JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

豆柴の大群、ベスト10楽曲を当てるのに4時間かかり33曲披露 クロちゃんも必死

豆柴の大群(Photo by sotobayashi kenta)
9か月前2023年10月01日 5:07

豆柴の大群が昨日9月30日に東京・恵比寿ザ・ガーデンホールでライブイベント「豆柴の大群のザ・ベスト10~10曲当てるまで帰れません~」を開催。グループのアドバイザーであるクロちゃん(安田大サーカス)も参加した。

開始早々 クロちゃんの口臭が

この企画は豆柴の大群の持ち曲である全54曲のタイトルが書かれたボールの中から、デジタル配信再生回数が上位10位の曲を引くまで、引き当てた楽曲を披露し続けるというものだ。クロちゃんとともにトークやゲームも行うエンタメ色の強い内容でありつつも、メンバーはどの曲をパフォーマンスするかボールを引くまでわからないまま。そんな内容のステージに向け、日夜練習に励んできた6人がその成果を発揮する場にもなった。なおこの模様は豆柴の大群のYouTube公式チャンネルで生配信された。

イベント前日にYouTubeで生配信されたメンバー同士のクイズ対決にて、ミユキエンジェルが敗北。このため、ミユキエンジェルのみ罰ゲームとして“クロちゃんの口臭付きマイク”を使うことになった。そんな中、最初にメンバーが引いた曲は「まめのうた」、続いてナオ・オブ・ナオのソロ曲である「FLASH BACK」を引くもどちらもランク外。そしてボールを3個まとめて引いて、3曲連続で披露するという流れになってからは、「MUST GO」「今」「魔法の言葉」「PUT YOUR HANDS UP」「CHANGES」「ドンクサハッピー」を引くも、今回の企画における「ベスト10」からはすべて圏外だった。「ドンクサハッピー」は今年1月加入のレオナエンパイアが披露前に若干の不安があることを口にするも、無事に歌い踊った。

どの曲がトップ10なのか予測不能なまま……

イベント開始から1時間で8曲を引くもすべてランク外。ここから楽曲の合間に「クロチャンスタイム」が導入され、まず豆柴は制限時間96秒の“お玉ピンポン運びリレー”に挑戦した。やや運動音痴なナオ・オブ・ナオが「私、タマは苦手で……」と顔を曇らせたが、6人は順調にリレーしていき、クロちゃんの妨害にも負けずにゴール。罰ゲームの“クロちゃんの口臭付きマイク”を回避した。ボール引きに戻り、ライブ定番曲「そばにいてよ Baby angel」、代表曲の「豆柴の大群 -お送りするのは人生劇場-」が選ばれるもランク外。ハナエモンスターは代表曲のトップ10入りがないことに「こんなことある?」と驚きを隠せない。続く「MOTiON」もランク外だったため、トップ10にどの曲が入っているのか予測不能な状態になった。ここで改めてクロちゃんからはこのランキングが各種音楽配信サービスにおける楽曲再生数をもとにしたものであると説明があった。全54曲中のトップ10楽曲を引き当てられない豆柴だったが、14回目のボール引きで引いた楽曲「恋のかけ算 ABCDEFG」が8位で、初めてのランクイン曲を引き当てた。その後、ステージ上でのボウリングチャレンジではハナエモンスターが一発でストライクを出し、ご褒美として、ベスト10に入った楽曲の書かれたボールが1個ずつ追加された。これで当選率は約1.7倍になった。

開演から4時間 ついに企画達成へ

その後も豆柴はボールを次々に引いていき、2位の「らぶ地球」、6位「昨日は戻らない」、7位「豆んJOY」を含め、計23曲をパフォーマンスした。続く「クロチャンスタイム」で玉入れを行い、達成条件の50個を超える玉をカゴに投げ入れた。その後、玉を数える際に玉入れに使った玉を客席に投げ入れる場面では、ハナエモンスターがフロア最後部の観客にボールを投げ入れ、レオナエンパイアが勇ましい声とともに遠投。さらにモモチがステージ近くの豆粒(豆柴の大群ファンの呼称)にライナー性の玉を投げるなど、さまざまだった。

