新しい学校のリーダーズが映画「エルヴィス」応援アンバサダーに

新しい学校のリーダーズが映画「エルヴィス」応援アンバサダーに

新しい学校のリーダーズ

新しい学校のリーダーズが7月1日に全国公開される映画「エルヴィス」の応援アンバサダーに就任した。

「エルヴィス」は若くして謎の死を遂げたスーパースター、エルヴィス・プレスリーの真実の物語を描くバズ・ラーマン監督作品。エルヴィス役はオースティン・バトラー、マネージャーのトム・パーカー役はトム・ハンクスが務めている。

新しい学校のリーダーズはエルヴィスと同じように個性的なパフォーマンスで注目を集めていることから応援アンバサダーに決定。6月28日に日本で行われる本作のワールドツアーフィナーレイベントで“エルヴィスダンス”を披露予定となっている。このイベントにはオースティン・バトラーとバズ・ラーマン監督も出席する。

また映画のTikTok公式アカウント(@elvismoviejp)では、新しい学校のリーダーズがエルヴィスの名曲「監獄ロック」に合わせて、つま先で立つエルヴィスの有名なポーズにインスパイアされたダンスを踊る動画が公開されている。

新しい学校のリーダーズ コメント

映画「エルヴィス」について

SUZUKA

同じ音楽アーティストとして、自分でも反省しちゃうくらい、こんなに歴史のあるすごい方がいるとは知らなかったので、知れたことがまず嬉しかったです。映画を通してエルヴィスを知って、悔しい気持ちとかもっと自分もやってやろうという気持ちとか色んな感情が渦巻いて、観終わった後は熱量爆上がりでした! エルヴィスという存在に“くらいました”!

MIZYU

エルヴィスの曲はいくつか知っていましたが、どんな人物かは知らなかったので、この映画を通して、1から1億くらい知れた感じでした! エルヴィスの生き様が音楽のパフォーマンスに繋がっている気がして、すごいかっこよくて、めちゃくちゃリスペクトしました。エルヴィスを知らない人こそみて、どっぷり浸かってほしいです!

RIN

今この映画が公開されることにすごい意味があるように思いますし、今観ることができて本当によかったと思います。同じアーティストとして感情移入して観てしまいました。エルヴィスの自分が信じる道をいくという強い想いに圧倒されたので、私もその気持ちを忘れずに日々生きていきたいです!

KANON

劇中で女性たちがエルヴィスに発狂している姿が描かれますが、映画を観ていると自分たちも同じ感情になってしまうと思います! ですが、映画館ではみなさん発狂しながら観ちゃだめです(笑)ういう気持ちで是非楽しんでほしいと思います!

エルヴィス・プレスリーにちなんで作りたい伝説は

今年私たちはLAで開催されるフェスに出演します。前回は2万人の前でライブをしましたが、あのときに、私たち“新しい学校のリーダーズの伝説”が始まったと感じました。今年の夏にもう一度行き、たくさんの素晴らしいチャンスをものにしていこうと思っています。日本のカルチャーのひとつとして“新しい学校のリーダーズ”を、日本を越えて、エルヴィスのように世界に伝説を刻みたいです!

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL