JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

Homecomings、究極の片思い描いた映画「愛がなんだ」主題歌担当

5年以上前2019年02月05日 4:02

Homecomingsが4月19日公開の映画「愛がなんだ」の主題歌を担当する。

「愛がなんだ」は平凡なOL・テルコの“究極の片思い”を描いた角田光代の小説を、今泉力哉監督が実写化したもの。主演を岸井ゆきのが務めるほか、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、江口のりこらが出演者として名を連ねている。Homecomingsは主題歌「Cakes」を提供。同曲についてメンバーは「私の歌でも僕の歌でもないし、君の歌でもないけれど、マモちゃんにとってもテルコにとっても、ナカハラくんにも葉子にも、それがまるで自分のことのように思える歌にしたかったのです」とコメントしている。YouTubeでは「Cakes」を使用した映画の予告編が公開中。

また「Cakes」がシングルとして4月17日にリリースされることも決定した。シングルには「Cakes」を含めた4曲入りのCDに、昨年12月に東京・渋谷CLUB QUATTROにて行われたライブツアー「『LETTER FROM WHALE LIVING』TOUR」の最終公演の映像を収めたDVDが付属する。

本作の発売を記念して、Homecomingsは4月20日に東京・東京キネマ倶楽部、26日に大阪・umeda TRADにて自主企画イベント「SLOW SUMMITS」を開催する。当日は通常のバンドセットに加えて、ストリングス隊を迎えたHomecomings Chamber Setでの演奏も披露される。バンドのオフィシャルサイトでは2月12日23:59までチケットの先行予約を受付中。

Homecomings コメント

こんな風にまどろっこしくて愛おしくて、なんだかかっこ悪いけど人ごとじゃないような恋を二時間ちょっとの映画の中に収められるのは今泉監督だけなんじゃないかな、と思いました。
私の歌でも僕の歌でもないし、君の歌でもないけれど、マモちゃんにとってもテルコにとっても、ナカハラくんにも葉子にも、それがまるで自分のことのように思える歌にしたかったのです。

Homecomings「SLOW SUMMITS」

2019年4月20日(土)東京都 東京キネマ倶楽部
2019年4月26日(金)大阪府 umeda TRAD

関連記事

Desktop Error「indeliblestain Japan tour」告知ビジュアル

Desktop Error来日ツアーにtricot、マスドレ、kurayamisaka、ホムカミ、Luby Sparks出演

5日
スピッツ

スピッツ恒例3イベント一挙開催決定!ホムカミ、サバシスター、羊文学、家主、離婚伝説ら出演

11日
Homecomings「Moon Shaped」ミュージックビデオより。

Homecomings、月をイメージしたオブジェの下で演奏

18日
「NAGOYA CLUB QUATTRO 35th Anniversary "rendezvous"」ビジュアル

名古屋クアトロ35周年企画にピロウズ×ベボベ、サニーデイ×柴田聡子など6公演追加

19日
「1122 いいふうふ」ビジュアル

スピッツ「i-O(修理のうた)」が高畑充希×岡田将生W主演ドラマ「1122 いいふうふ」主題歌に

20日
Homecomings「Moon Shaped」配信ジャケット

Homecomings、映画「三日月とネコ」主題歌を配信リリース

23日
「YATSUI FESTIVAL! 2024」キービジュアル(イラストレーション:我喜屋位瑳務 / トータルアートディレクション:太田雄介)

「やついフェス」最終出演者&タイムテーブル発表

25日
Homecomings

Homecomingsがゲストを迎えて東名阪ツアー

約2か月
「森、道、市場2024」ビジュアル

「森、道、市場」にTK from 凛として時雨、フォーリミ、吉澤嘉代子、ODD Foot Works、中村佳穂ら

2か月
「Technics presents Record Flea Market vol.2」告知ビジュアル

Technics café KYOTOでアナログレコードのフリマ開催!ホムカミ福富優樹ら出演のトークショーも

2か月