リーガルリリーが新しい“核心”作り上げたツーマンツアー終幕、対バンゲストくるり「虹」カバー披露も

リーガルリリーが新しい“核心”作り上げたツーマンツアー終幕、対バンゲストくるり「虹」カバー披露も

リーガルリリー「cell,core 2022」東京・Zepp Haneda(TOKYO)公演の様子。(撮影:池野詩織)

リーガルリリーが11月17日に東京・Zepp Haneda(TOKYO)で東名阪ツーマンツアー「cell,core 2022」ファイナル公演を開催した。

「cell,core」はリーガルリリーが昨年初めて行ったライブイベントで、タイトルには「それぞれのcore(=核)を持ったお客さんやアーティストがcell(=細胞)であり、ライブ空間に集まることで互いに共鳴し合い、新しいcore(=核心)を作り上げる」という意味が込められている。今回はツアーとして開催され、愛知公演には羊文学、大阪公演にはMy Hair is Bad、東京公演にはくるりが出演した。

くるりは「街」でライブを開始。熱のこもった歌声とエモーショナルなサウンドを放ち、オーディエンスから大きな拍手を浴びる。「東京」で美しいメロディを紡いだあと、岸田繁(Vo, G)は「リーガルリリーさんに呼ばれて参りました。とても光栄です。くるりはリーガルというよりは、イリーガルなバンドですが、バンド名に同じラ行も入ってますし、温かく見守ってください」とユーモアたっぷりに自己紹介した。さらにくるりは多くのリスナーから愛されてきた代表曲を惜しみなく連投。「ばらの花」では幻想的な空間へとオーディエンスを誘い、「ハイウェイ」ではアコースティックギターを交えた温かなアンサンブルを響かせた。

その後くるりは9月にリリースした新曲「八月は僕の名前」をゆったりと披露。そして「琥珀色の街、上海蟹の朝」で心地のいいグルーヴを生み出したあと、「ロックンロール」を爽快にプレイした。ここで岸田は「おっと、こんなところにリッケンバッカーが!」とリーガルリリーの代表曲を連想させるリッケンバッカーを持つ。岸田が「私はあの名曲はやらないよ。シャイなおじさまたちだから。僕らなりのリッケンバッカー的なやつをやります」と宣言すると、彼らは「everybody feels the same」を勢いよく演奏した。最後にくるりが届けたのは「潮風のアリア」。壮大なメロディをじっくりと奏で、彼らはステージを去って行った。

リーガルリリーは「GOLD TRAIN」でライブをスタート。緩急を付けた演奏でオーディエンスを夜の匂いが漂う楽曲の世界観に引き込んでいく。2曲目にセレクトされたのは「東京」。くるりにも同タイトルの楽曲があるが、リーガルリリーは彼女たちの視点で東京の街の情景を描き出した。「ぶらんこ」では3人が感傷的なアンサンブルで物語を紡ぎ、「9mmの花」では三位一体の疾走感あふれる演奏を展開。そして「ノーワー」を歌い終えたあと、たかはしほのか(Vo, G)は「今日は『cell,core』にお越しくださりありがとうございます。今年2度目の開催でこんなにたくさん集まってくれてうれしいです。対バンゲストはくるりということで、とてもカッコよかったです」と挨拶した。

その後もリーガルリリーは「1997」「天国」と楽曲を続け、衝動に身を任せるような剥き出しの音で場内を満たしていった。ライブ中盤には8月にリリースしたEP「恋と戦争」より「明日戦争がおきるなら」を披露。これまでもずっと歌い続けてきた“戦争”というテーマをより直接的に掲げたこの曲を届けたあと、3人は同EPより「地球でつかまえて」を躍動感たっぷりに演奏した。さらにリーガルリリーは「the tokyo tower」「リッケンバッカー」で生命力に満ちたエネルギーを爆発させていく。そして3人はライブ終盤を駆け抜けるように「はしるこども」を生き生きとプレイしてステージをあとにした。

アンコールを求める拍手に呼ばれて、メンバーは再びステージに登場。ゆきやま(Dr)は改めて「cell,core」について「私たちが本当に尊敬するアーティストだけ集めてやろうというライブです」と説明し、海(B)は「くるりと対バンということで、やる前までは緊張してどうしよう、吐きそうって思ってたけど、私たちの前に演奏してくださったのを聴いて、やる気に満ちあふれました。音楽の力は本当にあるんだなって」と興奮気味に語る。昨年11月にリリースしたシングル「アルケミラ」でくるりの「ばらの花」をカバーしたということもあり、たかはしは「本物の『ばらの花』、カッコよかったね」と目を輝かせた。くるりの話でひとしきり盛り上がったあと、彼女たちはくるりの「虹」をカバー。くるりへのリスペクトをサウンドに注ぎ込むように、スケール感のある音像を紡ぎ上げた。最後にリーガルリリーが披露したのは「Candy」。3人は楽しげに軽やかな演奏を繰り広げ、「cell,core」ツアーを締めくくった。

リーガルリリーは2023年7月2日に東京・日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)でワンマンライブ「リーガルリリー YAON 2023」を開催することを発表した。バンドのオフィシャルサイトでは、12月4日までチケットの先行予約を受け付けている。

リーガルリリー「cell,core 2022」2022年11月17日 Zepp Haneda(TOKYO) セットリスト

くるり

01. 街
02. 東京
03. ばらの花
04. ハイウェイ
05. 八月は僕の名前
06. 琥珀色の街、上海蟹の朝
07. ロックンロール
08. everybody feels the same
09. 潮風のアリア

リーガルリリー

01. GOLD TRAIN
02. 東京
03. ぶらんこ
04. 9mmの花
05. ノーワー
06. 1997
07. 天国
08. 明日戦争がおきるなら
09. 地球でつかまえて
10. the tokyo tower
11. リッケンバッカー
12. はしるこども
<アンコール>
13. 虹(くるりカバー)
14. Candy

リーガルリリー YAON 2023

2023年7月2日(日)東京都 日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL