JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

特別ユニットにダンスサイファー!EBiDANの新たな可能性に満員のファンが沸いた「エビライ」初日

「Burn!」のパフォーマンスの様子。
6か月前2023年08月13日 3:07

EBiDANに所属するユニットが一堂に会するライブイベント「EBiDAN THE LIVE UNIVERSE 2023」が8月11、12日に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された。

「EBiDAN THE LIVE」(通称:エビライ)は毎夏恒例となっている、EBiDANによる年に一度の一大イベント。2012年の初開催以降、年々規模を拡大しながらさまざまな会場を舞台にライブが行われてきた。今年の舞台となった国立代々木競技場第一体育館は「エビライ」史上最大規模となる会場で、全3公演という規模も過去に例がないもの。さらに、今年からライブ演出に超特急のユーキが加わり、これまでとは異なる趣向で届けられる演出の数々が、会場に集まった満員のファンを大いに楽しませた。この記事では、11日に行われた「Love & Communication」公演の模様をレポートする。

えびポン、STA*M、ONE LOVE ONE HEARTによるオープニングアクト、開場BGMとして流れていた超特急「バッタマン」で自然発生的に起こった客席からのコールで、開演前から熱気に満ちていた代々木第一体育館。過去最多、9組のメインアクトが集った2023年の「エビライ」は、この公演のために用意された新たな全体曲「Stage of the Universe」で幕を開けた。各グループごと、近未来的なイメージの衣装に身を包み、広いステージを埋め尽くすメンバーは総勢59名。レーザー瞬く演出の中で繰り広げられるグループの枠を超えたパワフルなマイクリレーは、開演早々EBiDANファンを圧倒した。

曲を終え、メンバーを代表してマイクを握ったのは、“EBiDANの長男”・超特急のリーダーであるリョウガ。「Love & Communication」「Love & Cool」「Love & Sweet」と、それぞれ異なるテーマが設けられた今年の「エビライ」全3公演の説明をしたのち、彼は「たくさんの、さまざまな愛を届けていきたいと思っています」と約束。そして、各グループの代表メンバーが順に意気込みを語り、阿久根温世(ICEx)は「今日は、ここにいるみんな、ICExのことを好きにさせます!」、吉澤要人(原因は自分にある。)は「皆さん1人ひとりと目を合わせ、心を通わせて最高の思い出を作っていきたいと思います」、高田彪我(さくらしめじ)は「ここにいる皆さんのことを“釣り”に来ました。釣っちゃうぞ!」と、それぞれの言葉でファンに語りかけた。

オープニングブロックでは、メインアクト9組が公演テーマ「Love & Communication」に沿ったとっておきの持ち曲でパフォーマンスをリレーしてゆく。4月にデビューしたばかりのLienelは公演テーマと同じタイトルを持つデビュー曲「LOVE Communication」で口火を切ると、グループカラーの紫の光の中で気合いのにじむ歌とダンスを見せ、激しくも優美に色香を漂わせてみせる。8月16日にメジャーデビューを控えるICExもデビュー曲「CANDY」をドロップし、“レトロトイポップ”な世界観をキュートなパフォーマンスで浮き上がらせる。メインステージに戻ると、今度はBUDDiiSが「YO HO」のからっと晴れやかなサウンドに乗せてオーディエンスの声を要求。「YO!」「HO!」のコール&レスポンスやハンズアップで観客との対話を楽しみ、場内を心地よい熱気で満たしていった。

随所に差し込まれたゲームの効果音が楽しい“隠れ自己紹介曲”「GOD 釈迦にHip-Hop」をドロップしたのはげんじぶ。この日のライブはひさびさのフルメンバーでの出演とあり、観測者(原因は自分にある。ファンの呼称)のコールにも力が入る中、壇上のメンバーもまた7人でステージに立つ喜びをあらわに笑顔全開のパフォーマンスで会場を盛り上げる。「おまたせ」というフレーズを「愛してるぜ!」と言い変えたのは杢代和人。約1年間、「仮面ライダーギーツ」出演のためグループ活動を制限していた彼が、曲の最後に「待っててくれてありがとう、代々木。今日から7人で活動再開します! 俺たちが原因は自分にある。でした!」と活動制限解除を堂々と発表すると、このサプライズに客席から歓喜の歓声が響きわたった。

NAOYAの「俺たちと最高のコミュニケーション取っていこうぜ!」という呼びかけでONE N' ONLY「STEP UP」がスタートすると、ワンエンのグループカラーの白い光に包まれた会場。TETTA、REI、EIKUは客席を笑顔で見つめながらさわやかな歌声を響かせ、6人がサビで挙げた手をぐるぐる回すと、オーディエンスもペンライトをぐるぐる回してこれに呼応した。ギターの音色に導かれてさくらしめじのステージが始まると、田中雅功は観客にクラップを要求。2人は雅功が作詞作曲を手がけたメッセージソング「なるため」で息ぴったりのユニゾンを聴かせ、彪我は間奏でエモーショナルなギターソロで大きな喝采を集めた。SUPER★DRAGONがさくらしめじからバトンを受け取ると、ジャン海渡は「正直お前ら、盛り上がりが足んねえよ!」とさらなる声を要求。BLUE(SUPER★DRAGONファンの呼称)を中心に青い光を灯す客席に向け、彼らは最新曲の「Reach the sky」を送り、タオルを回して場内のテンションを引き上げてゆく。体調不良であいにくの不参加となった伊藤壮吾を欠きながらも、8人でバイタリティあふれるパフォーマンスを見せたスパドラは「最高!」と告げてM!LKにバトンタッチ。そのM!LKは、壮吾と同じく体調不良で本公演を欠席した山中柔太朗の等身大パネルを抱えてセンターステージへ登場する。直立不動でパフォーマンスを見守る柔太朗の視線を背に、4人が届けたのは世界各国の言葉で幸せを叫ぶ「シアワシェイク」。底抜けに明るい歌声と煽りでEBiDANファンにハピネスを送ったのち、佐野勇斗は額に「ごめんね」と書かれた柔太朗のマスコットを客席に投げ入れるパフォーマンスで歓声を誘った。

息つく暇なく展開された“Love & Communicationメドレー”は、超特急のライブに欠かせない「超えてアバンチュール」で締めくくられる。客席全体から息ぴったりのコールが送られ、イントロから異様なまでの盛り上がりが醸成される中、この曲のセンターを張るリョウガは目、鼻、口、顔のパーツすべてを全開にした変顔でEBiDANファンの声に応える。ダンサーがひと言ずつ言葉をつないでゆく場面では、カイの「M!LKです!」、リョウガの「スパドラです!」に続くタクヤが「……NAOYAです!(笑)」と実弟の名前を叫んで観客を沸かせる場面も。リョウガに手を引かれてセンターに立ったハルは、気合いの“ソイヤ!ポーズ”を連発して大暴れしていた。

全EBiDANファンが「リョウガに捧げるアイラブユー!」の声でひとつになったところで、「エビライ」恒例企画のシャッフルユニットコーナーへ。公演ごとに異なる2組が登場する趣向で、「Love & Communication」公演にはBUDDiiSのシャッフルユニット「BUNNiiS」とスパドラのシャッフルユニット「ULTRA★DRAGON」が登場した。BUNNiiS「Under The Sea」には、MORRIE役のTETTA(ONE N' ONLY)、KEVIN役のタカシ(超特急)、SHOOT役の武藤潤(原因は自分にある。)と各グループの歌自慢たちが集結。それぞれのグループで聴かせる歌声とはひと味違う、クリーンで柔らかなボーカルで会場にさわやかな風を運ぶ。FUMIYA役を松村和哉(SUPER★DRAGON)が担当するという“同い年シャッフル”も観客を楽しませる中、10人は楽しげに体を揺らして客席一面にハンドウェーブの波を巻き起こした。

ULTRA★DRAGONの9人が届けたのは「Mada' Mada'」で、ジャン海渡役の桜木雅哉(原因は自分にある。)は「俺たちがULTRA★DRAGONだ!」と、初っ端から気合いたっぷりに咆哮。シャッフル初参加となる松村和哉役の高岡ミロ(Lienel)も巧みなラップで存在感を光らせ、志村玲於役のSHOW(BUDDiiS)や飯島颯役のマサヒロ(超特急)はダイナミックなダンスで観衆の視線を奪う。そして、古川毅役の曽野舜太(M!LK)と池田彪馬役の彪我は、自身のグループでは滅多に聴かせることのない熱いシャウトを響かせ、むき出しのパッションでボーカルを務め上げた。

今年の「エビライ」では、各グループの個性のみならず、EBiDANに集うメンバー個々の個性や特技が輝くシーンも随所に用意された。タカシ、シューヤ(超特急)、吉田仁人(M!LK)、古川毅(SUPER★DRAGON)、雅功、TETTA、潤、MORRIE(BUDDiiS)というボーカルスキルに長けた面々が「OCTAVE」というユニットとしてステージに立って届けたのは、「Sunset」というミドルバラードナンバー。TETTAと毅、雅功とシューヤ、潤と仁人、そしてタカシとMORRIE。普段は聴くことのできないペアが順にハーモニーを響かせる曲展開に聴衆がじっと耳を傾ける中、8人は調和の取れた美しく豊かなボーカルで満員の客席を魅了した。

全体曲「恋心」で再び全出演者がステージにそろうと、メンバーは次々にステージを降りて客席のあちこちへ。過去に類を見ない「エビライ」での“客席降りパフォーマンス”に場内が騒然とした空気に包まれる中、メンバーは広い会場のあちこちでファンと笑顔を交わす。げんじぶの盛り上げ隊長・大倉空人(原因は自分にある。)は「まだまだ盛り上がっていく準備できてますか!?」と呼びかけ、TETTAも「まだまだみんなの声聞かせてくれ!」とオーディエンスに訴えた。

カイとFUMINORI(BUDDiiS)の進行のもと、タクヤ、勇斗、田中洸希(SUPER★DRAGON)、彪我、和人、SHOOT(BUDDiiS)、志賀李玖(ICEx)、近藤駿太(Lienel)が「タオル相撲」なる競技で“コミュニケーション”を楽しんだ「客席のみんなの声をわしづかみ! キュンキュンコーナー」を経て、ライブは「前略、道の上より」で後半パートへ。一世風靡セピア「前略、道の上より」をEBiDAN全体でカバーしたこの曲は、今年いっそう顕著になったEBiDANのグループの垣根を越えた連帯を象徴するような楽曲だ。同曲のミュージックビデオと同じ、モノトーンのスーツでメインステージに集った59名は、ユーキをセンターに据えた三角形の陣形でダイナミックな群舞を見せる。がっしりと腰を落としたポーズで猛々しく「素意や!」の声を響かせ、力強い一体感で客席を圧倒したメンバー。曲を終えると、タカシは「EBiDANをもっと盛り上げていこう、という気持ちでやらせていただきました。1曲で汗だくです!」と笑顔を見せ、潤も「めちゃくちゃ力強い曲を皆さんの前で披露できて、めちゃくちゃ楽しかったです。これからも、ソイヤしていきましょう!」と続いた。

そして、ここからはその「前略、道の上より」のリリースタイミングで行われたキャンペーン「EBiDANドリームマッチ」の結果に基づいたコーナーが展開される。ファン参加型で行われた同企画で上位2位にランクインしたスペシャルユニットと、くじ引きで“ピタリ賞”を当てたスペシャルユニット、計3組が、それぞれのユニットのために用意された新曲を披露した。ピタリ賞で楽曲披露権をもぎとった「韓流好きユニット」による「Invader」、2位にランクインしたEBiDAN西日本出身メンバーによる「西日本ユニット」が歌う「青春~珍道中~」を経て、見事1位を獲得したEBiDAN内の兄弟3組による「兄弟ユニット」は、疾走感あふれる「Run Up!!!!!!」を初披露。タクヤ&NAOYAの草川兄弟、HAYATO(ONE N' ONLY)&FUMIYA(BUDDiiS)の高尾兄弟、MORRIE&SHOOTの森兄弟はそれぞれリンクコーデでステージに姿を見せ、森兄弟の息ぴったりのハーモニーに乗せてエネルギッシュなダンスを披露した。兄弟ペアで届けられるダンスは背中を預け合ったり手を取り合ったりとバディ感満載。惜しげもなく仲のいい様子を見せる高尾兄弟の一方で、草川兄弟は照れ笑いを浮かべながらお互いにちょっかいをかけ合う。3組それぞれ、形の異なるブラザーフッドは、会場に温かなムードをもたらした。

スペシャルユニットのコーナーを終え、場内の雰囲気を塗り替えたのはステージ上段に特設されたDJブースに現れたさくらしめじの2人。“DJ彪我”がスピンするアッパーなEDMでハンズアップを要求した“MC雅功”は、「次はユーキくんプロデュースのコーナー。まだまだ盛り上がっていくぞ!」と思い切り叫んだ。今回の「エビライ」の演出担当にして、超特急のダンスリーダーでもあるユーキが用意したのは、各グループのダンスの精鋭たちを集めたダンスサイファーのコーナー。ストリートファッションに身を包んで登場したユーキ、マサヒロ、アロハ(超特急)、塩崎太智(M!LK)、志村玲於(SUPER★DRAGON)、HAYATO、EIKU、長野凌大(原因は自分にある。)、FUMINORI、FUMIYAは迫力あふれるフォーメーションダンスで観衆を圧倒したのち、MC役のジャンとEBiDANのビートボクサー・洸希が待つセンターステージに歩みを進めてサイファーをスタートさせる。洸希が自在に繰り出すビートに乗せて繰り広げられたダンスバトル前半では、軽やかでスピーディなフットワークでステージを舞う凌大、アクロバティックに体を弾ませながら想像を超えるアクションを見せるアロハ、パワフルな躍動で圧倒的スキルを見せつけるマサヒロなど、各メンバーがベクトルの異なる個性を輝かせる。ダンスフィールドの熱気がぐんぐんと高まっていく中、“最終兵器”とばかりにラストにコールされたのは、EBiDAN NEXT(研究生)の荘司亜虎。ユーキがフックアップした新星は、彼を囲む先輩たちに負けず劣らずのパワフルかつダイナミックなパフォーマンスを披露し、会場中から大きな喝采を集めてみせた。

「ここからがラストスパートです!」。雅功のひと言からさくらしめじ「青春の唄」が届けられるとライブも佳境。フィナーレへと向かう最後のセクションでは、グループ同士のコラボが次々と展開される「EBiDANスペシャルメドレー」が届けられた。雅功と彪我が力強い歌声を響かせるその後ろにはLienelとICExがフラッグを手に登場し、カラーガードの鮮やかな旗さばきでさくらしめじの2人のハーモニーを彩る。BUDDiiSがセンターステージで披露した「Magic」には、曲途中からげんじぶの7人が登場。花道に広がってBUDDiiSメンバーの歌声をダンスで盛り上げ、楽曲の幸福感あふれるムードを加速させた。BUDDiiSとげんじぶが“攻守交代”して「原因は自分にある。」へと進むと、今度はBUDDiiSの面々が花道に並んでダンサー役に。7人の“完全体”で代表曲を披露するげんじぶメンバーのまとうオーラは気迫にあふれ、ステージビジョンに顔をアップで抜かれた雅哉はターンと同時に表情を変化させてニヤリと微笑。そして和人は、潤が歌う「沈黙(サイレンス)で」に合わせて唇に舌を這わせる扇情的な表情をカメラに向け、客席からの歓声を欲しいままにしていた。

各グループがとびきりのキラーチューンを歌いつないだメドレーは、超特急「Burn!」でフィニッシュ。超特急の9人は、昨年末の代々木第一体育館ワンマンでお披露目した9色のカラースーツ姿でEBiDANメンバーの先頭に立ち、ステージに立ち並ぶ全EBiDANメンバーを巻き込んでの“バッテンダンス”でこの日一番の一体感を作り上げた。本編のラストナンバーを前に、ユーキは「壮吾と柔太朗、欠席になってしまった2人の気持ちも背負って届けたいと思います。皆さんと一緒に大きなEBiDANを作っていきましょう!」と呼びかける。「Let’s get started!」と歌い上げるタカシの高らかな声とともに披露された「New day! New wave! 2023」ではステージ前方から紙吹雪が何度も噴き上がり、ステージに立つ59人は柔らかな笑みで前を見据えながら、最後にこの曲を歌い届けた。