イベントはその後も続き、26曲目「君以外にモテたい」をパフォーマンスしたところで3時間が経過。「クロチャンスタイム」ではモモチ・ンゲールがお題に対してジェスチャーをして、それをほかのメンバーが当てるというゲームが行われ、ナオがお題「平野ノラ」をすぐに当てるなど奮闘してクリアした。時間の都合もあり、“トップ10のボールだけが入った金の箱”からボールを1回引く権利がご褒美として用意され、ミユキエンジェルが9位「大丈夫サンライズ」を引き当てた。しかし通常の箱からアイカ・ザ・スパイはランク外の「D.E.A.D」を引いてしまい、なかなか10曲を当てられない一同。クロちゃんも「持ち曲54曲のうち29曲って! 半分以上を披露して、持久戦になってきましたよ!」とレポートした。

終わりが見えない中、さらなる「クロチャンスタイム」では口でマシュマロキャッチができた数だけ、金のボックスからボールを引けるという特別ルールが採用された。6人は口を大きく開けてクロちゃんが放つマシュマロをキャッチするべく奮闘。4個のマシュマロキャッチに成功した。トップ10楽曲が残り4曲だったため、これで企画クリアが決定。ラストに引いた曲は、すべてトップ10以内の「サマバリ」「桜色」「走れ豆柴」「お願いキスミー」の4曲だ。早速ライブモードに入った豆柴は、ラストスパートとばかりにこの4曲を続けて披露。開演から約4時間、全33曲を披露して企画を終えた。メンバーはそれぞれ想像以上に時間がかかったことを振り返る中、アイカ・ザ・スパイは「新メンバーを含めて、初めて披露した曲もあったので、練習した甲斐がありました」としみじみ。モモチ・ンゲールも「この企画だからこそ、この6人で披露できる曲もあってよかった」と笑顔を見せた。ミユキエンジェルは“クロちゃんの口臭付きマイク”をにぎったままライブを続けたため、最後に「クロちゃんの口臭、本当に臭いよ!」と叫んだ。

意味深タイトルのワンマン「ら:すたーと」開催を発表

終演間際、クロちゃんは12月24日に東京・ステラボールで豆柴の大群の結成4周年記念ライブ「ら:すたーと」の開催を発表。タイトルの意味について、「ラスト、スタートの2つがかかっています。なんでこの名前かと言うと、去年の豆柴の合宿(「豆柴の大群なりの合宿」)があり、グループの活動について渡辺淳之介(WACK代表)から1年間の猶予期間をもらった。だから、4周年記念ライブで答えが出るんじゃないですかね」と示唆し、「去年からがんばってきた1年の集大成をしっかり見せて、渡辺さんに『豆柴の大群、本当によくなったな』って思わせましょう!」とメンバーを鼓舞した。さらにクロちゃんは「正直、BiSHが解散しましたけど、その次に来るのは豆柴だと思っています!」と期待を込めてコメント。ナオ・オブ・ナオは「悲しいとか不安な気持ちになるのは違うと思う。楽しく明るくポジティブに12月24日を迎えたいと思います!」と意気込んだ。

セットリスト(トップ10楽曲のみ順位付き)

豆柴の大群「豆柴の大群のザ・ベスト10~10曲当てるまで帰れません~」2023年9月30日 恵比寿ザ・ガーデンホール
01. まめのうた(ランク外)
02. FLASH BACK(ランク外)
03. MUST GO(ランク外)
04. 今(ランク外)
05. 魔法の言葉(ランク外)
06. PUT YOUR HANDS UP(ランク外)
07. CHANGES(ランク外)
08. ドンクサハッピー(ランク外)
09. そばにいてよ Baby angel(ランク外)
10. 豆柴の大群 -お送りするのは人生劇場-(ランク外)
11. MOTiON(ランク外)
12. MAMESHiBA ON THE STAGE(ランク外)
13. 間違いだらけのヒーロー(ランク外)
14. 恋のかけ算 ABCDEFG(8位 / 2097回再生)
15. DADDY(ランク外)
16. LUCKY!!(ランク外)
17. らぶ地球(2位 / 3606回再生)
18. kill me holy slowly(ランク外)
19. 昨日は戻らない(6位 / 2284回再生)
20. MUST CHANGE(ランク外)
21. 豆んJOY(7位 / 2213回再生)
22. 僕だけの回答(ランク外)
23. ろけっとすたーと(ランク外)
24. りスタート(1位 / 9999回再生)
25. やったぁ!クリアだ!おめでとぉ!(ランク外)
26. 君以外にモテたい(ランク外)
27. 大丈夫サンライズ(9位 / 2076回再生)
28. D.E.A.D(ランク外)
29. 嫌われた勇気(ランク外)
30. サマバリ(3位 / 2741回再生)
31. 桜色(4位 / 2642回再生)
32. 走れ豆柴(5位 / 2307回再生)
33. お願いキスミー(10位 / 1997回再生)

豆柴の大群4周年記念ライブ「ら:すたーと」

2023年12月24日(日)東京都 ステラボール

豆柴の大群 ライブイベント

2023年10月15日(日)大阪府 YES THEATER
[1部]豆柴の大群のかわいいが好きなの?
OPEN 13:30 / START 14:00

[2部]豆柴の大群のかっこいいが好きだろ?
OPEN 17:00 / START 17:30

2023年11月18日(土)愛知県 今池ガスホール
[1部]豆柴の大群のかわいいが好きなの?
OPEN 13:30 / START 14:00

[2部]豆柴の大群のかっこいいが好きだろ?
OPEN 17:00 / START 17:30

関連記事

「無茶しないと、WACK WACKできない。」キャンペーンビジュアル

「無茶しないと、WACK WACKできない。」キャンペーン、全国で“無茶本”配布&6都市かくれんぼ開催

5日
向井康二と博多華丸・大吉、千鳥、かまいたち、ダイアン、宮川大輔。(c)カンテレ

Snow Man向井康二「華大さんと千鳥くん」で爆食

9日
Hi-yunk「MUSIC FROM CHAOS」配信ジャケット

Hi-yunkが提供曲のセルフカバー収めたアルバム発表 Do As伴都美子らゲストボーカル迎えた曲も収録

25日
「FNS27時間テレビ」の「100kmサバイバルマラソン」ランナー。(c)フジテレビ

塚田僚一、藤咲彩音、後上翔太、佐野文哉「27時間テレビ」マラソンに挑戦

25日
7ORDER。左端が阿部顕嵐。

7ORDER阿部顕嵐が俳優活動に専念、グループには引き続き所属

28日
BiS

BiSのマネジメント体制変更、“自給自足アイドル”に原点回帰することに

3か月
「WACK in the U.K. Vol.2」集合写真(Photo by Hiroo Nishizawa)

3度目の「WACK in the U.K.」開催決定!夏のロンドンにASP、BiS、豆柴都内が集結

3か月
ミク(豆柴の大群都内某所 a.k.a. MONSTERIDOL)

「水ダウ」発アイドル・豆柴の大群都内某所 a.k.a. MONSTERIDOLのミク、持病悪化でイベント欠席

3か月
豆柴の大群都内某所 a.k.a. MONSTERIDOL「MONSTER NiGHT ONE MORE NiGHT」告知ビジュアル

豆柴の大群都内某所 a.k.a. MONSTERIDOL、シングル初回盤に12時間超えライブ&ドキュメンタリー収録

3か月
BiSがサポーターを務めるビッグエコー「パーティーコース」ポスター。

BiSがビッグエコーのパーティーコースサポーター就任、AxSxEプロデュース曲が応援ソングに

4か月