JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

大分「アンスク」前夜祭でギャンパレ、豆柴の大群メンバーらバンド編成で「うっせぇわ」などセッション

1年以上前2022年08月20日 15:06

8月20日、21日に大分・城島高原パークで野外ライブイベント「UNDER THE SCREAM!! 2022」が開催中。この記事では初日の前夜祭の模様をレポートする。

「UNDER THE SCREAM!! 2022」は日本初の木製コースター・ジュピターに囲まれたステージ・ウッドパワースタジアムをメイン会場として行われる、音楽プロデューサー・松隈ケンタ主催によるライブイベント。遊園地を舞台にバンド、アイドル、お笑い芸人、シンガーと多彩なメンツによる熱いライブが繰り広げられる。前夜祭では園内でGANG PARADE、豆柴の大群というWACK所属グループによるミニライブと特典会が行われ、メインステージではオーディション企画「チャレンジオーディション GO! GO! GO! 2022」で勝ち残った6組による決勝ライブや、21日公演の本祭に出演するバンド、アイドルらによるスペシャルコラボライブが展開された。

「チャレンジオーディション GO! GO! GO! 2022」には全国から200組を超える応募があり、審査の模様は公式SNSアカウントを通じて随時発信されていた。選考を勝ち抜け、ウッドパワースタジアムのステージに立ったのは松尾竜平、Dally Work's、夏輝、POPPiNG EMO、高田隆貴、acro-A(アクロア)の6組。決勝審査には観客も加わり、上位3組に選ばれたアーティストには賞金20万円、松隈による楽曲制作の権利、レコーディングできる権利のいずれかがプレゼントされる。

前夜祭が始まり、MCとして松隈ケンタとHack the Ceremonyの永井葉子(Vo, G)が登場。松隈は「上からはジェットコースターの絶叫、下からは声出し禁止という不思議なルールですが、心でスクリームして応援してください!」と呼びかけると同時にオーディションの主旨などを説明した。各オーディション参加アーティストのライブ前には、豆柴の大群とGANG PARADEのメンバーが入れ替わりでMCを担当。まず豆柴のハナエモンスターとナオ・オブ・ナオが、1組目のアーティスト・松尾竜平をステージに呼び込んだ。松尾はTikTokフォロワー10万人を誇るシンガーソングライターで、アコースティックギター1本で表現力豊かに「oto」「あなたのためにさ」を披露。ナオとハナエはギターサウンドと歌声の心地よさに、「お酒を飲みながら聴きたくなりますね」と感想を述べた。

2番手として10代と20歳のメンバーからなる若手バンド・Dally Work'sがステージへ。豆柴のカエデフェニックス、ミユキエンジェルによる紹介を受けて登場した彼らは、ブラックミュージックの要素を取り込んだグルーヴィなシティポップチューン「過去のせい」「劣等生」の2曲を観客に届けた。3組目の夏輝は、愛知県名古屋市出身のシンガーソングライターで作曲家やビデオグラファーとしても活躍している。彼はパフォーマンス前に披露曲の紹介や、自身の音楽ジャンルがEDMであることの説明を丁寧にしてから、「スクリーン」「カグヤヒメ」の2曲を披露。ライブ後、豆柴のアイカ・ザ・スパイは「とても楽しいステージでした!」と感想を口にした。

4組目の4人組アイドルグループ・POPPiNG EMOは、松隈率いる音楽クリエイター集団SCRAMBLESの井口イチロウがサウンドプロデューサーを務める、“激エモな爆裂サウンド”のサブカル系アイドル。オープニングSEのあとにエンディングSEが流れるというトラブルに見舞われるも彼女たちは巧みなトークで仕切り直し、パワフルなパフォーマンスを見せつけた。MCを務めるギャンパレのテラシマユウカとカ能セイは、「カッコよかったです!」と白熱したライブを振り返った。5組目の高田隆貴は福岡県太宰府市出身、24歳のシンガー。自身の名前が入ったのぼり旗をステージに立て、観客に手拍子を求めるなど、ハイテンションなライブを展開した。ラストを飾る6組目はデビュー1周年を迎えたばかりの福岡発のエモロックアイドルグループ・acro-A。強烈な四つ打ちビートに乗せて、力強い歌と踊りを繰り出して観客からの拍手を誘った。ギャンパレのチャンベイビーとキャン・GP・マイカが「バキバキでカッコよかった」と感想を伝えると、acro-Aは「絶対に1位になります!」と高らかに宣言した。

オーディションライブのあとは、翌日の本祭出演メンバーの一部が参加するスペシャルコラボステージがスタート。松隈は「このコラボは面白いですよ、リハーサルなしですからね!」とぶっつけ本番でのセッションになることを告げ、観客の期待を煽った。スペシャルステージにはこの日限りの組み合わせによるバンド編成で6組が出演し、ボーカリストは主にギャンパレと豆柴のメンバーが選ばれた。1組目ではギャンパレのユイ・ガ・ドクソンとユメノユア、ぴゅーひょろろの孤高のぴゅーひょろろがボーカルを担当し、バンド演奏をバックにTHE BLUE HEARTSの「人にやさしく」を躍動感たっぷりに披露。ギャンパレのアイナスターとナルハワールド、豆柴のカエデフェニックスはいきものがかり「じょいふる」を元気いっぱいに届けた。ギャンパレのココ・パーティン・ココはバンドサウンドに身を任せ、Ado「うっせぇわ」を熱唱。ギャンパレのメンバーはステージの手前で歌詞の手書きカンペを掲げて、ココをサポートした。

