JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

TOMOVSKY、物販先行販売のニューアルバムが一般流通決定

TOMOVSKY「BELL」ジャケット
7か月前2023年04月14日 3:05

TOMOVSKYの最新アルバム「BELL」の一般流通が6月14日から開始される。

本作には配信シングル曲「3時とか4時」「冬の実験」「やさしいしくみ」を含む13曲を収録。自らの手で制作やプレスを行い、“できたてホヤホヤ”を届けたいというTOMOVSKYの意向により、彼のオフィシャルWebショップやライブ会場では先行販売されていた。

TOMOVSKY コメント

前作「WEGO」から、1年半。品番はFAMI-033。つまり、ファミレスレコードを始めてから、CDとかDVD合わせて33作品目! どーん!

アルバムタイトルの「BELL」の由来は、散歩中に撮った火の見やぐらがカッコよくて、あ!これジャケにしよーって。「ベル」って、単語の響きも、なんか良いなと。鐘の音って、にぎやかだったり、しみじみだったり、強かったり、はかなかったり。なーんかグッとくるなあ、と。同名の曲があるけど、この曲はアルバム作業の最終盤のジャケ作業中に「混ぜてよー!」って、急にやって来た。とゆう順番です。

曲作って、録音して、ミックスして、ジャケデザイン。相変わらず全部ひとりでウニャウニャグリグリ。こーんなに頑張り屋さんなのに、同世代たちも頑張り続けてるから、全然ノーマル、むしろ、のんびり派ぐらいに思われている。くそー。

最近は、夜系のミュージシャンがたくさんいるんでしょ? おい! トモフスキーは何10年も前から普通に夜系だぜ。夜の王様、、うーん、夜の奴隷か。「規則正しい不規則な生活」を送りつつ、降ってきたメロディ(歌詞つき)をパソコンにメモ。ライブは月に4本ぐらい。ひとりだったり、2人だったり、バンドだったり。自分の人生を使った実験の日々を、ユラユラと続けて、もうじき還暦。ひゃあ! 綱渡りっ!

TOMOVSKY「BELL」収録曲

01. 3時とか4時
02. LET IT BE
03. 園芸部
04. 虹色ビーチボール
05. 冬に咲く花
06. 冬の実験
07. 日本てすり党
08. ホントの色
09. ユーレイじゃないよ
10. 耳鳴り
11. 連絡ちょうだい
12. BELL
13. やさしいしくみ

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

ははの気まぐれ「よく晴れた日に / 星釣る人」ジャケット

ははの気まぐれが片寄明プロデュースによる両A面シングル第2弾発表、TOMOVSKY迎えてレコ初開催

約2か月
TOMOVSKY

TOMOVSKY、今年も下北沢でバースデーライブ

約2か月
「hoshioto Camp 23」出演アーティスト第1弾

岡山「hoshioto Camp」にオオヤユウスケ、ココロオークション、TOMOVSKY、前野健太、MIZ

4か月
「Wordplay vol.140」告知ビジュアル

TOMOVSKYと百々和宏、渋谷La.mamaでツーマン

5か月
ニーネ

ニーネが結成25周年ライブ開催、ゲストはTOMOVSKY

6か月
夏目創太

兄貴は巨大なダムの大量の水、夏目創太がひとりTOMOVSKYと弾き語りツーマン

約1年
水中、それは苦しい

水中、それは苦しいが新宿LOFTで2DAYS公演開催!サニーデイ、眉村ちあき、掟ポルシェ、大森靖子ら

約1年
NO IMAGE

伊坂幸太郎が野外フェスのために書いた短編小説が書籍化、TheピーズやTOMOVSKYの楽曲がモチーフに

1年以上
NO IMAGE

TOMOVSKYがサブスク解禁を発表、「我に返るスキマを埋めろ」本日配信

約2年