JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

BILLIE IDLE、ラストライブ駆け抜け笑顔で解散「幸せでした!」

4年以上前2019年12月28日 12:06

BILLIE IDLEが本日12月28日に全国ツアー「BILLIE IDLE TOUR LAST ORGY」のツアーファイナルとなる東京・マイナビBLITZ赤坂公演を開催。このワンマンライブをもって解散した。

BILLIE IDLEはNIGOと渡辺淳之介の共同プロデュースにより2015年1月に始動。2018年3月からNIGOによる単独プロデュースとなり、2018年5月にプー・ルイ(ex. BiS)が電撃加入して以降、5人体制で活動してきたが、本日をもって約5年にわたる活動に終止符を打つこととなった。マイナビBLITZ赤坂にはファンがフロアいっぱいに集まり、会場に入れない人のためにAbemaTVでライブの模様が生中継された。

場内が暗転すると同時にラストシングル「LAST ORGY」のイントロが流れ始め、モモセモモとアキラの姉妹、ヒラノノゾミ、プー・ルイ、ファーストサマーウイカが定位置に着き、ライブの口火を切る。ヒラノを除く4人が順にリードボーカルを取り、ヒラノはコーラスに徹して厚みのあるアンサンブルを響かせた。聖飢魔II「FIRE AFTER FIRE」のカバーではウイカが「東京!」と叫び、観客を煽動。「pet」「ジャッキーの大冒険」で息の合ったボーカルリレーを聴かせた5人は、ミラーボールの光が場内を照らす中でファンからの盛大なコールを浴びながら「シンデレラアンセム」を届けてフロアを沸かせた。

ライブ中盤、BILLIE IDLEは「時の旅人」でシンガロングを誘った。9曲を歌い終えたところでメンバーが自己紹介。ウイカは「今日はここにいるみんなと、メンバー、スタッフでこの時間を過ごすことができて最高に幸せです!」、ヒラノは「今日は楽しい1日にしましょう!」、モモセは「悔いの残らないくらいに弾けちゃってください!」、アキラは「今日は最後まで愛し合っていきましょう!」、プー・ルイは「今日はびしょびしょのぐしょぐしょになって帰ろうね!」とそれぞれ元気よく話した。BILLIE IDLEは軽快なロックチューン「僕らまだちっぽけな頃の話」に乗せて前向きなメッセージを届け、「そして、また、、」では5人の美しいコーラスワークで感動を誘う。さらに牧歌的な趣きのあるポップチューン「エブリデイズ」でフロアの一体感を高めた。

続けて5人は「P.S.R.I.P.」をエネルギッシュにパフォーマンスし、歌謡ディスコ調の「さよならロマンティック」を披露。キラーチューン「MY WAY」が始まると同時にフロアから大きな歓声が沸き起こり、爆発的な盛り上がりを見せる。BILLIE IDLEは勢いを保ったままOiパンクとJ-POPが融合したナンバー「泣きそうサンデー」を届け、アキラが「皆さんBILLIE IDLEは好きですか! ずっとずっと愛し合っていこう!」とファンに呼びかけた。「どうせ消えてしまう命なら…」では不安に見舞われながらも前を向いて進んでいくというメッセージが込められたヒラノ作詞の歌詞が観客の胸を打った。BILLIE IDLEは「彼方に…。」でヒラノが「まだまだいけるだろ! 赤ブリ!」と声を上げ、観客を煽る。歌謡曲テイストの「be-bop tu-tu」のあと、5人はラストに人気曲「anarchy in the music scene」を投下。普段のライブと変わらない、ときにユーモラス、ときにクールなパフォーマンスを見せつけて、ライブ本編を終えた。

アンコールでまずBILLIE IDLEが披露したのは、爆風スランプ「大きな玉ねぎの下で」のカバー。日本武道館の周辺を想起させるフレーズが並ぶ楽曲を熱唱した。続く「be my boy」でしんみりしたムードを吹き飛ばした。ダブルアンコールではメンバーを代表してウイカが挨拶。「2019年12月28日、BILLIE IDLEとして今日ここでみんなと過ごすことができて幸せでした。今まで本当にありがとうございました」と話し、「最後に、最後に、本当の本当の最後に、ここにいるみんなに全国のみんなと、そして……ヒラノノゾミ、モモセモモ、アキラ、プー・ルイ、そしてファーストサマーウイカ。BILLIE IDLEと一緒に歌ってください!」と涙で声を震わせながらも気丈に振る舞い、全員で2回目の「MY WAY」をパフォーマンス。場内の興奮をピークに高めたところで、ライブを終えた。BILLIE IDLEは横一列に並んで手をつなぎ、「ありがとうございました!」と感謝の言葉を述べて笑顔でステージをあとにした。

「BILLIE IDLE TOUR LAST ORGY」2019年12月28日 東京都 マイナビBLITZ赤坂 セットリスト

01. LAST ORGY
02. FIRE AFTER FIRE
03. pet
04. ジャッキーの大冒険
05. シンデレラアンセム
06. 単調なエレジー
07. メモリーズ
08. by
09. 時の旅人
10. 僕らまだちっぽけな頃の話
11. そして、また、、
12. エブリデイズ
13. P.S.R.I.P.
14. さよならロマンティック
15. MY WAY
16. 泣きそうサンデー
17. どうせ消えてしまう命なら…
18. 彼方に…。
19. be-bop tu-tu
20. anarchy in the music scene
<アンコール>
21. 大きな玉ねぎの下で
22. be my boy
<アンコール2>
23. MY WAY

関連記事

西川貴教 (c)フジテレビ

総合力でモテる西川貴教、隙あらばトークを回す

13日
左から冨田明宏、林鼓子、山内真治。(c)テレビ朝日

今夜の「EIGHT-JAM」はアニソン特集、林鼓子が「バンドリ」新シリーズを語る

30日
忌野清志郎

次回「EIGHT-JAM」は忌野清志郎特集 寺岡呼人、ワタナベイビー、渡辺大知が名曲紹介

約1か月
ポルノグラフィティ。右が岡野昭仁(Vo)。

アーティスト歴20年超え、岡野昭仁と森山直太朗が「EIGHT-JAM」で語る声の変化

2か月
京本大我(SixTONES)(c)フジテレビ

SixTONES京本大我の“されたい”願望とは?「トークィーンズ」でヤバい恋愛観が暴かれる

3か月
怒髪天とファーストサマーウイカ。(c)テレビ東京

モーニング娘。、アンジュルム、ヤングスキニー…「超音波#」出演者決定 怒髪天はウイカとコラボ

3か月
「PIGGS 4周年記念ライブ」フライヤー

PIGGSが春に結成4周年ワンマン開催、そして対バンツアーへ

4か月
深澤辰哉(Snow Man)(c)フジテレビ

学生時代にとにかくモテていたSnow Man深澤辰哉、トークィーンズに疑われる「勘違いなのでは?」

4か月
「超音波」キービジュアル (c)テレビ東京

imase、Novel Core、NCT WISH出演 増子直純×ウイカ特番「超音波#」放送

4か月
東方神起 (c)日本テレビ

日テレ音楽特番「世界を変えた20人のアーティスト」に東方神起、Coccoら登場 GLAYやBTSの映像も

4か月