JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

蔦谷好位置のプロジェクト・KERENMI&あたらよ、映画「交換ウソ日記」の主題歌担当

左からあたらよ、KERENMI、高橋文哉、桜田ひより。(c)2023「交換ウソ日記」製作委員会
9か月前2023年05月16日 22:02

蔦谷好位置によるプロジェクト・KERENMIとあたらよが、高橋文哉と桜田ひよりが出演する映画「交換ウソ日記」の主題歌を担当する。

「交換ウソ日記」は櫻いいよによる青春小説を実写化したラブストーリー。学校イチのモテ男子の瀬戸山潤と、つい空気を読みすぎてしまう不器用な女子・黒田希美がある勘違いから交換日記のやりとりを始める。瀬戸山役の高橋、黒田役の桜田に加え、キャストとして茅島みずき、曽田陵介、齊藤なぎさ、板垣瑞生も出演する。

本作の主題歌はKERENMIとあたらよによる「ただ好きと言えたら」に決定した。KERENMIは「交換日記というアナログな手法でやり取りしているのが斬新に思えてしまうこの時代ならではの曲にしようと考え、メロディは敢えて王道のJ-POPでありながら、サウンド感はレトロと現行サウンドの両方を行き来するような仕上がりを意識して作りました」とコメント。あたらよのひとみ(Vo, G)は「KERENMIこと蔦谷好位置さんの書いてくださった楽曲とメロディに私が詩を載せるという作り方で進めていきました」と制作過程を明かし、「映画の舞台となっているのが高校ということで、自分の学生時代の思い出や初めて人を好きになった時のことなどを鮮明に思い出しながら詩を書きました」と歌詞について語っている。

「交換ウソ日記」は7月7日に全国公開される。YouTubeでは「ただ好きと言えたら」が流れる予告映像が公開中。

KERENMI コメント

交換日記というアナログな手法でやり取りしているのが斬新に思えてしまうこの時代ならではの曲にしようと考え、メロディは敢えて王道のJ-POPでありながら、サウンド感はレトロと現行サウンドの両方を行き来するような仕上がりを意識して作りました。映画をしっかり汲み取りながらあたらよの言葉に落とし込んだひとみさんの歌詞が素晴らしいです。

ひとみ(あたらよ) コメント

今回、映画「交換ウソ日記」の主題歌を担当させていただくにあたっての楽曲の作り方としては、KERENMIこと蔦谷好位置さんの書いてくださった楽曲とメロディに私が詩を載せるという作り方で進めていきました。映画の舞台となっているのが高校ということで、自分の学生時代の思い出や初めて人を好きになった時のことなどを鮮明に思い出しながら詩を書きました。普段あたらよとしては現在の自分、つまり等身大の自分を歌詞に落とし込むことが多いので、今回の様に昔(と言っても五年前ほど)の事を思い出しながら書くのはとても新鮮でした。私自身、忘れかけていた大事な気持ちをこの楽曲を通して思い出すことが出来たのはとても貴重な体験だったと思います。映画「交換ウソ日記」を見て、この楽曲を聴いたみなさんが私と同じように心の奥に眠る想いに気づくきっかけになれたらと思います。

高橋文哉 コメント

初めて主題歌を聞いた時「劇中のこのタイミングでかかったらいいな」とすごく想像しやすく、
この作品の魅力が詰まったすてきな楽曲で、丁寧に作ってくださったことが伝わってきて、本当に光栄だと思いました。「そうなんです!」と思わず心の中で叫んでしまうような、登場人物の気持ちに本当に寄り添ってくれている歌詞で、素直になれない子供っぽさと向き合う瀬戸山の想いが“ただ「好きだ」と言えたなら”というワンフレーズに込められていると思います。KERENMIさんとあたらよさんが手掛けてくださった楽曲が、すごく背中を押してくれる音楽なので、ぼくらのお芝居との相乗効果が映画の中で生まれています。ぜひ期待して劇場に足を運んでいただけたら嬉しく思います。

桜田ひより コメント

私たちは普段音楽がない状態で芝居をしているので、主題歌の入った本編を見て、映画の中で音楽は偉大な存在だと改めて感じました。歌詞を見てもどの言葉もすごく刺さり、自分が撮影をしていたときの気持ちを思い出して、本当に寄り添って作っていただけてるなと思いましたし、「撮影中に聴いていたかった!」という気持ちにもなれました。10代だからこそ感じられる儚い恋心が、歌詞だけではなく演奏や曲調にも出ていたので、この映画のためだけに作ってもらえたんだなと改めて感じました。この映画は普段恋愛映画が苦手だなという方でも、恋愛だけではなく友情や部活など、高校生活の青春が描かれているので、ぜひみなさんに見ていただきたいなと思います。さらにKERENMIさんとあたらよさんの主題歌が乗って、大切な大切な映画になっているので、楽しんでいただけたら幸いです。

竹村謙太郎監督 コメント

初めて聞いた時の印象は、ただただ「好きだ!」でした。メロディーが主人公達のまっすぐな思いを代弁してくれて、歌声が溢れ出す恋の感情をよりリアルなものにしてくれる。KERENMIさんとあたらよさんの新しいユニットが、校内放送を通して様々な曲が流れるこの作品のド真ん中に鮮やかな彩りを添えてくれました。挿入歌と主題歌の二つの顔を持つこの曲を、劇場で楽しんで頂けたら幸いです。

関連記事

「Atarayo First Asia Tour 2024」告知ビジュアル

あたらよ、東京含む初のアジアツアー開催

2日
「【推しの子】」スペシャルビジュアル (c)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社・東映 (c)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社・2024 映画【推しの子】製作委員会

「【推しの子】」実写化!出演は櫻井海音、齋藤飛鳥、齊藤なぎさ、原菜乃華、茅島みずき、あの

15日
「JR SKISKI 2023-2024キャンペーン」ビジュアル

iri「JR SKISKI」タイアップ曲をリリース、全国12都市でのライブハウスツアー開催も

16日
映画「バジーノイズ」ティザービジュアル(c)むつき潤・小学館/「バジーノイズ」製作委員会

JO1川西拓実×桜田ひより「バジーノイズ」特報&ティザービジュアル公開、Yaffleの参加も明らかに

17日
川谷絵音

「関ジャム」今年も“年間マイベスト10曲”特集オンエア 川谷絵音、蔦谷好位置、いしわたり淳治が発表

約1か月
JUJU

JUJUの新曲「一線」反町隆史主演ドラマ「グレイトギフト」の主題歌に、シングルリリースも決定

約1か月
「STILL MORE BOUNCE 2」フライヤー

藤井健太郎の主催イベントにPUNPEE vs BIM、千原ジュニアらバンド、D.O、ザコシ、STUTS、VaVaら

約1か月
「バジーノイズ」告知ビジュアル

ひとりでよかったのに──JO1川西拓実×桜田ひよりW主演映画「バジーノイズ」新映像2種を公開

約2か月
「JR SKISKI」キービジュアル

iriが「JR SKISKI」CMソングを書き下ろし

約2か月
Uru「君の幸せを」ミュージックビデオより。

Uru新曲MVで茅島みずきが手紙をしたためる

3か月