4組目の豆柴のナオ・オブ・ナオとBuzz72+の井上マサハルのコンビは、絢香×コブクロの「WINDING ROAD」でデュエット。ぶっつけ本番という状況ながらも、息ぴったりの豊かなハーモニーを響かせた。続くギャンパレの月ノウサギは、松隈ケンタ、永井葉子のツインギターをバックに相川七瀬「恋心」をパワフルに歌唱。雨降る中で迎えたラストには、ギャンパレのヤママチミキがPENICILLINのヒット曲「ロマンス」を力強く歌い上げ、観客を熱狂させた。

SPECIAL STAGE BAND MEMBER

BAND 1

ユイ・ガ・ドクソン(Vo / GANG PARADE) / ユメノユア(Vo / GANG PARADE) / 孤高のぴゅーひょろろ(Vo / ぴゅーひょろろ) / 塚田リョーヤ(G / The コットンクラブ) / 北島ノリヒロ(B / Buzz72+) / 毛利匠太(Dr / Hack the Ceremony)
披露曲:THE BLUE HEARTS「人にやさしく」

BAND 2

アイナスター(Vo / GANG PARADE) / ナルハワールド(Vo / GANG PARADE) / カエデフェニックス(Vo / 豆柴の大群) / 塚田リョーヤ(G / The コットンクラブ) / 反逆のぴゅーひょろろ(B / ぴゅーひょろろ) / 毛利匠太(Dr / Hack the Ceremony)
披露曲:いきものがかり「じょいふる」

BAND 3

ココ・パーティン・ココ(Vo / GANG PARADE) / 廣田頼昭( B / Hack the Ceremony) / 孤高のぴゅーひょろろ(G / ぴゅーひょろろ) / 産後のぴゅーひょろろ(dr / ぴゅーひょろろ)
披露曲:Ado「うっせぇわ」

BAND 4

ナオ・オブ・ナオ(Vo / 豆柴の大群) / 井上マサハル(Vo / Buzz72+)
披露曲:絢香×コブクロ「WINDING ROAD」

BAND 5

月ノウサギ(Vo / GANG PARADE) / 松隈ケンタ(G / Buzz72+) / 轟タカシ(Dr / Buzz72+) / 永井葉子(G / Hack the Ceremony) / 黒河総司(B / The コットンクラブ)
披露曲:相川七瀬「恋心」

BAND 6

ヤママチミキ(Vo / GANG PARADE) / 轟タカシ(Dr / Buzz72+) / 永井葉子(G / Hack the Ceremony) / 黒河総司(B / The コットンクラブ)
披露曲:PENICILLIN「ロマンス」

スペシャルバンドのセッションに続いて、オーディションの結果発表が行われた。まずオーディション参加アーティスト6組がステージに集い、来場者がカラーボールで投票した球の数を一斉に数える。その結果、POPPiNG EMOが1位、acro-Aが2位、高田隆貴が3位に入賞。POPPiNG EMOは松隈ケンタからの楽曲提供権を獲得し、acro-Aはレコーディングの権利、高田は松隈のポケットマネーから20万円をそれぞれ獲得した。エンディングには木製ジェットコースターのジュピターの奥に花火が上がり、前夜祭はお開きとなった。

関連記事

月刊偶像「遊園 me feat. ヤママチミキ(GANG PARADE)」ジャケット

アイドルの“歌力”広めるソニー発「月刊偶像」始動!GANG PARADEヤママチミキ×真部脩一がタッグ

10日
「AGESTOCK2024 in 国立代々木競技場 第一体育館」第1部告知ビジュアル

代々木第一体育館で優里、MY FIRST STORY、WACK7グループがそれぞれライブ

21日
GANG PARADE(撮影:外林健太)

GANG PARADE、熱い思いぶつけた真冬の日比谷野音ワンマン

26日
GANG PARADE「躍動 / ROCKを止めるな!!」配信ジャケット

GANG PARADE、イナ戦プロデュース曲を配信 シングル限定盤に野音ワンマン映像

27日
GANG PARADE「天晴れ!真冬の大ギャンパレ音楽祭 in 日比谷野音」実写ビジュアル

GANG PARADE新曲をTHEイナズマ戦隊が提供、今週末の野音ワンマンで初パフォーマンス決定

29日
「INSPIRATION OKINAWA 2024」出演者一覧

沖縄「INSPIRATION OKINAWA」にGANG PARADE、Age Factory出演決定

約1か月
GANG PARADE年賀状用記念写真

GANG PARADEから遅めのお年玉!書き初め1000枚と往復年賀状をプレゼント

約1か月
GANG PARADE

GANG PARADEが和楽器サウンド取り入れた新曲「躍動」発表、CDシングルのリリースも決定

約1か月
「ホ。フェス'24」出演者第2弾の告知画像。

きのホ。主催「ホ。フェス'24」にガガガSP、MONSTERIDOL、アルカラら追加

約1か月
WACKロゴ

「WACK合同オーディション2024」開催決定!今年はSSW、バンド、トラックメイカーも募集

約2か月