JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

「最初はパー」会見でIMPACTors基俊介の暴露にジェシー渾身のツッコミ「おい!」

ドラマ「最初はパー」制作発表記者会見の様子。(c)テレビ朝日
1年以上前2022年10月20日 21:04

10月28日(金)にスタートするテレビ朝日系ドラマ「最初はパー」の制作発表記者会見が行われ、ジェシー(SixTONES)、市川猿之助、賀喜遥香(乃木坂46)、基俊介(IMPACTors、ジャニーズJr.)、青木柚、迫田孝也、橋本じゅん、小籔千豊が登場した。

「最初はパー」は秋元康が企画、原作、脚本を、佐久間宣行が総合監修を担当する新感覚ドラマ。ジェシー演じる政治家の息子・利根川豪太がひょんなことからお笑い養成所に入り、市川猿之助演じる澤村銀平とコンビを組んでプロのお笑い芸人を目指す成長物語が描かれる。

会見でジェシーは、相方となる市川との相性について「もう完璧ですね。相性はバッチリです!」と自信たっぷりにコメント。ジェシーがボケ倒し市川がツッコむという劇中さながらのやり取りが交わされる中、市川も「ジェシーの話を全部拾えるキャッチャーになりたい」と語り、早くも名コンビぶりを見せつけた。

また小籔演じる鬼講師・相田忠則の「才能よりも、努力よりも、強いのは運」というセリフにちなみ、キャスト内で最も強運の持ち主を決めるじゃんけん大会が行われることに。敗者は勝者が繰り出す質問にNGなしで回答しなければいけないという罰ゲームが課せられ、白熱する勝負を見事賀喜が勝ち抜いた。敗者となった基は「誰にも言っていない秘密は何ですか?」という質問に対し、「この前、メンバー(影山拓也)とジェシーくんのお家にお邪魔させてもらって、洋服を何着かいただいたんですけど、1着がちょっと派手すぎて…お父さんにあげました(笑)」とカミングアウト。これにはジェシーが思わず立ち上がり「おい!(笑)」と力いっぱいツッコんだ。

このほか「憧れている事務所の先輩は?」と尋ねられた基は、ジェシーのことを見ながら「最近本当にずっとお世話になっていますし……」と思わせぶりな態度で「Snow Manの岩本照くん(笑)」と回答。ジェシーも「俺だって影山と仲いいし!」と反発しながらも、和気あいあいとしたトークの応酬で終始場を和ませていた。

ジェシー(SixTONES)コメント

今はまだ大変な時代ではあるんですけれども、元気になりたいなと思った時に、「最初はパー」を見ていただくと、「よし、明日も頑張ろう!」という気持ちになれると思います。たとえ“面白くないだろう”と思っていたとしても、見たら絶対に笑えるはずなので、ぜひ期待していただきたいですね。
ドラマの中では、みんなが漫才などのネタも披露します。笑いあり、そして泣けるシーンもありますので、そちらもぜひ楽しみにしていただけるとうれしいです。

市川猿之助とコンビとしての相性

もう完璧ですね。相性はバッチリです! 会見が始まる前も、裏で盛り上がっていました。猿之助さんがとても優しい方なので、ご一緒できてうれしいです。今では仕事よりプライベートで会ってるほうが多いくらいです(笑)。

下積み時代のエピソード

僕は10歳の時にジャニー(喜多川)さんと会ったんです。その時は特にこの仕事に興味がなかったんですけど、ジャニーさんに「試しにやってみれば?」と言われました。両親にも「まだ10歳だし、人生は長いから試しにやってみれば?」と言われて、今も試しにやっているところです(笑)。そろそろ本気出します(笑)!  
そういえば、実は僕、昔はケーキ屋さんになりたかったんですよ。七夕の時、短冊に「ケーキ屋さんになりたい」って書いていましたから。いずれはケーキ屋さんになろうかと思っています(笑)。まずはケーキ屋さんの役とか、今の仕事に繋がるといいですね。

お笑いについて学ぶために新しく始めたこと

特にはないんですけど、芸人さんの友だちがいっぱいいるので、この撮影に入ってから芸人さんとご飯を食べに行ったときに、ツッコミとかボケをよく聞くようになりました。この前も、仲良しのせいちゃん(せいや / 霜降り明星)とフジモンさん(藤本敏史 / FUJIWARA)と3人でしゃべっていた時に、「ツッコミ早っ!」みたいなことを意識して聞いていました。今までだったら、普通に笑っていたところなんですけど、この作品の撮影に入ってからは、「なるほど、こういう視点でも見ることができるんだ!」というようなことを考えるようになりましたね。

