JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

坂本龍一の遺志継ぐGotchら神宮外苑再開発反対を訴え「有名人に代弁させて終わりにしてはいけない」

後藤正文
10か月前2023年04月23日 4:07

3月28日に死去した坂本龍一の遺志を継ぐアーティストたちが、明治神宮外苑地区再開発に抗議する集会「Demonstration with Ryuichi Sakamoto」を昨日4月22日に東京・明治神宮外苑にある聖徳記念絵画館前 西側通路にて行い、のべ6000人以上が参加した。

明治神宮外苑地区再開発は、神宮球場と秩父宮ラグビー場を解体して建て替え、苑内の樹々を伐採して商業施設など高層ビルを建設するという計画内容の大規模事業。これに対し坂本は亡くなるわずか1カ月前に「目の前の経済的利益のために、先人が100年をかけて守り育ててきた貴重な神宮の樹々を犠牲にすべきではありません」という内容の手紙を東京都知事、新宿区長、港区長、文部科学相、文化庁に宛てて送っている。

「Demonstration with Ryuichi Sakamoto」は坂本が共同主宰を務めたプロジェクト・D2021の呼びかけによって行われ、Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)、篠田ミル(yahyel)、大井一彌(DATS、yahyel)、寺尾紗穂、ermhoi(The Sacred Murmurs、Black Boboi、millennium parade)、小林うてな(The Sacred Murmurs、Black Boboi)、butaji、蓮沼執太、U-zhaan、eri、コムアイ、COMPUMAといったアーティストが現地で参加。スピーチや演奏を通じて神宮の樹々伐採に反対する意思を訴えた。

最初にステージに登場したのはD2021共同主宰の1人であるGotch。彼はいとうせいこうがこの集会に向けてつづった「1本の樹木は森である。1本の樹木にも小さな蜘蛛や蟻、もっと小さな苔や菌類などが宿っている。つまり1本の樹木は森のような存在なのです。したがって1つの樹木を切ることは1つの森を滅ぼすことです」「一部の限られた人々の経済利益のために多くの森を破壊することは日本文化の自滅です」というメッセージを代読した。また「有名人にすべてを預けて、代弁させて、それで終わりにしてはいけないと思います。私たち1人ひとりがこの問題を知って、直視して、将来がどのような姿であるべきか、あってほしいのか、そういうことをいろんな場所で話し合うことが必要だと思います。今日は集まってくれて本当にありがとうございます」と参加者に呼びかけ、ASIAN KUNG-FU GENERATION「夜を越えて」をギター弾き語りで届けた。

気候変動の危機を訴える活動もしているeriは、CO2排出量の削減と合わせてCO2吸収の重要性をわかりやすく説明したうえで「今森林伐採してコンクリートで埋め立てた建物が建設されると、カーボンシンクを失うだけでなく、ここがCO2が大量に排出される場所に変わってしまいます」「ここは私たちのための場所です。私たちの場所を守るのは私たちの声です」と訴え、参加者たちの賛同の拍手を呼んだ。篠田は「この場所は我々にとってのコモンズであり、本当ならみんなで使い方を決めないといけない。神宮外苑の樹々伐採だけの話だけではなく、万事が万事このような調子で、本来ならばみんなで考えなければいけないことを、誰かが自分の利益のために勝手に決めていくということが当たり前のようになっていますが、それはちょっとずつ変えていかなければならないと思っています」と述べたのち、坂本の楽曲「opus」「Merry Christmas Mr.Lawrence」などのメドレーをシンセサイザーと大井のドラムによるセッションで披露した。butajiは「私も神宮外苑の木々伐採、再開発反対の声をあげるために2曲ほど歌わせていただきます」と挨拶し、アコースティックギターで代表曲「中央線」と、「あなたの暮らしのために いまできることは なんだろう」と問いかける歌詞の「calling」を歌唱。蓮沼とU-zhaanはシンセとアルトホルンでYMOの「TECHNOPOLIS」、シンセとタブラで坂本龍一の「RIOT IN LAGOS」をカバーした。「TECHNOPOLIS」のカバーはU-zhaanにとって、かつて自身のアルバムに収録した際に坂本がピアニカで参加した思い出の楽曲だ。

ermhoiと小林はユニット・The Sacred Murmursとして登場し、ハープを奏でながら透き通るような優しい歌声を届けた。また坂本龍一の娘である坂本美雨から届けられた「最後まで後悔のないようにしていた父ですが、この神宮外苑の樹々を守ることが最後のメッセージとなりました。樹齢100年にものぼる樹々を守ることは単にセンチメンタルな訴えではありません」「事業計画では緑の面積を増やすとされていますが、問題は樹の数ではないのです。木々が育ってきた100年もの時間とそれによって培われた繊細な生態系は簡単に取り戻せるものではありません。この美しい樹々とその周りの無数の生態系を絶やさずに開発するほうへ舵を切っていただけるよう切に願います」というメッセージが代読される場面も。コムアイは「私は大きな樹を見上げるのが好きです。大きな樹を見ると自分がすごくちっぽけだなあと思います。この樹は私が死んだあともここで生きていくという、私がいなくなったあとの景色を想像させます。それは寂しいことだけれど、幸せなことでもあります。坂本龍一さんもきっと自分が亡くなったあとの世界を想像して、それが自分の理想とする世界であってほしいと願って最後まで動いてくれました」と自身の思いを語った。

寺尾は「この森は100年前に植えた人たちの思いが詰まった森で。その100年の森を200年の森にする、その間に私たちはただいるにすぎないんだと思うんですね。私たちにできることは引き継いで受け渡すこと。そのことを小池都知事にもう一度思い出してもらいたいと思います」と述べて「九年」を歌唱。さらにマヒトゥ・ザ・ピーポーを迎え「ゴールはどこだい」「失敗の歴史」「夏の幻」「たよりないもののために」を熱演した。マヒトは大友良英からの「神宮の森が分断を生む場所になるのではなく、未来を、文化を生む場所になることを心から祈っています」というメッセージを代読するとともに、「坂本さんが残した手紙はもちろん都知事に宛てて書かれたものではありつつ、僕ら1人ひとりに手渡されたものだと思っていて。それはミュージシャンだとか関係なく、これからを生きていく人全員が当事者だと思うんですよね。この神宮の木も100年前から時間を超えて手渡されたものを次の世代に残していくということをずっと更新していくのがたぶん生きるっていうことだと思うので」と語った。

なお集会後にはCOMPUMAによるDJプレイも披露された。

関連記事

U-zhaan、新井孝弘。

U-zhaanと新井孝弘の恒例インド古典音楽ツアー、今年は西日本中心に19公演

3日
「APPLE VINEGAR -Music Award-」ロゴ

アジカン後藤の音楽賞に君島大空、SATOH、原口沙輔、CHO CO PA、Skaai、冥丁、reinaら12作品

3日
君島大空

君島大空×QUBITの頂上決戦、超絶技巧派ミュージシャンたちの競演で魅せた夜

3日
U-zhaan

U-zhaanが渋谷SAUNASのBGMをセレクト

8日
宮沢和史

宮沢和史の音楽生活35周年記念アルバムに藤巻亮太、TRICERATOPS、岸谷香、坂本美雨ら参加

12日
「PLAY FOR PEACE」ロゴ

ウクライナ人道支援ライブに曽我部恵一、INORAN、高田漣、三宅伸治、寺尾紗穂

12日
「映画『i ai』公開記念公演『BUG ME TENDER vol.22』」告知ビジュアル

GEZAN自主企画イベント開催 マヒト監督映画「i ai」公開前夜にハナレグミ、擬態屋迎えてライブ

13日
東北ユースオーケストラと坂本龍一

坂本龍一が音楽監督、東北ユースオーケストラ初のコンサート作品集発売

13日
「BIG LOVE Vol.3」の様子。(撮影:タカギユウスケ[LiveYou])

スペルバとマンウィズの“BIG LOVE”な一夜、最後は「evils fall」で白熱コラボ

15日
「BPM ブロス・プラス・ミュージック 」表紙

「TV Bros.」音楽誌で細野晴臣特集、最新インタビューやテクノカット誕生秘話などコンテンツ満載

18日