宮迫博之、2023年の展望語る「お客さんの前で歌う機会も増やしていきたい」

宮迫博之、2023年の展望語る「お客さんの前で歌う機会も増やしていきたい」

宮迫博之

宮迫博之が本日1月25日にカバーアルバム「セカンドプロポーズ」をリリース。これに合わせて宮迫がコメントを発表した。

2020年1月に自身のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」を開設し、同年6月にレペゼン地球のDJ社長が提供した楽曲「雨上がり」をリリースして音楽活動をスタートさせた宮迫。本日リリースされたカバーアルバムには、RCサクセション「雨あがりの夜空に」など宮迫本人が選曲した10曲と彼のオリジナルナンバー「セカンドプロポーズ」が収録されている。

2023年の展望について彼は「今年は『セカンドプロポーズ』リリース、ということで、お客さんの前で歌う機会も増やしていきたいですね。リリースイベントもそうなんですけど、どこかのライブハウスを貸し切って、歌とトークを楽しんでもらえるような機会だったり、ディナーショーみたいなこともやっていきたいな、とはチームで話してます」とコメントしている。

宮迫博之 コメント

YouTubeを始めて約3年経つわけですけども、今年は今までできなかったような新しい試みに挑戦していきたいと思ってます。それこそ、ちょうど明日(1月26日19:00)公開予定の動画(YouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』にて)は、ずっとやりたかったプロジェクトについて、とある人とタッグを組んで進めていこう!という内容になってます。彼とはYouTube始める以前からも仲良くさせてもらってますし、何度かチャンネルでもコラボしているんですけど、その道のプロとして実績もあるので信頼しかないですね。一丸となって進めていって、今年の目玉プロジェクトの一つになれればと思ってます。

あと、チャンネル観てくださっている方はわかっていると思うんですけど、去年10月と今年の年始に、YouTubeチャンネル『令和の虎』に出演させていただきまして。そこで『キッチンカーで牛宮城の味を全国に届けたい』『誰にでも伝わるワイドショーを作りたい』っていうのをプレゼンさせていただいたんですね。そこでいろいろツッコまれたり、至らない点は多々あったとは思うんですけど、光栄なことに虎の皆さんからご賛同いただいたので、今まさにそのプロジェクトも進行中です。キッチンカーが完成した暁には全国あちこち走り回って、地域の方々と触れ合いながら牛宮城の味を楽しんでもらえるって面白いと思うんですよね。ワイドショーの方も、今テレビでやってるようなものとは少し違う角度で考えてまして、YouTubeならではの良さとか、YouTubeだからこそ出来ることを盛り込んだ内容にしていきたいですね。

今年は『セカンドプロポーズ』リリース、ということで、お客さんの前で歌う機会も増やしていきたいですね。去年12月にタワーレコード渋谷さんで『セカンドプロポーズ』の予約特典会とミニライブをやったんですけど、やっぱり人前で歌って、お客さんの反応をダイレクトに受け取れるっていうのがすごく楽しくて。リリースイベントもそうなんですけど、どこかのライブハウスを貸し切って、歌とトークを楽しんでもらえるような機会だったり、ディナーショーみたいなこともやっていきたいな、とはチームで話してます。

2月4日から上演される舞台『トムラウシ』の出演も決まってます。今、稽古の真っ最中なんですけど、YouTubeの撮影もあるので結構バタバタしてます。それ以外にもまだ構想段階のものがいくつかあったりして、それらを踏まえると今年は今までとは違った忙しさになりそうですね。どれも新しい挑戦ばかりになるので。全てが順風満帆に、とまではいかないかもしれないですけど、一つ一つ、形にしていって、一人でも多くの笑顔につながるような一年にしていきたいですね。楽しみにしててください。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL