松室政哉「六本木クラス」の挿入歌「ゆけ。」配信リリース、ドラマとのコラボMV公開

松室政哉「六本木クラス」の挿入歌「ゆけ。」配信リリース、ドラマとのコラボMV公開

松室政哉

松室政哉の新曲「ゆけ。」が、本日7月7日にスタートしたテレビ朝日系ドラマ「六本木クラス」の挿入歌として使用されていることが明らかになった。

「六本木クラス」は韓国ドラマ「梨泰院クラス」の原作マンガを日本の設定に置き換えて翻案した日韓共同プロジェクト作品。「ゆけ。」は第1話の、竹内涼真演じる主人公・新が最愛の父を突然失った悲しみに打ちひしがれるシーンで使用された。この曲は第1話放送終了と同時に、各サブスクリプションサービスで配信がスタート。テレビ朝日YouTube公式チャンネルではドラマ映像を使用したコラボミュージックビデオが公開された。

松室政哉 コメント

今回のお話をいただいた時は光栄に思うとともに、非常に重要な曲ということでプレッシャーも感じました。父・信二から新へと静かに託された思い。「信念を貫く」のは決して簡単なことではないけれど、それを体現しようとする新を優しく見守っているような信二の目線で楽曲制作をさせていただきました。新と同じように、強く生きようとする全ての人々にこの曲が届くことを願っています。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL