JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

SOMETIME'S熱狂のリリースパーティにYONA YONA、ぷにぷに電機、シェフ、Kroiが集結

SOMETIME'S(Photo by umihayato)
約1年前2023年01月22日 6:07

SOMETIME'Sが1月15日に東京・LIQUIDROOMでライブイベント「SOMETIME'S Hope EP Release Party 『NIST』 Supporting Radio J-WAVE」を開催した。

このイベントは、SOMETIME'Sが昨年12月に最新EP「Hope EP」をリリースしたことを記念して企画されたもの。ゲストアクトとしてKroi、the chef cooks me、ぷにぷに電機、YONA YONA WEEKENDERSの4組も登場し、イベントを大いに盛り上げた。

トップバッターを務めるYONA YONA WEEKENDERSのステージは「君とdrive」で幕開け。そのまま都会的でメロウなサウンドが印象的な「夜のgroovin'」や、ダンサブルなビートを刻む「SUI SUI」を繰り出して序盤から観客の体を揺らしていく。磯野くん(Vo, G)は「SOMETIME'Sの2人とは同い年なんですよ。僕ら全然友達いないので、数少ない同志としてこれからもずっと仲よくしていけたらいいなと思っています」と笑顔で語ると、「R.M.T.T」「月曜のダンス」といった人気曲を届け、場内を彩り豊かなサウンドで満たした。

2番手のぷにぷに電機は、サポートメンバーに右田眞(B)、矢尾拓也(Dr)、ヤマザキタケル(Key)、庫太郎(G)を迎えたバンド編でステージに登場。1曲目にタイトなリズムが心地よい「ラッキー・ドライブ」をセレクトすると、艶やかなボーカルを場内に響かせて序盤からオーディエンスの心をがっちりとつかんだ。ぷにぷに電機はその後、「ずるくない?」「雨模様」「your room」といったキラーチューンを次々にプレイ。最後は「私は自分のリリースパーティをしたことがないんですけど、こういうふうに作品を出したタイミングでいろんなミュージシャンとパーティができるなんて素敵だなと思いました。本当に今日はここに来れてうれしいです。皆さんもありがとうございます!」と呼びかけたのち、「君はQueen」を情感たっぷりに歌い上げてステージをあとにした。

続くthe chef cooks meはリハーサルでの音出しを終えると、すぐに本番をスタート。浮遊感あふれる「Ticket is a Love」や、オートチューンの効いたボーカルが印象的な「CP」、どこかエスニックなムード漂う「最新世界心心相印」といったダンスナンバーが次々に届けられると、観客は思い思いにステップ踏んで演奏を楽しんだ。MCでは下村亮介がSOMETIME'Sは高校の軽音楽部の7個下の後輩で自分のことを“伝説の先輩”と呼んでいたらしい、というエピソードを冗談を交えながら話して会場の笑いを誘う。彼は「自分は全然有名でもないんだけど、伝説だなんて大袈裟に語ってくれる後輩がいて、こんな立派な場所で対バンができて、お客さんも楽しんでくれていてうれしかったです」と語ると、最後にASIAN KUNG-FU GENERATION「踵で愛を打ち鳴らせ」のカバーを披露。会場に深い余韻を残してライブを終えた。

最後のゲストアクトは、SOMETIME'Sと同じくIRORI Recordsに所属するKroi。彼らはキラーチューン「Drippin' Desert」で華やかにライブの幕を開けると、次曲「Pixie」ではトライバルなビートを打ち出し、そのジャンルレスな音楽性を提示した。内田怜央(Vo, G)は「いつもお世話になっている兄貴に愛を伝えに来ました(笑)。『Kroiのライブ盛り上がったな』というのは皆さんにかかってますので、一緒に愛を伝えてもらってもいいですか?」とフロアに呼びかけると、「Funky GUNSLINGER」「Juden」を演奏。最後はバンドの名刺代わりとも言える代表曲「Fire Brain」をエネルギッシュにプレイし、フロアを十分に温めてSOMETIME'Sにバトンを渡した。

