JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

syudou初ツアー完走「武道館でまた集合したいと思ってます」

syudou(Photo by Shingo Tamai)
8か月前2023年09月05日 11:02

syudouの全国ツアー「syudou Live Tour 2023『露骨』」の最終公演が、8月31日に東京・Zepp DiverCity(TOKYO)にて行われた。

「syudou Live Tour 2023『露骨』」は、syudouが6月にリリースした1stアルバム「露骨」を携えて行ったツアー。8月24日に大阪・Zepp Namba(OSAKA)、25日に愛知・DIAMOND HALL、31日にZepp DiverCity(TOKYO)でライブが開催され、最終公演でsyudouはパワフルなパフォーマンスを披露してファンを沸かせた。

開演時刻を過ぎると、SEに乗せた「露骨、始めます」という言葉とともにsyudouとバンドメンバーが登場。syudouはホリエマム(Dr)、長島涼平(B / フレンズ、ex. the telephones)、Kuboty(G)、モチヅキヤスノリ(Key)という、ファンにはおなじみのバンドメンバーとともに「狼煙」をパフォーマンスした。続けて「夏の最後のいい思い出を一緒に作りたいと思ってますんで、よろしくお願いします!」と告げ、「へべれけジャンキー」へ。エクステを付けネックレスを首に下げたsyudouがステージを所狭しと動き回りながら歌い、サビではオーディエンスの「乾杯!」というコールを巻き起こして、場内に一体感を生んだ。

syudouは「一番伝えたいのは、今日を最高の夏にしようって話! 熱いライブやろうと思います」と宣言し、「たりねぇ」「いらないよ」「アンチテーゼ貴様 -改-」を畳みかけるように披露。syudouが「跳ぼうぜ、東京!」と呼びかけるとオーディエンスのジャンプで会場が揺れる。「ギンギラギン」ではミラーボールの光にフロアが照らされ、syudouが真っ赤な照明を浴びながらシャウトした。

MCでsyudouはこの日が初音ミクの誕生日であることに触れつつ「彼女へのリスペクトを込めて」と前置きして、ボカロPとして発表してきた楽曲を続けてパフォーマンス。「フラミンゴ」では初音ミクカラーのギターをかき鳴らし、「ビターチョコデコレーション」ではハンドクラップを誘い一体感を生み出した。syudouが「次の曲も一緒に歌おうぜ」と声をかけてから歌唱した「邪魔」では、場内にファンの大合唱が響いた。酒をモチーフにした「コールボーイ」ではsyudouが片手にグラスを持ちながら歌唱してオーディエンスの目線を奪った。

syudouはZepp DiverCity(TOKYO)はさまざまなライブを観た思い入れのある会場だというエピソードを語りつつ、目薬を差す。お決まりの仕草で客席から歓声が上がったところで、syudouが会社を辞めたときに作った曲だという「笑え」を披露。原曲よりもさらにストレートで無骨にアレンジされたサウンドに乗せ、syudouは力強く歌い上げた。

後半はsyudouがシンガーソングライターとしての思いを伝えるエモーショナルな楽曲が用意された。syudouは「今、幸せなことはたくさん起きてるんですけど、それでもしんどいことがたくさんありまして」と現在の思いや劣等感を抱えていることを明かす。その後「向き合った先にある景色っていうのは、向き合い続けた人間にしか見えないと思ってまして」と語ってからドラマチックな「恥さらし」を歌唱。さらに間髪をいれず「取扱注意」で早口のフロウを披露した。

syudouは「アルバムを作ろうとなったときに、ただカッコつけてるだけじゃない、誠心誠意、皆さんと正直に向き合った曲を作りたいと思って、『恥さらし』とかアルバムの曲を作らせていただいて。そういうまっすぐに自分の内面を出すという意味で『露骨』というタイトルにさせていただきました。お客さんとの強固な信頼関係が築けたと思います」と語り、その言葉に応えるように歓声と拍手が響いた。

アンコールでsyudouは、Ayase、syudou、すりぃ、ツミキの同世代ボカロPが集結したユニット・DREAMERSによるコンピレーションアルバム「龍宮城」に収録されている新曲「やっちゃったわね」を披露。さらにテレビアニメ「チェンソーマン」第5話エンディングテーマ「インザバックルーム」でオーディエンスを盛り上げた。

会場が熱気に包まれる中、syudouは「また絶対にツアーをやりたいと思ってるから、そのときはみんなまた、一緒に来てくれますか? まだまだデカい夢はあるんで、いずれやるであろう武道館でまた全員集合したいと思ってます」と展望を語る。その後「みんなマジ人生がんばってこうな!」と呼びかけ、ラストに「結局」を歌ってライブを締めくくった。

「syudou Live Tour 2023『露骨』」2023年8月31日 Zepp DiverCity(TOKYO) セットリスト

01. 狼煙
02. へべれけジャンキー
03. たりねぇ
04. いらないよ
05. アンチテーゼ貴様 -改-
06. ギンギラギン
07. フラミンゴ
08. ビターチョコデコレーション
09. 邪魔
10. コールボーイ
11. 笑え
12. 恥さらし
13. 取扱注意
14. ギャンブル
15. アタシ
16. 笑うな!
17. 爆笑
<アンコール>
18. やっちゃったわね
19. インザバックルーム
20. 結局

関連記事

the telephones「Life Is a D.A.N.C.E.」配信ジャケット

the telephones、19曲入りフルアルバムの収録内容発表

7日
the telephones「Mirror Ball Disco!!!!!!!」配信ジャケット

the telephonesが10日間10曲連続リリース企画スタート、第1弾はライブで人気のダンスチューン

15日
「フレンズのフレンズ大集合!- 10年目のスタートは渋谷でコラボ祭 -」告知ビジュアル

フレンズのフレンズ大集合!石崎ひゅーい、TEAM SHACHI咲良菜緒、CENT、土岐麻子ら出演

23日
「sumika Live Tour 2024『FLYDAY CIRCUS』」神奈川・ぴあアリーナMM公演の様子。(撮影:後藤壮太郎)

sumika「FLYDAY CIRCUS」閉幕、“声”を取り戻したサーカス小屋に広がった笑顔

25日
「高見沢俊彦 COKKY(古希)パーティー」より。(c)BS朝日

高見沢俊彦の古希祝い!BREAKERZ・SHINPEI、KEYTALK小野と八木らがグルメ振る舞う

約1か月
the telephones、4s4ki「Pink Gang」ジャケット

the telephonesが4s4kiとのコラボ曲「Pink Gang」配信、結成19周年で19曲入りアルバム発売

約1か月
左からsyudou、RYOKI(BE:FIRST)。

syudou×RYOKIコラボ曲、共闘する2人の主人公描いたミュージックビデオ公開

約1か月
syudou×RYOKI

syudouとBE:FIRST・RYOKIのコラボ曲が野球中継テーマソングに

約2か月
the telephones

the telephonesの旅路を祝う、キャッチーでエモーショナルな新曲配信

約2か月
「VIVA LA ROCK 2024」ロゴ

「ビバラ」最終発表でペトロールズ、フレデリック、BREIMEN、秋山黄色ら追加&タイムテーブル公開

約2か月