどどこかで見守ってくれているBLUEに向けて精一杯踊ります」と誓った。そして「皆さん、俺たちの圧力……じゃなくて熱量に付いて来れますか!」というジャン海渡の煽りののち、彼らは「love or like (Tokyo) w/Anatomy Rabbit」でライブを再開させる。タイの人気ユニット・Anatomy Rabbitとのコラボで生まれたこの曲もまた、海外アーティストとの融合という意味でスパドラのミクスチャースタイルの可能性を広げた「Force to Forth」収録曲。メロウでオリエンタルなサウンドは一瞬にして会場を熱帯の空気感に変え、手を合わせたり顔を寄せ合いながら歌い踊る9人の思わせぶりなパフォーマンスも相まって、まとわりつくような湿度を観る者に感じさせた。

「Don't Let Me Down」の涼やかなサウンドでクールダウンしたのちには、古川毅と彪馬のツインボーカルによる「Remedy For Love」、ジャン、田中洸希、松村和哉の3MCによる「2U」と、マイクを握るメンバーが自身のスキルを発揮するパートが用意された。毅と彪馬が豊かな歌声で楽曲の荘厳な世界観を表現した「Remedy For Love」に続く新曲「2U」は、UKドリルのディープなトラックをベースに、それぞれが自身の言葉で紡いだ世の中への“叫び”を吐き出すナンバー。先陣を切ったジャンはトリッキーでテクニカルなラップを繰り出し、ヘアカラーと同じ青色のカラーコンタクトを入れた洸希は豊かなフロウでビートに乗りながら、その青い瞳を光らせる。そして、最後のバースを担う和哉は思い切り感情を込めた圧巻の高速ラップを披露。終盤にはアカペラパートで言葉の重みを際立たせ、BLUEを圧倒していた。

3MCが舞台袖に姿を消したあとには「2U」をアレンジしたダンストラックでダンサーの玲於、颯、伊藤壮吾、柴崎楽が躍動。ダイナミックなダンスパフォーマンスで存在感を力強くアピールした。ボーカル、ラッパー、ダンサーとそれぞれがスポットライトを浴びた流れのあとに彼らが用意していたのは、BLUEとメンバーとの切り離せない関わりを歌う「Purple Moon」。続く「LRL -Left Right Left-」では9人の手振りに合わせて客席のペンライトも左右に揺れる。ステージ上と客席の結束をより強いものにすべく、メンバーは「後ろのほうも!」「一緒に!」と呼びかけ、会場は大きな一体感に包まれた。

曲を終え、和哉は客席を見渡しながら「このツアーを経て、やっともうすぐアルバムが完成するんだなっていう気持ち。感慨深いです。完成させてくれるのはあなたたちなんですよ」と思いを口にした。彼は「すべてがうまくいくはずはないんです。もしかしたら何かを失う瞬間があるかもしれない。けど、9人がちゃんといて、BLUEがいてくれたら、スパドラはなくなんねえんだろうなという直感があって。どんなネガティブも前進する力に変えていけるんじゃないかなとすごく思います。それが自分自身の助けにもなっているんです」と続け「覚悟と決意の歌をみんなに届けようと思います」と「X」をコールする。毅、ジャン、和哉が作詞に参加したこの曲で9人は「全ては混ざり合うのさ」と歌い、熱気を帯びたダンスパフォーマンスでBLUEに訴えかける。和哉は「今変わるのは変わらないため!」というリリックに思い切り力を込めて情熱を露わにしていた。

会場に渦巻くヒリヒリとした空気感を変えたのは「Welcome to my hell」。「Force to Forth」のオープニングを飾るこの曲はスパドラの“架空世界”に聴く者を招き入れるというミステリアスなテーマでジャンがメロディとリリックを制作した楽曲で、9人はマリオネットのように不自然な動きと瞳の奥に影を宿す怪しげな表情でBLUEを魅了した。そして「Set It Off」からライブは佳境へ。白とブルーのセットアップジャージに衣装替えした9人がステージに再集結すると、ジャンは「よっしゃラストスパートお前ら盛り上がっていけるかー!」と叫び声を上げる。スパドラがデビュー当時から得意としてきたミクスチャーロックの“最新形”として最新アルバムに収録された「Shut up, Shout out」でメンバーはワイルドに音に乗り、洸希はパワフルなシャウトで勢いを加速させた。

