なにわ男子・大橋和也が風邪薬のCMに、元気の秘訣は「週2の馬肉」「南部鉄器で沸かした白湯」

なにわ男子・大橋和也が風邪薬のCMに、元気の秘訣は「週2の馬肉」「南部鉄器で沸かした白湯」

「ジキニンFirst NEO」新CM「速攻チャレンジ」編より。

なにわ男子の大橋和也が出演する総合風邪薬「ジキニンFirst NEO」の新テレビCMが本日9月23日よりオンエアされる。

CMで大橋は「大橋!一気に言います!」と力強く宣言したのち、「ジキニンFirst」シリーズの特徴や効能を15秒で言い切る「速攻チャレンジ」に挑戦。チャレンジを成功させ「よっしゃ言えたー」と安堵した表情を浮かべるも、肝心の会社名を言い忘れたことに気づき、最後に大慌てで「あっ、全薬工業です!」と付け加える。YouTubeではメイキング映像も公開され、動画にはNGを出してしまってもめげることなく何度も挑戦する大橋の奮闘ぶりや、彼の明るく元気で一生懸命な人柄が垣間見える撮影の様子が収められている。

撮影を終えた大橋は、「なんかもうセリフ言うても『トラネキサム酸』とか言ったことがないから、そういう言葉はすごい難しかったですね。中学・高校で理系やったんですけど、化学を習ってたときを思い出しました」とコメント。また風邪をひかないために気を配っているポイントについて聞かれると、筋膜ローラーで腸を活性化を促していることや南部鉄器で沸かした白湯を飲んでいること、そして週に1、2回馬肉を食べていることを明かした。

大橋和也 コメント

撮影の感想

本当に早口言葉のように怒涛な。なんかもうセリフ言うても「トラネキサム酸」とか言ったことがないから、そういう言葉はすごい難しかったですね。中学・高校で理系やったんですけど、化学を習ってたときを思い出しました。

普段“早めにやろう”と心掛けていること

僕、ちょっと変わってるんですけど、家を出る2時間前に起きちゃうんですよね。支度がすごい遅くて、朝起きたらヨガマット敷いて、ストレッチして、おなかに筋膜ローラーしてとか。あとは白湯飲んだり。その白湯も南部鉄器で沸かしたお湯を飲んで、そこからお風呂も1時間ぐらいかけて、髪の毛乾かしてとか全部して、家出るって感じですね。

風邪をひかないために普段気を付けていること

体調管理は、先ほど言わせてもらったんですけど。朝にストレッチする、白湯を飲む、そこから筋膜ローラーでおなかの腸を活性化して、1日健康でいられるようにするっていうのが僕のルーティンでもあり、健康に気をつけてることなのかなと思っております。

体調が思わしくないときにおすすめの料理

毎回ちょっと疲れたなと思ったときに食べるのは馬肉ですね。僕、すごい喉が枯れるので、喉にも馬肉はいいらしくて。あとは体を元気にするっていうのも馬肉らしいので。その馬肉を、1週間に1、2回は多分食べてると思います。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL