JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

INIがスキズ「MANIAC」カバー!THE BOYZ、NiziU、STAYCらが幕張沸かせた「KCON」初日

INI (c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved
10か月前2023年05月13日 7:06

5月12日から14日にかけて千葉・幕張メッセ国際展示場でCJ ENM主催イベント「KCON 2023 JAPAN」が開催中。この記事では初日の12日公演の模様をレポートする。

「KCON」は2012年にスタートした世界最大級の韓国カルチャーフェスティバル。初日公演には8TURN、JUST B、STAYC、YENA、THE BOYZ、NiziU、INIが出演した。アーティスト同士でのコラボも「KCON」の見どころの1つ。オープニングではNiziU、STAYC、YENA、Kep1erがクールにコラボステージを繰り広げ、会場を大きく沸かせた。

トップバッターの8TURNは、今年の1月にリリースしたデビューアルバム「8TURNRISE」のタイトル曲「TIC TAC」で華やかにイベントの序盤を飾った。「初めまして!」とメンバーは無邪気に手を振ってデビュー前にダンスを学びに来日した際の思い出を語り、「日本の皆さんに挨拶するのは初めてなんですけど、『KCON』という大きな舞台で会うことができてうれしいです!」とMINHOが喜びいっぱいに挨拶。そして8TURNは「WE」をパワフルに披露し、グループ名の由来にもなっている“無限な可能性”をKCON-ers(KCONファンの呼称)に示した。

JUST Bは6人組グループだが、SANGWOOが怪我のため残念ながら欠席となり、5人でステージへ。まずは「DAMAGE」をギラついた眼差しで歌い踊る。たくましい体で繰り出されるダイナミックなダンスは、オーディエンスに強いインパクトを与えた。リーダーのLIM JIMINは「『KCON』の大きなステージに来て、皆さんに会えて本当にうれしいです!」と声を弾ませ、「今日は5人ですけど、次は6人で来ます!」と誓う。最後には「Get Away」でアクロバティックなステージを繰り広げ、KCON-ersの目を釘付けにした。

次の演目が事前にファンから楽曲を募集していたINIのカバーステージだということが告げられると、一体どの曲が選ばれるのかKCON-ersは息を呑んで彼らの登場を待つ。フォーメーションのセンターに立った木村柾哉が鋭い光を目に宿し、踊り始めたのはStray Kidsの「MANIAC」。イントロが流れた瞬間に会場は地鳴りのような歓声に包まれた。ラップパートの多いこの曲だが、メンバーは韓国語で情熱的にパフォーマンス。リスペクトあふれる魂のこもったステージで会場のボルテージを引き上げた。

STAYCはTikTokで話題となった楽曲「Teddy Bear」でライブを始め、キュートに“くまダンス”を披露した。MCでは「すごく感動したので、もう一度一緒に歌ってみましょうか?」というメンバーの提案でオーディエンスと一緒にワンフレーズを歌う場面も。最後には花道を歩いてKCON-ersの側に立ち、「ASAP」を日本語バージョンで届けて笑顔を弾けさせた。

ダンサーを引き連れて舞台に姿を現したYENAは、くるくると表情を変えながら「SMILEY」を元気いっぱいに踊り、オーディエンスを瞬く間に魅了。YENAは日本語で「皆さん、こんばんは! YUNAです! すごくすごく愛してるでしょ?」と天真爛漫に挨拶し、ぴょんぴょんと飛び跳ねながら「皆さん、本当に応援してください! もうすぐ日本でデビューしましょう! します!」と日本デビューを宣言して観客の期待を煽った。そしてYENAは「SMARTPHONE」でストーリー調の振付をダンサーと展開。最後まで愛らしい魅力を発揮し、ウインクでステージを締めくくった。

白いスモークが漂う神秘的なステージに登場したのはTHE BOYZ。メンバーはゆっくりと前に進み出て、最新ミニアルバムのリードトラック「ROAR」で美しく艶やかなダンスを繰り広げた。カメラに抜かれたKCON-ersと同じ愛嬌ポーズを取るゲームコーナー「CCCV」を経て、THE BOYZは日本オリジナル曲「Breaking Dawn」をしなやかに歌い踊る。ラストナンバー「THRILL RIDE」では客席にボールを投げたりバズーカーでタオルを放ったり、THE BOYZはKCON-ersとの時間を楽しみ尽くした。その後8TURNとJUST Bがコラボし、TOMORROW X TOGETHERの「Good Boy Gone Bad」をカバー。2組の魅力が合わさった迫力のあるパフォーマンスで会場を沸かせた。

NiziUは白い衣装を身にまとい、妖精のような美しい佇まいでステージ登場。紙吹雪が舞うステージで「Paradise」をたおやかに歌い上げた。「CCCV」コーナーで幅広い世代のファンと交流したあと、NiziUはトロッコに乗り込んで「CLAP CLAP」を歌唱。オーディエンスの顔をうれしそうに見つめながら手を振り、会場中に笑顔を届けた。ラストナンバーは「Take a picture」。NiziUはこの特別な瞬間を切り取るように、生き生きと指でフォトフレームを作ってダンスを繰り広げた。

初日のトリを飾ったINIは「SPECTRA」を韓国語バージョンで投下。一糸乱れぬダンスと熱い歌声でKCON-ersの心を震わせた。「僕たちINIが『KCON JAPAN』に戻ってきました!」と高塚大夢は挨拶し、池崎理人も「LAやタイの『KCON』にも出演させてもらったんですけど、日本での『KCON』はひさしぶり。日本のKCON-ersの皆さん、元気でしたか?」と呼びかけて歓声を浴びた。「CCCV」では佐野雄大が「ゆうだい側転して」と書かれたうちわに応えて側転。後藤威尊が松田迅を突然お姫様抱っこしてみせるなど、自由奔放にコーナーを楽しんだ。リラックスしたムードが漂うナンバー「Do What You Like」では、メンバーがトロッコや花道に散らばってKCON-ersの側へ。会場の至るところから歓声が沸き起こり、場内は興奮に包まれた。最後にINIは5月24日にリリースするニューシングル「DROP That」のリードトラック「FANFARE」を初パフォーマンス。力強い意思にあふれた重厚なロックチューンを拳を突き出して熱唱し、「KCON 2023 JAPAN」初日を最後まで盛り上げた。

「KCON 2023 JAPAN」2023年5月12日 幕張メッセ国際展示場 セットリスト

8TURN

01. TIC TAC
02. WE

JUST B

01. DAMAGE
02. Get Away

STAYC

01. Teddy Bear
02. ASAP

YENA

01. SMILEY
02. SMARTPHONE

THE BOYZ

01. ROAR
02. Breaking Dawn
03. THRILL RIDE

NiziU

01. Paradise
02. CLAP CLAP
03. Take a picture

INI

01. SPECTRA
02. Do What You Like
03. FANFARE

※高塚大夢の「高」ははしご高、池崎理人の「崎」は立つさきが正式表記。

関連記事

再生数急上昇ソング定点観測

異常事態!ランキング初登場がBAD HOPだらけに / 9年前のMVが「ラヴィット!」きっかけに再び話題

約4時間
「LEGIT」パフォーマンスビデオより。

INI「LEGIT」パフォーマンスビデオ公開、西洸人作詞のアルバムリード曲

4日
「INI 2ND ARENA LIVE TOUR [READY TO POP!] IN KYOCERA DOME OSAKA」配信告知画像

INI初の単独ドーム公演を生配信

4日
左から池崎理人、高塚大夢(INI)。(c)テレビ朝日

INI池崎理人と高塚大夢が「Qさま!!」初参戦「面白いINIが見られると思います」

5日
Snow Man

Snow Man、INI、DA PUMP、SPYAIRらのスタジオライブを今夜「バズリズム02」で

7日
「Kep1er JAPAN FAN CONCERT 2024 <FLY-HIGH>」キービジュアル

Kep1er日本初ファンコンサートのファイナルを生配信

7日
「株式会社LAPONE GIRLS」ロゴ

JO1&INI所属事務所の新法人「株式会社LAPONE GIRLS」がME:Iと専属契約、設立の目的は

8日
INI (c)LAPONE Entertainment

INIってすげえなって!バレンタインにMINIが1位をプレゼント、今年もギア上げ「MATCH UP」活動開始

9日
INI (c)LAPONE Entertainment

INIポップアップストアがオープン、前日には西洸人&オカモトレイジがDJパーティ

9日
Kep1er「Kep1going」ビジュアル

Kep1erが日本1stアルバム発売、日本オリジナルの新曲5曲収録

9日