JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

アーティストの“創作のお供” Vol. 6 堀江晶太が愛飲する「ウィルキンソン タンサン」

堀江晶太
7か月前2023年07月06日 9:04

常日頃よりゼロからイチを生み出す作業に従事しているアーティストたち。そんな彼らにとって創作の源になっているものとはなんだろう? そんな疑問を探る本コラム。第6回ではPENGUIN RESEARCHのベーシストとしても活躍するコンポーザーの堀江晶太に制作現場に欠かせないお供や、音楽制作におけるポリシーを聞いた。

音楽制作において欠かせない、あなたの「創作のお供」は?

ペットボトルの炭酸水「ウィルキンソン タンサン」です。

いつから愛用 / 活用していますか?

3年ほど前から、楽曲制作時のお供にずっと愛飲しています。
炭酸の刺激でリフレッシュでき、後に残る味もないので、ニュートラルな快適さで制作に集中できます。
大量にストックしているので、お酒を飲みたくなったらハイボール用にも使うなど、オンオフ問わず助けられています。

その「創作のお供」に向けてひと言伝えるとしたら?

変わらないあなたのままで居てください。

音楽制作(レコーディング、作詞、作曲、編曲 etc.)において一番大切にしているものを教えてください。

アーティストやクライアントとの話し合いや、自分自身のイメージをまとめる構想など、実際の制作に着手する前段階を一番大切にしています。
極端な言い方かもしれませんが、そのスタート地点でとことん対話して、作るべき共通のゴールを共有できていれば、あとは手を動かしていればいつの間にか曲が出来ているような感覚です。

堀江晶太(ホリエショウタ)

5月31日生まれ、岐阜県出身。10代の頃より作編曲家として活動し、上京後に音楽制作会社に入社する。2011年にボカロP・kemuとして、イラストレーターのハツ子、動画クリエイターのke-sanβ、アドバイザーのスズムからなるKEMU VOXXを結成し、動画共有サイトに楽曲を投稿。いずれも大きな反響を呼ぶ。2013年に独立して以降は、LiSA、ベイビーレイズJAPAN、茅原実里、田所あずさ、三月のパンタシア、luzらに楽曲を提供。アレンジャー、コンポーザーとしての地位を確立させる。PENGUIN RESEARCHのベーシストとして、2016年1月にシングル「ジョーカーに宜しく」でメジャーデビューし、バンドマンとしても精力的に活動中。

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

NARLOW

NARLOWのバックバンドにPENGUIN RESEARCH新保惠大、感覚ピエロ滝口大樹ら

約20時間
LiSA

LiSA「握ったメッセージのその先へ」、10年の時を経て「魔法科」新シーズンOP主題歌担当

20日
NARLOW

NARLOWが新たな楽曲制作体制へ、第1弾はPENGUIN RESEARCH神田ジョン提供

29日
PENGUIN RESEARCH(Photo by Sotaro Goto)

PENGUIN RESEARCH、全国ツアーで10都市へ

約1か月
草野華余子「産地直送vol.1」ジャケット

草野華余子が西川貴教、鈴木このみ、A.B.C-Zらへの提供曲セルフカバー 作家活動10周年記念

2か月
「MTV VMAJ 2023」出演アーティスト

「VMAJ」各賞発表、ミセスが最優秀アーティスト含む3冠 aiko&YOASOBIも2冠に輝く

3か月
原因は自分にある。「Museum:0」トラックビデオより。

楽曲提供は堀江晶太、原因は自分にある。のアリーナ公演テーマ曲「Museum:0」

3か月
luz「MONSTER'S CRY」ミュージックビデオより。

闇の科学者に扮したluzと、ゾンビの花嫁の切なくも残酷なストーリー

3か月
TRiDENT

“次世代正統派ガールズロックバンド”TRiDENT、2ndミニアルバムに堀江晶太ら参加

3か月
(c)ナタリー

今週末「Aichiアニソンフェス」3DAYS、運営側の不手際により開催中止

4か月