市川猿之助 コメント

ジェシーとコンビとしての相性

“ドラマの中でだけ仲良く”というのは、よそよそしいですよね。そういうのって画面を通してにじみ出るし、生徒たちは一丸にならなきゃいけないんですよ。普段から仲良くないと、そういう雰囲気が伝わらないと思うので、芝居することより、今はみんなと仲良くなれるよう一生懸命やっています。

下積み時代のエピソード

僕の場合は、生まれた時からつかんでいますから(笑)。でも、4歳で初お目見えをしたんですけど、ひと言セリフを言ったら、歌舞伎座の満場のお客さんから、“じわ”って言うんですけど、本当に感動した時の地鳴りのようなどよめきと拍手をいただいて、おぼろげながら「気持ちいいな」と思った記憶があります。その気持ちよさを味わいたいからまた舞台に出たい……というふうになったのが4歳の頃ですね。僕は死ぬまでずっと歌舞伎をやっていくので、この先、特に夢というものはないんですけど(笑)、いいものをお届けして皆さまに幸せになっていただきたい、ただそれだけです。世の中、“感動”がすべてです!

お笑いについて学ぶために新しく始めたこと

僕もお笑いが好きなんです。お笑いって、主に内容よりも間だと思うんですよね。だから僕はジェシーの間を把握しなきゃいけない。今もとにかくしゃべりかけて、しゃべりかけて、しゃべりかけて……コミュニケーションを取って、一生懸命ジェシーの間を勉強しています。僕は、ジェシーの話を全部拾いきれなきゃダメだと思うんです。ボールを投げても拾う人がいなかったら、お笑いって成立しないんですよね。だから、僕はうまくボールを取れる人=キャッチャーになりたいですね。

賀喜遥香(乃木坂46)コメント

下積み時代のエピソード

音楽番組で乃木坂46を見て、「こんなにキレイな人たちがいるんだ! 私もなりたいな」と思ったのがきっかけで、元々いた先輩たちに憧れて乃木坂46に加入しました。デビュー当時は「先輩みたいになりたい!」という目標があって、「目の前のことを全力でやっていれば追いつけるかもしれない」と、とにかく前だけを見て頑張っていました。このドラマで私が演じるすみれちゃんも、「お笑いを目指して頑張るぞ!」と、憧れをもってお笑いの世界に入ってきたと思うので、私と似ているなと思うところも多いです。

お笑いについて学ぶために新しく始めたこと

私はピン芸人の役で相方がいないので、皆さんの漫才を見ていて「いいなぁ」と思っちゃったりもしています(笑)。間とか、こういうふうにすれば面白くなるんじゃないかとか、考えて演じてらっしゃるのが見ていてもわかるんです。私もネタをやる際は、ひとりでしゃべるからこその抑揚のつけ方とか、間の取り方、目線の向きなどについて教えていただきました。今は、テレビなどで芸人さんのネタを見るときに、全部しっかり考えて作られているから面白くなるんだな、と考えるようになりましたね。ちなみに、女性ピン芸人のイメージを思い浮かべた時に、最初に出てきたのがにしおかすみこさんだったので、動画を見直したりしました。

基俊介(IMPACTors、ジャニーズJr.)コメント

下積み時代のエピソード

小学4年生の時に「滝沢歌舞伎」を見に行ったんです。その舞台を見て、ジャニーズのエンターテインメントに感動して「この事務所に入りたい!」と思って、自分で応募しました。「このステージに立ちたい」と思って一生懸命頑張っていたら、夢だった舞台に出演できて…。そして、滝沢(秀明)さんにはIMPACTorsというグループも作っていただきましたし、本当にいろんなご縁に恵まれているなと思います。今回も素敵なキャストの皆さんと一緒にお仕事できて本当に毎日楽しいですし、いい機会を与えていただいてありがたいです。

憧れている事務所の先輩

最近本当にずっとお世話になっていますし…(と、ジェシーをチラリ)。僕は今、ジュニアという存在なんですけど、いつかデビューして…Snow Manの岩本照くんのようになりたいです(笑)。ここは正直に…すみません(笑)。

青木柚 コメント

下積み時代のエピソード

オーディションで、台本を読む前に自己紹介プラス特技披露みたいなのがあったんです。有名なドラマの長ゼリフをしゃべる人や、“ひとりミュージカル”のようなことをする人がいる中、僕はなにも用意してなかったんですよ。だから、その当時、器械体操を少しやっていたこともあって、逆立ちでひたすら審査員の周りをウロウロしていました(笑)。これが特技だと思っていたので、当時は何もおかしいと思わず、オーディションのたびにやっていました(笑)。

迫田孝也 コメント

下積み時代のエピソード

これまでインタビューなどで答えていた俳優としてのターニングポイントは、山田洋次さんや三谷幸喜さんとの出会いだったんですけど、よくよく考えたら、すべては《感動》に繋がりますね。今、僕らがすべきなのは“みんなを幸せにすること”、それだけですね。すみません……猿之助さんの言葉を乗っ取ろうとしました(笑)。

橋本じゅん コメント

下積み時代のエピソード

舞台もテレビも全部中途半端で、まだまだ“下積み時代”だと思っています。いつか“上積み時代”になったら、この質問にお答えしたいと思います(笑)。僕も皆さんを感動させられるように、頑張っていきたいと思います。感動させられるようになったら、また質問してください(笑)。

小籔千豊 コメント

下積み時代のエピソード

橋本じゅんさんの「今も“下積み時代”」という言葉を聞いた後に恐縮なんですけど……僕はNSC(吉本総合芸能学院)に入った瞬間、死ぬほどウケまして。一度もスベッたことなく、同期が全員僕のことを尊敬し、1年が終わった時に先生から、一番良かったコンビに挙げていただきました。僕がしゃべる、みんなが笑う……それだけの毎日でした(笑)。全国からすごく面白い人たちが集まってきていたので、僕と相方は「絶対かなわんから、日本全国から来た面白い人たちのネタを見たり、友だちになれるだけで十分やな」と言っていたんですけど、入ったら余裕勝ちで、エリート街道まっしぐらでした(笑)。そこからぜんぜん売れずにいたんですが、結婚したり、子どもが生まれたり、親が亡くなったり…いろんなことがある中で、吉本新喜劇の先輩に助言をいただいたり、漫才師時代の先輩方にいっぱいチャンスをもらって、なんとか生活できるようになりました。才能は死ぬほどあったのですが(笑)、お仕事をいただけるようになったのは最近です。この世界は、才能だけでは売れないということを痛感しています。周りの人たちの助けや運、巡り合わせがあって、なんとか家族で生活させてもらっています。

テレビ朝日系「最初はパー」

初回放送:2022年10月28日(金)23:15~24:15
(以降毎週金曜日23:15~24:15)

関連記事

「きっかけ」を歌う大森元貴と乃木坂46。

ミセス×乃木坂46対バンで「きっかけ」コラボ、横アリに響き渡った美しいハーモニー

2日
井上和 (c)「超・乃木坂スター誕生!」製作委員会

乃木坂46・5期生の歌唱&スキットに密着「超・乃木坂スター誕生!」Blu-ray BOX第2巻発売

2日
左からMCの有働由美子、稲葉浩志、アーティストナビゲーターの松下洸平。(c)日本テレビ

「with MUSIC」に稲葉浩志、SixTONES、timelesz、絢香、WANIMA、Number_iら

4日
今年、乃木坂46の新成人メンバーによる成人式に出席した清宮レイ。

乃木坂46清宮レイ、20歳を区切りに卒業

4日
再生数急上昇ソング定点観測

「嘘ミーム」が嘘でなく本当にミーム化 / 「アフターエポックス」で初音ミクがプリンを連れている理由は

5日
左から曽野舜太、佐野勇斗(ともにM!LK)。(c)日本テレビ

M!LK佐野&曽野、SixTONES田中、timelesz松島らは賞金を獲得できるのか?日テレ特番「続々」

5日
Snow Man(c)TBS

Snow ManがSTARTO ENTERTAINMENTチーム、ももクロ率いる女子選抜チームとダンスバトル

5日
弓木奈於(乃木坂46)1st写真集先行カット(撮影:三瓶康友 / ワン・パブリッシング)

乃木坂46弓木奈於の1st写真集発売決定「見た事がない自分に出会う事ができました!」

6日
「KOYABU SONIC 2024」キービジュアル

「KOYABU SONIC」にカネコアヤノ、水カン、川崎鷹也ら、礼賛が初出演

6日
浜田雅功(ダウンタウン)の歌唱を盛り上げるSixTONES。(c)TBS

SixTONESが“ハマダ歌謡祭チーム”と東京ドームで対決「あの人と勝負になるとは!」

6日