「Dragonfly」でタオルを手にした9人がそのタオルを掲げ頭上で回すと、BLUEも彼らに呼応するようにタオルやペンライトを大きく回した。この光景に、和哉は「最高や!」とひと言。そして「まだまだブチ上がっていこうぜ!」と、キラーチューン「Untouchable MAX」を投下する。ステージセットのあちこちからスモークが噴出するダイナミックな演出の中で、9人は持ちうる力をすべて出し切るような鬼気迫るダンスパフォーマンスを見せ、ライブハウスの熱気は最高潮に。勢いのまま颯が「最後にこの会場一体となってみんなで踊りましょう、『Bad Day』!」とコールすると、ここで9人は肩の力の抜けたパフォーマンスでギャップを見せる。ダンサーのメンバーが中心となって作り上げたパフォーマンスは、玲於と壮吾による“犬ポーズ”や颯と楽による“猫ポーズ”といったキュートな見せ場を交えたキャッチーなもの。弾けるような笑顔で「Bad Day」を楽しんだ颯は、曲を終えるなり「楽しかった!」と言葉に充実感をにじませていた。

本編ラストの楽曲を前にマイクを握ったのは毅。彼は「逐一思うんです。この9人だから成立してるんだなって。こんなに気持ち悪いくらい仲いいグループ、ほかにいないぞと思います」と笑い「今回のアルバムに込めたメッセージもそうですけど、僕らの存在が日々を生きる、前進するための力になってくれたらそれ以上のことはないです。それは今後も僕らのテーマになってくると思うし、みんなの希望であり続けられるように日々精進し、いいものを届けるので、これからも安心して付いて来てください」と訴えた。毅の言葉ののちにBLUEへ届けられたのは、BLUEに寄り添う9人の思いを歌った優しいバラードナンバー「-Tweedia-」。彪馬が付けたこの曲のタイトルには「信じ合う心」「幸福な愛」というブルースター(Tweedia)の花言葉にかけたBLUEへのメッセージも込められている。横1列になり、ステージに大きく広がって、客席の1人ひとりへと思いを届けた9人。最後にジャンは「今日は皆さん、最高の景色をありがとうございました!」と力いっぱい叫んだ。

9人がステージを去っても会場の熱気は冷めやらず、ライブは「君は1000%(Vantage Remix)」でアンコールへ。洸希とジャンが歌唱中の毅の両頬をつまんだりと、9人はリラックスムードでステージを楽しみ、BLUEの笑顔を誘った。この曲を終えてのMCタイムでも、メンバー間の他愛もない話で大盛り上がりした9人。「今日でツアーは最後だけど、また会えるよっていう気持ちを込めて」という毅の言葉でスタートした「Distance」では、毅と洸希、彪馬が温かなハーモニーを会場いっぱいに響かせた。

アルバムリリース時のインタビューで、毅は「『自分たちで生み出していかなきゃ消耗していくだけだよね』っていうのが僕らのスタンスだし、自分たちで自分たちの生かし方をやっとつかめてきた」と、スパドラの現在地を表現していた。ミクスチャーユニットとしてのさらなる可能性を自らの手で広げた「Force to Forth」を、自分たちのパフォーマンスをもってしっかりと体現した今回のツアーのラストナンバーとなったのは、メンバーの強固な絆を表明する「BROTHERHOOD」。彪馬が力強い歌声を響かせると、彼を囲む8人はペアになって手を重ね、お互いをまっすぐに見つめ合う。9人は情熱のままに最後までエモーショナルなパフォーマンスを見せ、「F2F」ツアーを完走。毅は最後に「もっともっと、BLUEのみんなとでっかい景色を見たいです。まだまだ夢の続きを一緒に見てもらえますか? つかんだ手を離さないから、これからも付いて来てください」とBLUEに語りかけ、ライブに幕を下ろしていた。

SUPER★DRAGON「SUPER★DRAGON LIVE TOUR 2022 -F2F-」2022年4月23日 Zepp DiverCity(TOKYO)第2部 セットリスト

01. hide-and-seek
02. BADASS
03. La Vida Loca
04. PANDORA
05. Pioneer (Keep It Real)
06. love or like (Tokyo) w/Anatomy Rabbit
07. Don't Let Me Down
08. Remedy For Love
09. 2U
10. Purple Moon
11. LRL -Left Right Left-
12. X
13. Welcome to my hell
14. Set It Off
15. Shut up, Shout out
16. Dragonfly
17. Untouchable MAX
18. Bad Day
19. -Tweedia-
<アンコール>
20. 君は1000%(Vantage Remix)
21. Distance
22. BROTHERHOOD

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL