JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

wacci全国ツアーで見せた11年の積み重ねと成長「あなたを信じているから続けていける」

「リバイバル feat. asmi」を披露するwacciとasmi。
10か月前2023年06月24日 3:06

wacciの全国ツアー「wacci Live Tour 2023 ~growing~」のファイナル公演が、6月20日に東京・Zepp DiverCity(TOKYO)にて開催された。5月にスタートしたこのツアーは全8公演のチケットがソールドアウト。最新曲からヒット曲、ファンに人気のレアなナンバーまで幅広いセットリストで全国の観客を楽しませた。

ファイナル公演は穏やかさと熱さを合わせ持ったナンバー「wallflower」で幕開け。じっくりと5人のサウンドに耳を傾けていたオーディエンスだが、続いて因幡始(Key)が奏でる「ピアノ線」の鮮烈なイントロが響くと一斉に立ち上がり、目を輝かせた。その後も疾走感にあふれた「夜を越えて」で会場のテンションを急上昇させた5人は、「別の人の彼女になったよ」をゆっくりと聴かせて切ない世界へと引き込んでいった。

橋口洋平(Vo, G)は今回のツアーファイナルを迎えた心境を「声を出すことができないライブを数年続けてきましたけど、やっぱりみんなの声を聴けるのはすごくうれしいです」と笑顔で語り、大きな拍手と歓声を浴びる。その後は村中慧慈(G)のエモーショナルなギターソロが印象的な「東京24区」、小野裕基(B)が奏でるウッドベースが優しくボトムを支えた「劇」と哀切なナンバーを連続で届ける。そして橋口の「この歌が広がっていく世の中はとても素敵な世の中だと思います」という言葉に続き、バンドを代表するヒット曲「恋だろ」が披露された。

MCでは橋口が「恋だろ」を歌う路上シンガーを目撃したときのエピソードをユーモラスに語るが、勢い余ってマイクに歯をぶつけてしまい因幡から「それはないわ!(笑)」とツッコまれるひと幕も。「エピソードトークで笑わせようとしたのに、自分が笑われるのはキツい(笑)」とこぼす橋口の姿に観客も大笑いとなった。会場の空気が和む中、続く「ピント」ではメンバーたちのレクチャーに従ってオーディエンスが美しい2声のハーモニーで合唱。横山祐介(Dr)が軽快なビートを刻んだ「運命じゃない人」、ドラマチックなアンサンブルに乗せて橋口がハンドマイクで歌声を響かせた「東京ドリーム」など、後半も幅広いタイプの楽曲が次々と演奏された。

2015年にリリースしたシングル「大丈夫」を歌ったあと、橋口は「この曲はいろいろな人が人生のいろいろなときに聴いてくれたという感想をもらえて、すごくうれしいです。伊達に11年歩んでいない、積み重ねてきた分だけ誰かに届いているのは幸せだなという思いを強くしています」と、5人がこれまで歩んできた道のりを振り返る。そして「ここにいるみんなに出会えて、あなたがいるから止めずに歩んでいられます。誰かのためにというのが使命だったし、それが似合うバンドだと思います」と熱く語り、その思いを込めるようにラストナンバー「まばたき」を丁寧に奏でた。

アンコールの1曲目で4月にリリースした楽曲「ジグソーパズル」を披露したのち、橋口は5月24日にリリースした最新曲でフジテレビ系「めざましどようび」テーマソングの「リバイバル feat. asmi」について言及。この曲は今回のツアーでは披露されてこなかったが、「今日はファイナルなんでやりたいなと」と橋口が告げると、フロアからは大歓声が起こった。さらに「やるからにはこの方が必要だなと。お呼びしましょう、asmi!」とサプライズゲストのasmiが呼び込まれると、会場の興奮はさらに高まった。

大きな拍手の中でステージに現れたasmiは、曲を初めて聴いたときの印象を「鳥肌が頭のてっぺんまで立って……!」とジェスチャーを交えて明かす。そして彼女を加えた6人で「リバイバル feat. asmi」をライブ初披露。壮大なアレンジに乗せて響く橋口とasmiのパワフルなハーモニーに、オーディエンスは高揚した様子で聴き入っていた。

asmiを見送ったのち「びっくりした?」と笑顔で尋ねた橋口は、さらなるサプライズとして8月に東京と大阪で行うホールライブ「wacci 夏の東西 Special Live 2023」のゲストを発表。東京公演にはナオト・インティライミ、大阪公演には川崎鷹也を迎えることを明かし、ファンの期待を高めた。最後に5人はこのツアーを経た新たな出発を印象づけるように「リスタート」を披露。橋口は「あなたを信じているから続けていける、そんなバンドのすごみをこれからも見せていきたいです」と力強く宣言し、ツアーを締めくくった。

「wacci Live Tour 2023 ~growing~」2023年6月20日 Zepp DiverCity(TOKYO) セットリスト

01. wallflower
02. ピアノ線
03. 夜を越えて
04. 別の人の彼女になったよ
05. 東京24区
06. 劇
07. 空に笑えば
08. 恋だろ
09. ピント
10. 運命じゃない人
11. 東京ドリーム
12. 今日の君へ
13. 僕らの日々
14. 大丈夫
15. まばたき
<アンコール>
16. ジグソーパズル
17. リバイバル feat. asmi
18. リスタート

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

「音楽と行こう SUPER LIVE Presented by au」告知画像

KDDI主催の音楽イベント「音楽と行こう」出演者4組は

1日
「ニャンちゅう!宇宙!放送チュー!」ビジュアル (c)NHK

imase、asmi、『ユイカ』が「ニャンちゅう」新テーマソング歌唱 作詞作曲はmeiyo

10日
asmi

asmiメジャー1stアルバムリリース決定、新曲「UTAGE」を先行配信

14日
「おじゃる丸」エンディング映像より。

工藤静香「おじゃる丸」エンディングテーマ担当、wacci橋口洋平が書き下ろし

16日
WEST.

WEST.初のベスト盤発売!タイトルは「AWARD」、アリーナツアー開催も決定

2か月
wacci

wacci「薬屋のひとりごと」EDテーマ配信開始、メンバーはMV公開を盛り上げる

3か月
(c)ナタリー

年越し「CDTV」タイムテーブル公開 WEST.、トラジャ、ジェネ、坂道3グループ、ルセラ、JO1ら出演

3か月
「いきものがかりmeets」参加アーティスト

いきものがかり楽曲をビーバー、幾田りら、yama、ゆず、梅田サイファーらが新解釈でREC

3か月
WEST.

WEST.が畑芽育、濱田崇裕、中川大輔ら出演のテレ東ドラマ「パティスリーMON」EDテーマ担当

4か月
「薬屋のひとりごと」第2クールキービジュアル (c)日向夏・イマジカインフォス / 「薬屋のひとりごと」製作委員会

アニメ「薬屋のひとりごと」第2クール オープニングはUru、エンディングはwacci

4か月