JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

蓮沼執太フィルとxiangyuの新曲「呼応」リリックビデオ公開、年末ライブも決定

1年以上前2022年08月12日 3:05

蓮沼執太フィルがxiangyuをフィーチャーした新曲「呼応」のリリックビデオがYouTubeで公開された。

本日8月12日に配信リリースされた「呼応」は、蓮沼フィルのポップなアンサンブルとxiangyuの軽やかさとタフさが入り混じるラップボーカルが特徴的な楽曲。蓮沼がコロナ禍の中で感じ取ったという植物と地球のつながりが表現されている。

また蓮沼フィルの約1年ぶりとなるワンマンライブが12月23日に東京・恵比寿ザ・ガーデンホールで開催されることが決定。チケットぴあでは8月21日23:59までチケットの先行予約を受け付けている。

蓮沼執太 コメント

この曲のテーマは植物です。コロナ禍で読書をする時間がさらに増えました。その中で出会ったうちのひとつがエマヌエーレ・コッチャさんの書いた「植物の生の哲学」です。本の中で「植物は人間や動物よりもはるかに地球と密接に接している近い存在」と言っています。家から出ることが出来なくなり移動できない寂しい気持ちがありましたが、そもそも植物は移動することなく地球と繋がって元気に生きている。地球と呼応しながら生きているんだ、と思うようになりました。

また、アートワークはオードリー・フォンドゥガヴさんと平山昌尚さんによるものです。直接会うことが出来ない時間の中で、お互いに郵便で作品を送り合い完成させたものです。それぞれが呼応するように作られたアートワークは、まさにこの曲のコンセプトと一緒だと感じ、今回のジャケットに使わせていただきました。

「呼応」は2020年のコロナ禍で生まれて、配信ライブやお客さん半分にしながらも頑張って開催したコンサートなど、様々な場所で育ってきた大切な楽曲です。ぜひ楽しんで聴いてください。

関連記事

「SYNCHRONICITY'24」第6弾出演アーティスト

「SYNCHRONICITY'24」に(sic)boy、呂布カルマ、chelmico、水曜日のカンパネラら16組追加

3日
蓮沼執太

蓮沼執太、網守将平、細井美裕が坂本龍一トリビュート展を語る

12日
蓮沼執太

蓮沼執太が法人「ウインドアンドウインドウズ」設立、春分の日にイサム・ノグチの石庭で特別ライブ

18日
蓮沼執太「one window」ミュージックビデオより。

蓮沼執太“新たな窓”を映した「one window」MV

約1か月
蓮沼執太「one window」配信ジャケット

蓮沼執太×J-WAVEの“窓企画”、人が写っていない窓写真から書き下ろされた新曲完成

約2か月
蓮沼執太

蓮沼執太が音楽監督、みんなで「第九」を演奏する参画型プロジェクト始動

約2か月
xiangyu

xiangyuの落とし物シリーズをまとめたEP本日配信、ネギ回収員を描くMVも公開

3か月
「ユリイカ」2023年12月臨時増刊号表紙

坂本龍一総特集「ユリイカ」本日発売 大貫妙子、大友良英、加藤登紀子、蓮沼執太ら参加

3か月
xiangyu「道端にネギ」配信ジャケット

xiangyuの落とし物シリーズ最新作「道端にネギ」、落とし物界で“落ち方”がもっとも謎

4か月
蓮沼執太

蓮沼執太の新作ソロアルバム「unpeople」本日リリース、今夜MV公開

4か月