久保あおい新曲は日本テレビ系ドラマ挿入歌、初のタイアップに「一気に驚きと緊張が」

久保あおい新曲は日本テレビ系ドラマ挿入歌、初のタイアップに「一気に驚きと緊張が」

久保あおい「片っぽの心」ジャケット

久保あおいの新曲「片っぽの心」が、日本テレビ系ドラマ「ばかやろうのキス」の挿入歌に決定した。

「ばかやろうのキス」は、元同級生の恋愛リアリティショー出演をきっかけに揺れ動く田舎町の高校生たちを描いたドラマ。板垣瑞生、出口夏希、窪塚愛流、ゆうたろう、本田望結、新井舞良、那須ほほみ、八木勇征(FANTASTICS from EXILE TRIBE)らが出演する。

久保が歌う挿入歌「片っぽの心」は4月にリリースされた楽曲「邂逅」に続き上野大樹が作詞作曲を担当。この曲はドラマの劇中に登場する恋愛リアリティーショー「やり直したいファーストキス」のテーマソングにも決定している。自身初のタイアップとなる今回の楽曲について、久保は「初めてのドラマタイアップと聞いた時は、正直全然実感が湧かなかったです。でも一番最初の仮歌を歌った時にジワジワと実感が湧いてきて一気に驚きと緊張がきました」とコメントしている。

久保あおい コメント

初めてのドラマタイアップと聞いた時は、正直全然実感が湧かなかったです。でも一番最初の仮歌を歌った時にジワジワと実感が湧いてきて一気に驚きと緊張がきました。

上野さんとは、4月にリリースした「邂逅」で初めて楽曲提供して頂いて、セッションもさせてもらいました。まさかこんなにも早く二回目があるとは思ってもいなくて、嬉しい気持ちと驚きが混ざりました。

この曲を歌っていくうちに、上野さんからのアドバイスと自分の考えを合わせた歌い方が少しずつ決まっていきました。Aメロは語りかけるように歌ったり、感情が溢れ出すような表現のパターンを増やして工夫しました。やり直したい過去や思い出は、これまでもこれからも沢山あると思うし出てくると思います。なんでも話せる人がいればその人を大切にして、自分も傍にいてあげられる存在になったり、自分自身を大切にする事も大事だと思います。人それぞれの価値観があると思うので、この曲を聞いていろいろな解釈をしてもらえたら良いなと思います!

上野大樹 コメント

久保あおいさん「片っぽの心」の作詞作曲をさせて頂きました上野です。
光栄なことにあおいさんへの楽曲提供は今回二作目となります。
彼女の等身大を書いた一作目「邂逅」とは違い、新しい扉が開けた楽曲ではないかなと思います。ドラマに関わる楽曲ということもあり、より多くの方々の“その青さ”に刺されば良いなと。
そしてあおいさん自身から発せられる“その青さ”も沢山の人に届けば良いなと思っています。一度しかない誰かの通過点に、あおいさんの分岐点に、この楽曲が色を添えられたら嬉しいです。

鈴木努プロデューサー コメント

久保あおいさんの散文を拝見し、悩み、苦悩、葛藤と少しの光が書かれており、ここに若者のリアルが詰まってると感じヒリヒリしたことを鮮明に覚えております。
上野さんと共演して歌っている声を聞いて切なく揺れているけれど芯の強さも感じました。
今回のドラマは、青臭く揺れる青春を描く作品でこの素敵な楽曲に出会えた奇跡に感謝いたします。

日本テレビ系「ばかやろうのキス」

初回放送:2022年8月6日(土)14:30~15:00

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL