JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

菊池風磨&田中樹の“ふまじゅり”、最高で最強のバディとして雑誌「MORE」に登場

2年近く前2022年08月18日 3:04

Sexy Zoneの菊池風磨とSixTONESの田中樹が、8月26日に発売される雑誌「MORE」10月スペシャルエディション版の表紙と8ページにわたる特集に登場する。

撮影は舞台「DREAM BOYS」で2年連続タッグを組む2人にちなんで、「最高で最強の、バディTALK」をテーマに、革ジャンやフーディーなどリンクしたコーディネートで行われた。菊池は「おはようございまーす!」とさわやかな笑顔を浮かべて撮影スタジオに現れ、その数秒後「(大声で)おはよう! ございます!!」と少しふざけた調子で挨拶しながら田中が登場。バディ感を表現してほしいという編集部のリクエストに応え、さっと自然に肩を組んだり、一緒にフードをかぶったりと、“ふまじゅり”の仲のよさが伝わるポージングをたっぷりと披露した。

撮影後のインタビューでは、菊池がスタッフの用意していた極厚カツサンドを見るやいなや「食べていいかな……? いっか!」と頬張り、それを見ていた田中が「ああいう食いしん坊なところが意外とかわいいっすよね」とつぶやく微笑ましいシーンも。8ページにわたる特集企画では、ソロインタビューと対談を通して、2人が同じ舞台に立つことへの思い、情熱、覚悟などをたっぷりと語っている。さらに今号の「MORE」には2人の特製カラーピンナップが付属する。

このほか今号には、9月25日に開幕する舞台「パラダイス」で主演を務める関ジャニ∞の丸山隆平が、インタビュー特集「丸ちゃんの幸福学!」に登場。2020年に上演中止となってしまってから約2年の時を経て、今年ようやく「パラダイス」の上演が決定した喜びや意気込みをはじめ、関ジャニ∞のメンバー1人ひとりやファンへの思いを語っている。またSexy Zoneの連載企画では、佐藤勝利がクローズアップされる。

関連記事

左から曽野舜太、佐野勇斗(ともにM!LK)。(c)日本テレビ

M!LK佐野&曽野、SixTONES田中、timelesz松島らは賞金を獲得できるのか?日テレ特番「続々」

約2時間
Snow Man(c)TBS

Snow ManがSTARTO ENTERTAINMENTチーム、ももクロ率いる女子選抜チームとダンスバトル

約3時間
浜田雅功(ダウンタウン)の歌唱を盛り上げるSixTONES。(c)TBS

SixTONESが“ハマダ歌謡祭チーム”と東京ドームで対決「あの人と勝負になるとは!」

約22時間
手を振る京本大我(SixTONES)。

SixTONES京本大我「言えない秘密」で握力発揮、古川琴音の指が鳴る

3日
SixTONES (c)日本テレビ

SixTONES「高校生クイズ」パーソナリティに就任「高校生と言えばSixTONESですよ」

5日
「ViVi」7月号増刊より。

菊池風磨と一緒にカレーを作ったりゴロゴロしたり…「ViVi」に川島小鳥撮影の51カット

8日
福本莉子とジェシー(SixTONES)。(c)2025「お嬢と番犬くん」製作委員会

「お嬢と番犬くん」福本莉子×ジェシーで映画化!「いつもと違ったジェシーをあたたかく見守って」

8日
左上から時計回りにジェシー、田中樹、高地優吾、高橋恭平、猪狩蒼弥、井上瑞稀、中村海人、松倉海斗。(c)TBS

スト、なにわ、トラジャ、ハイハイのスポーツ自慢が「ジョンソン」芸人軍と対決

9日
「MAQUIA」7月号プレミアム版表紙

京本大我「MAQUIA」表紙に再び登場 人生観や恋愛観、SixTONESメンバーについて語る

10日
佐藤勝利(timelesz)と美 少年。

佐藤勝利&美 少年「TIRTIR」新CMで共演、共通点は“チャイ”が好き

10日