この日の主役であるSOMETIME'Sは、サポートメンバーに清野雄翔(Key)、佐々木恵太郎(B)、冨田洋之進(Dr / Omoinotake)、永田こーせー(Sax)、藤田道哉(Key, Manipulator)というお馴染みの面々を従えてステージに登場。まず「Hope EP」のオープニングナンバー「Somebody」が届けられると、フロアのオーディエンスは待ってましたと言わんばかりに一斉に手拍子を打ち鳴らして演奏に応えた。SOTA(Vo)は「最後まで待ってくれてありがとう! 楽しんで帰りましょう。よろしく!」と呼びかけると、最新EPからラップを取り入れた「Drug cure」をプレイ。バンドの現在のモードを見せつけて観客を魅了した。ライブ中盤、SOTAが「ここからは我々もギアを1段上げて、最高の今日という最高のバトンがつながった1日を余すことなく楽しんでいきたいと思います!」とひと言。この宣言通り、続く「Honeys」では各プレイヤーがテクニカルなプレイで個性を発揮する中、SOTAがパワフルなボーカルを会場いっぱいに響かせた。SOMETIME'Sはライブ本編のラストに、最新EPからゴスペルライクな「Hope」を演奏して場内をピースフルな空気で満たした。

アンコールでは、TAKKI(G)が「1月って『今年1年はこういうふうにがんばろう』とか目標を立てますよね?」と訥々と語り始める。彼は「僕らもわりといい歳になってきまして、叶わなかった目標とかが体の中に積み重なってきているところもあって。叶わなくてもいいと思ってたわけじゃないんだけど、目標を掲げるポーズみたいになっちゃってる1年間もあったんですよ。でもYONA YONA WEEKENDERSと、新しい出会いになったぷにぷに電機と、伝説の先輩のthe chef cooks meと(笑)、大好きなKroiの顔と、皆さんの顔を見たら今年1年なんだかやれる気がしてきています。たった2人で始めたSOMETIME'S、どこまでも駆け上がって行きます」と続け、会場が大きな拍手に包まれる中、「You and I」を届けて大盛況の中この日の公演の幕を降ろした。

「SOMETIME'S Hope EP Release Party 『NIST』 Supporting Radio J-WAVE」2023年1月15日 東京都 LIQUIDROOM セットリスト

YONA YONA WEEKENDERS

01. 君とdrive
02. 夜のgroovin'
03. SUI SUI
04. R.M.T.T
05. 考え中
06. 月曜のダンス

ぷにぷに電機

01. ラッキー・ドライブ
02. ずるくない?
03. 雨模様
04. 春
05. your room
06. empties
07. 君はQueen

the chef cooks me

01. Ticket is a Love
02. CP
03. 最新世界心心相印
04. 愛がそれだけ
05. 環状線は僕らをのせて
06. Now's the time
07. 踵で愛を打ち鳴らせ

Kroi

01. Drippin' Desert
02. Pixie
03. Funky GUNSLINGER
04. Juden
05. Fire Brain

SOMETIME'S

01. Somebody
02. Drug cure
03. Get in me
04. Raindrop
05. Stand by me
06. Honeys
07. Slow Dance
08. Hope
<アンコール>
09. You and I

関連記事

「SYNCHRONICITY'24 Wonder Vision supported by ライブナタリー」4月6日公演の告知ビジュアル。

GRAPEVINE×Kroiがツーマン競演、「SYNCHRONICITY'24」特別企画を2DAYS開催

約21時間
Kroi

Kroiがニューアルバム発表、全国ツアーで10都市回る

6日
「METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2024」ロゴ

「METROCK」にビーバー、オーラル、神サイ、Kroi、ジグザグ、羊文学ら12組出演決定

7日
益田英知(Kroi)

益田英知(Kroi)がグルーヴにやられた5曲

11日
Kroi「Sesame」ミュージックビデオより。

Kroi、アニメ「ぶっちぎり?!」OP曲の「Sesame」MV公開

13日
Nulbarich「Floatin'」ミュージックビデオより。

Nulbarich、全編LAで撮影した「Floatin'」MV 自転車で駆け回るJQ

約1か月
「Schmatz presents JAPAN BREWERS CUP 2024」ビジュアル

yonige、川本真琴、仮面女子らが日本最大級のビールフェス「JAPAN BREWERS CUP」に出演

約1か月
「ENDRECHERI MIX AND YOU FES」ロゴ

.ENDRECHERI.初の音楽フェスにAwich、Creepy Nuts、Kroi、鈴木雅之

約1か月
「DISCO PRANK feat. Leo Uchida(Kroi)」ミュージックビデオより。

Nulbarich新作アルバムの収録曲発表、Kroi・Leoフィーチャーの新曲MV公開

約1か月
「SXSW 2024」キービジュアル

アメリカ「SXSW 2024」にa子、眉村ちあき、Kroi、東京初期衝動ら出演

約2か月