Sexy ZoneがグループとしてのGQアワード受賞に喜び、中島健人「来年もたくさんのゴールを決めたい」

Sexy ZoneがグループとしてのGQアワード受賞に喜び、中島健人「来年もたくさんのゴールを決めたい」

Sexy Zoneが本日11月30日に東京・東京アメリカンクラブで行われた「GQ MEN OF THE YEAR 2022」授賞式のフォトコールに登場した。

雑誌「GQ JAPAN」による「GQ MEN OF THE YEAR」は、ジャンルを問わずその年に圧倒的な活躍を見せた人に授与されるアワード。Sexy Zoneはアルバム「ザ・ハイライト」のオリコン週間ランキング1位獲得や、自身の夢だった東京ドーム公演を含むツアーの開催、各メンバーの幅広いジャンルでの活躍などが評価され「メン・オブ・ザ・イヤー・ポップ・アイコン賞」を受賞した。

受賞に際しての思いを聞かれると、佐藤勝利は「今年は個人活動が多かった年なのですが、個々ががんばった根底には『グループのために』という思いがあったので、それが身を結んでグループとして受賞できたことが本当にうれしいです」と笑顔で返した。また、松島聡は「今回この賞をいただいたことが終わりではなく、これをきっかけに次のステップに進めたらいいねっていう話をしました」と、メンバー間で喜びを共有したことを明かす。

司会者に「今ご自身が称えたい人はいますか?」という質問を振られた中島健人は「サッカー日本代表の皆さんですね」と答え「強豪国ドイツに勝ったことで日本全体に元気をもたらしたと思いますし、堂安律選手と浅野拓磨選手のシュートが本当にカッコよくて! ノイアー(ドイツのGK)の壁に急角度で決めたゴールが忘れられないです。次のスペイン戦も、エールを送る準備をしています!」と熱弁。すると、その様子を見た菊池風磨は「これ、なんの会でしたっけ?」と即座にツッコみ、報道陣の笑いを誘う。

「今の日本代表のように僕らも勢いに乗れたらと思いますし、来年もたくさんのゴールを決めたいです!」と、最後までサッカーに絡めて自身のコメントをまとめた中島に続き、菊池も「また来年もスタートダッシュを切って、僕らSexy Zoneが輝けるような1年にしたいと思います!」と意気込みを見せ、4人は笑顔でフォトコール会場をあとにした。

「GQ MEN OF THE YEAR 2022」各賞は、Sexy ZoneのほかにAwich、大泉洋、川上未映子、川原渓青、チョコレートプラネット、那須川天心、町田啓太に贈られた。本日19:30からは「GQ MEN OF THE YEAR 2022」授賞式が開催され、その模様は「GQ JAPAN」のYouTube公式チャンネルおよびTwitterとTikTokの公式アカウントで生中継される。

「GQ MEN OF THE YEAR 2022」受賞者と受賞理由

Awich

メン・オブ・ザ・イヤー・ベスト・ラッパー賞

<受賞理由>
ニューアルバム「Queendom」をリリースし、初の武道館公演も成功させ、ヒップホップ界のクイーンとして第一線で活躍。また今年5月15日、沖縄の本土復帰50周年の記念日にあわせて、「TSUBASA feat. Yomi Jah」をリリースし、音楽を通して沖縄の基地問題についても発信を行った。

大泉洋

メン・オブ・ザ・イヤー・ベスト・アクター賞

<受賞理由>
ドラマや映画、CM、バラエティと活躍の場を広げ、今年はNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で冷血非道な源頼朝を演じ、国民的俳優という名にふさわしい活躍を見せた。3年連続紅白歌合戦の司会に抜擢、12月2日に公開される話題の映画「月の満ち欠け」では主役を演じるなど、破竹の勢いで活躍を魅せ続けている。

川上未映子

メン・オブ・ザ・イヤー・ベスト・オーサー賞

<受賞理由>
短編集「春のこわいもの」の刊行に始まり、「ピーターラビット」シリーズ(全23巻)の新訳、そして、小説「ヘヴン」の英訳版がブッカー国際賞の最終候補(Shortlist6作)に選出。また、2021年の7月24日から「読売新聞」の朝刊でスタートした連載「黄色い家」が今年10月20日に439回で完結した。世代や国を超えて、世界中にファンを広げながらも、そこに甘んじない姿勢に賞を贈る。

川原渓青

メン・オブ・ザ・イヤー・インスピレーショナル・インフルエンサー賞

<受賞理由>
右足の義足をファッショナブルな個性のひとつとして捉え、ダンス動画やチャレンジ動画をSNSにアップしてバズっているほか、インフルエンサーとして多くのファッションブランドのイベントからもラブコールを受ける。義足のもつイメージを変え、同じ葛藤を抱える人々に勇気を与えている。

Sexy Zone

メン・オブ・ザ・イヤー・ポップ・アイコン賞

<受賞理由>
オリジナルアルバム「ザ・ハイライト」がオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得、12月にはデビュー当時からの夢だった、東京ドームでのコンサートを含む「セクシーゾーン ドームツアー2022 ザ・ハイライト」を開催。各メンバーが音楽、演技、バラエティなど、幅広いジャンルで活躍し、今年11周年目を迎え、ますます勢いを増している。

チョコレートプラネット

メン・オブ・ザ・イヤー・ベスト・コメディ・デュオ賞

<受賞理由>
長田庄平と松尾駿が演じる変幻自在のキャラクターと濃密な世界観でエンタメ界を席巻。テレビや単独ライブ、そしてYouTubeとプラットフォームを縦横無尽に行き来し、笑いのスペクタルを繰り広げた。

那須川天心

メン・オブ・ザ・イヤー・ベスト・スポーツマン賞

<受賞理由>
6月にRISE世界フェザー級王者として、ライバル関係にある国内キック団体の王者・武尊選手と対戦。5万6000人を超える観客が見守るなかで行われた「世紀の一戦」に快勝し、無敗のままキックボクシングラストマッチを有終の美で飾った。「キックボクシング史上最高の天才」と称されるほどのキャリアに自らピリオドを打ち、ボクシングへの転向を表明し、さらなる高みを目指す。

町田啓太

メン・オブ・ザ・イヤー・ブレイクスルー・アクター賞

<受賞理由>
テレビドラマ「ダメな男じゃダメですか?」、「テッパチ!」で主演し、映画「太陽とボレロ」といった話題作への出演が続いた。 デビュー以来、ドラマ、映画、舞台と表現の幅を広げてゆく町田啓太に、ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー賞を贈る。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL