JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

indigo la End史上最長の制作期間を経て新アルバム「哀愁演劇」リリース、ジャケットに松本穂香

indigo la End「哀愁演劇」ジャケット
11か月前2023年08月03日 13:04

indigo la Endのニューアルバム「哀愁演劇」が10月25日にリリースされる。

「哀愁演劇」はindigo la Endにとってメジャー7枚目のアルバムで、新曲「忘れっぽいんだ」を含む全15曲を収録。DVDが付属する初回限定盤A、Blu-ray付きの初回限定盤B、CD3枚で構成される初回限定盤Cが用意される。DVDおよびBlu-rayには、昨年11月に開催されたキャリア初となる東京・日本武道館でのワンマンライブ「藍」の模様が収められる。初回限定盤Cには「藍」のライブ音源を収録したCD2枚が付属する。

本作のジャケットには松本穂香の写真が使用されている。「哀愁演劇」のリリース発表に伴い、松本が出演するティザー映像の公開がスタート。川谷絵音(Vo, G)がリリースに際して書き下ろした詩を、松本が朗読して涙を流している。川谷は「哀愁演劇」について「今までで最長の制作期間を経て、ついにアルバムが完成しました。哀愁を演じさせたら右に出るものはいない。その信念を持って作り続けました」とコメントしている。

さらに、アルバムの収録曲「忘れっぽいんだ」が8月11日に先行配信されることもアナウンスされた。

川谷絵音(Vo, G) コメント

今までで最長の制作期間を経て、ついにアルバムが完成しました。
哀愁を演じさせたら右に出るものはいない。その信念を持って作り続けました。
この期間に大量の脚本をボツにしましたが、今し方、完成稿を提出できて安堵しているところです。
「哀愁演劇」、indigo la Endというバンドの音をこれでもかというくらい“バンドのありのまま”の状態で収録しています。今までで一番生々しいアルバムになりました。開演をお楽しみに。

関連記事

「HORIPRO × ライブナタリー Presents “Baby Steps. -3rd step-”」告知ビジュアル

KIRINJIとindigo la Endの初ツーマン実現、川谷絵音も驚き「まさかKIRINJIとご一緒できるとは」

約21時間
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2024」ロゴ

「ロッキン」タイムテーブル発表、蘇我で5日間開催&115組が出演

3日
「PIA MUSIC COMPLEX 2024」ロゴ

ぴあフェス第1弾はAge Factory、ハルカミライ、フォーリミ、indigo、KANA-BOON、ラッキリ

8日
左から小林祐介、川谷絵音、関根史織。(c)テレビ朝日

The Novembers小林祐介、川谷絵音、ベボベ関根史織がどうしても語りたい4人の天才

16日
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2024」ロゴ

蘇我「ロッキン」にNumber_i、Vaundy、ポルノグラフィティ、UVERworld、あいみょん、INIら追加

17日
「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO」ビジュアル

「ライジングサン」にUVER、森山直太朗、菅田将暉、DISH//、syrup16g、Hedigan'sら追加

18日
礼賛

礼賛が“ダイヤモンドゴリラダイバー”を回るツアー開催

20日
Little Black Dress

Little Black Dressニューアルバムより新曲配信、川谷絵音作「恥じらってグッバイ」

22日
「LIVE AZUMA 2024」ビジュアル

福島「LIVE AZUMA」にクリープ、ラッキリ、スチャ、フォーリミら8組追加

約1か月
「SPACE SHOWER TV 35th ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER SPRING 2024」の様子。

春の「ラブシャ 」にスカパラや奥田民生ら23組登場、7月に特番放送決定

約1か月