JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

柴田聡子がひとりぼっちで配信した“ツアー風”映像を期間限定公開、コンセプトカラーはピンク

4年近く前2020年09月18日 11:05

柴田聡子のライブ配信企画「弾き語りツアー風 “柴田聡子のインターネットひとりぼっち’20”」が期間限定で有料配信されることが決まった。

「弾き語りツアー風 “柴田聡子のインターネットひとりぼっち’20”」は、新型コロナウイルス感染拡大により全国ツアー「弾き語りツアー “柴田聡子のひとりぼっち’20”」が延期となる中、予定されていた日程に合わせて柴田が自宅から1人で行ったもの。スタッフもいない環境での配信だったため、微笑ましいトラブルもあったが、Dub Master Xによる音作りの遠隔サポートや各地でライブを主催する予定だった人々からの協力もあり、配信ならではの魅力が詰まった映像が届けられた。

“ツアー風”というコンセプトに従い、アーカイブは配信されていなかったが、延期となっていたツアーの開催が迫る中、期間限定の有料配信が決定。特設サイトも開設されており、藤木倫史郎がデザインした“ピンク”をコンセプトカラーとするビジュアル、柴田が書き下ろしたボリュームあるテキストが公開されている。

また延期となっていた全国ツアー「弾き語りツアー “柴田聡子のひとりぼっち’20”」のチケットが明日9月19日10:00に一般発売される。

柴田聡子「弾き語りツアー風 “柴田聡子のインターネットひとりぼっち’20”」

富山風 / 金沢風 / 名古屋風

配信期間:2020年9月19日(土)10:00~9月26日(土)23:00

京都風 / 松江風 / 広島風

配信期間:2020年9月26日(土)10:00~10月3日(土)23:00

札幌風 DAY1 / 札幌風 DAY2

配信期間:2020年10月3日(土)10:00~10月10日(土)23:00

大阪風 / 岡山風 / 福岡風

配信期間:2020年10月10日(土)10:00~10月17日(土)23:00

仙台風 / 東京風

配信期間:10月17日(土)10:00~10月24日(土)23:00

柴田聡子 弾き語りツアー「柴田聡子のひとりぼっち'20」(※振替公演)

2020年10月23日(金)京都府 紫明会館
2020年10月24日(土)広島県 LOG
2020年10月31日(土)宮城県 誰も知らない劇場
2020年11月5日(木)愛知県 Tokuzo
2020年11月7日(土)石川県 もっきりや
2020年11月8日(日)富山県 HOTORI
2020年11月14日(土)北海道 music hall cafe
2020年11月15日(日)北海道 music hall cafe
2020年11月20日(金)福岡県 ROOMS
2020年11月21日(土)岡山県 城下公会堂
2020年11月23日(月・祝)島根県 清光院下のギャラリー
2020年11月27日(金)大阪府 Music Club JANUS
2020年12月5日(土)東京都 大手町三井ホール

関連記事

映画美学校言語表現コースことばの学校第4期リーフレット

柴田聡子、「ことばの学校」に講師として参加

2日
「寺フェス'24 in 山形県朝日町若宮寺」告知ビジュアル

山形の寺院で開催「寺フェス」にサニーデイ・サービス、コザック前田、柴田聡子ら出演

6日
「SWEET LOVE SHOWER 2024」ロゴ

夏のラブシャ最終発表で柴田聡子、KOTORI、秋山黄色、yutori、ブランデー戦記、DJピエール中野ら追加

8日
「MOUNTAIN FESTIVAL」ビジュアル

Daichi Yamamotoと柴田聡子、スペシャ×ノース「MOUNTAIN FESTIVAL」に出演

10日
柴田聡子「Side Step」ライブ動画より。

柴田聡子が軽快にステップ!初ライブ特番より2曲の映像公開

20日
柴田聡子「Reebok / Reebok(tofubeats remix)」ジャケット

柴田聡子「Reebok」をtofubeatsがリミックス、7inchで発売決定

22日
柴田聡子

柴田聡子の初ライブ特番、チケット即完した過去最大規模ライブの映像をお届け

24日
「ヨカノスゴシカタ 6」ビジュアル

柴田聡子×Summer Eye、キネマ倶楽部の対バン企画に登場

30日
RYUTist「WOOT!」ミュージックビデオより。

RYUTist、柴田聡子の提供曲「WOOT!」MV公開 監督はリリスクプロデューサーのキムヤスヒロ

30日
ハンドマイクで熱唱する柴田聡子。(撮影:丹澤由棋 [@yukitanzawa])

柴田聡子のバイブスが爆発、自身を解き放ったアルバムの完成とともにライブもネクストレベルへ

約1か月