「恋のDing Dong」でアンコールがスタートすると、勢いよくステージへと飛び出したEBiDANメンバーはそのまま客席通路へも歩みを進める。2階席には6台のトロッコも登場し、メンバーはファンのすぐ近くで笑顔や歌声を届けて感謝を伝えた。そのままラストナンバー「Believe yourself」へと進むと、EBiDANメンバーたちは笑い合ったり、肩を組んだり。グループの垣根を越えたコミュニケーションを最後まで楽しみ、温かな一体感で会場を満たす。改めて全員がラインナップしたところで、9組の代表は締めの挨拶。げんじぶ代表の和人は「今日から7人での活動を再開します!」と改めて伝え「ここからまた新たにがんばっていこうと思います。最高でした、ありがとうございます!」と思いを語る。彼に続いたワンエン代表のTETTAは「代々木というでっかい舞台でみんなのかわいいお顔を間近で見られてうれしかったです。ホントに素敵でした」と観客に伝えた。

また、昨年の「EBiDAN THE LIVE」をもってEBiDANを卒業したDISH//から「楽器隊を任せた」と後任を託されていたさくらしめじの雅功は「全体曲でギターを演奏させてもらったことがうれしかった」と語り「EBiDANの楽器隊としてがんばっていきたいです」と誓う。最後にバトンを受け取ったカイもまた「DISH//が卒業して初めての『エビライ』だし、自分たちが背中を見せていければ」と最年長グループとしての責任を口にし「もっと盛り上げていきたいという思いをこめてパフォーマンスさせていただきました。それが届いていたらうれしいし、EBiDANという存在がもっと広がっていけたらうれしい」と、ファンに思いを語っていた。

「EBiDAN THE LIVE UNIVERSE 2023」2023年8月11日 国立代々木競技場第一体育館 セットリスト

Love & Communication

01. Stage of the Universe / ALL
02. LOVE Communication / Lienel
03. CANDY / ICEx
04. YO HO / BUDDiiS
05. GOD 釈迦にHip-Hop / 原因は自分にある。
06. Step Up / ONE N' ONLY
07. なるため / さくらしめじ
08. Reach the sky / SUPER★DRAGON
09. シアワシェイク / M!LK
10. 超えてアバンチュール / 超特急
11. Under The Sea / BUNNiiS
12. Mada' Mada' / ULTRA★DRAGON
13. Sunset / タカシ(超特急)、シューヤ(超特急)、吉田仁人(M!LK)、古川毅(SUPER★DRAGON)、田中雅功(さくらしめじ)、TETTA(ONE N' ONLY)、武藤潤(原因は自分にある。)、MORRIE(BUDDiiS)
14. 恋心 / ALL
15. 前略、道の上より / ALL
16. Invader / 韓流好きユニット:カイ(超特急)、塩崎太智(M!LK)、池田彪馬(SUPER★DRAGON)、HAYATO(ONE N' ONLY)、吉澤要人(原因は自分にある。)、SHOOT(BUDDiiS)
17. 青春~珍道中~ / 西日本ユニット:タカシ(超特急)、マサヒロ(超特急)、ハル(超特急)、吉田仁人(M!LK)、塩崎太智(M!LK)、曽野舜太(M!LK)
18. Run up!!!!!! / 兄弟ユニット:タクヤ(超特急)&NAOYA(ONE N' ONLY)、HAYATO(ONE N' ONLY)&FUMIYA(BUDDiiS)、MORRIE(BUDDiiS)&SHOOT(BUDDiiS)
19. サイファーバトル / ユーキ(超特急)、マサヒロ(超特急)、アロハ(超特急)、塩崎太智(M!LK)、志村玲於(SUPER★DRAGON)、ジャン海渡(SUPER★DRAGON)、田中洸希(SUPER★DRAGON)、HAYATO(ONE N' ONLY)、EIKU(ONE N' ONLY)、長野凌大(原因は自分にある。)、FUMINORI(BUDDiiS)、FUMIYA(BUDDiiS)、荘司亜虎(EBiDAN NEXT)
20. 青春の唄 / さくらしめじ with ICEx・Lienel
21. Magic / BUDDiiS with 原因は自分にある。
22. 原因は自分にある。 / 原因は自分にある。 with BUDDiiS
23. Category / ONE N' ONLY with SUPER★DRAGON
24. Monster! / SUPER★DRAGON with ONE N' ONLY
25. 奇跡が空に恋を響かせた / M!LK with SUPER★DRAGON・ONE N' ONLY
26. Burn! / ALL
27. New day! New wave! 2023 / ALL
<アンコール>
28. 恋のDing Dong / ALL
29. Believe yourself / ALL

シャッフルユニットメンバー

BUNNiiS

FUMINORI役:ジャン海渡(SUPER★DRAGON)
MORRIE役:TETTA(ONE N' ONLY)
KEVIN役:タカシ(超特急)
SEIYA役:SEIYA(本人)
YUMA役:YUMA(本人)
HARUKI役:HARUKI(本人)
TAKUYA役:飯島颯(SUPER★DRAGON)
FUMIYA役:松村和哉(SUPER★DRAGON)
SHOOT役:武藤潤(原因は自分にある。)

ULTRA★DRAGON

志村玲於役:SHOW(BUDDiiS)
古川毅役:曽野舜太(M!LK)
ジャン海渡役:桜木雅哉(原因は自分にある。)
飯島颯役:マサヒロ(超特急)
田中洸希役:田中洸希(本人)
伊藤壮吾役:TAKUYA(BUDDiiS)
池田彪馬役:高田彪我(さくらしめじ)
松村和哉役:高岡ミロ(Lienel)
柴崎楽役:NAOYA(ONE N' ONLY)

※塩崎太智の崎は、たつさきが正式表記。
※高田彪我の高は、はしごだかが正式表記。

関連記事

「好きなオトコと別れたい」キャスト (c)「好きなオトコと別れたい」製作委員会

ファンタ木村慧人がハイスペ後輩、超特急・柏木悠はバンドマンに 堀田茜主演ドラマ「スキワカ」で

約18時間
「EBiDAN愛を示せ! OSE! OSE! 早押しメンバークイズ」の様子。

「ダンエビ」今週はEBiDAN愛深まるクイズ大会!グループ超え明かされる素顔のエピソードに騒然&爆笑

1日
草川拓弥フォトブック「辻褄」楽天ブックス限定の特典ポストカード。(撮影:前康輔)

超特急・草川拓弥のフォトブック「辻褄」特典には“こだわりのモノクロ”ポストカード

2日
「超特急オフィシャルカレンダー2024.4-2025.3」通常版表紙(c)SDP

超特急、9人体制初のカレンダー完成 ハルの誕生日に発売

6日
「恋愛戦略会議」の新たな出演者。

草川拓弥「今回はエリート好青年スーツ男です」フジの4夜連続ドラマで齊藤京子が憧れる先輩社員に

7日
超特急の新しいアーティスト写真。

9人で“らしさ”を再定義&アップデート!超特急、1st EP「Just like 超特急」リリース決定

7日
超特急

EBiDAN最強の福男は誰?「ダンエビ」全62名の運勢まるわかりランキングで歓喜&落胆の嵐

8日
ONE N' ONLY

ONE N' ONLY、ドラマ「ブラックガールズトーク」ED主題歌のジャケ写公開

8日
草川拓弥フォトブック「辻褄」表紙(撮影:前康輔)

「教えてほしい、僕のこと。」草川拓弥のフォトブック、表紙は彼の澄んだ瞳

9日
上段左から松井愛莉、加藤史帆(日向坂46)、下段左から小笠原海(超特急)、堀家一希、池田鉄洋。(c)「これから配信はじめます」製作委員会

日向坂46加藤史帆が脱力系ライバー、超特急・小笠原海がメイク系ライバー演じるドラマ放送

9日