JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

夢を殺して大きな夢へ、大森靖子キルムツアー完遂「これからは川になろうって決めました」

「大森靖子 KILL MY DREAM TOUR 2023」東京・昭和女子大学人見記念講堂公演の様子。(Photo by Masayo)
5か月前2023年10月07日 3:06

大森靖子のワンマンツアー「大森靖子 KILL MY DREAM TOUR 2023」のファイナル公演が10月1日に東京・昭和女子大学人見記念講堂にて開催された。

6月から10月まで、およそ4カ月をかけて19公演を実施した大森。ファイナル公演はsugarbeans(Key)、設楽博臣(G)、千ヶ崎学(B)、張替智広(Dr / キンモクセイ)、宇城茉世(Cho, Per / MAPA)からなる“四天王バンド”に加え、ダンサーに山之口理香子、ゲストに藍染カレン(METAMUSE)を迎えてパフォーマンスが繰り広げられた。

大森が演奏するテクラ・バダジェフスカのピアノ曲「乙女の祈り」がSEとして流れ始めると、フロアはサイリウムのライトでピンク色に染められ、厳かなムードが漂い始める。四天王バンドとともに舞台へと登場した大森が「私の部屋にようこそ!」とオーディエンスを歓迎すると、「ミッドナイト清純異性交遊」でライブの火蓋を切った。大森たちは前半「マジックミラー」「新宿」など、長年ライブで披露されてきた代表曲を中心にプレイ。四天王バンドがストイックに演奏を行う中、宇城は大森と同じ振り付けで踊ったり、盛んに手拍子を催促したりと、観客たちの応援をリードするようなステージングでサポートした。

「イミテーションガール」披露後、大森はファンが着用しているツアーTシャツについて語り、プリントされている「大森靖子はいいぞ」という言葉でコール&レスポンスを展開。すると山之口と藍染がおもむろにステージへと現れ、藍染による和太鼓の演奏に合わせて「大森靖子めっかわ音頭」が届けられた。さらに「×○×○×○ン」ではフロア中に緑色の巨大バルーンが大量投下され、これを打ち返そうとする観客がそこかしこにあふれる。その様子を見た大森は「こういうの慣れてないから、死ぬほど疲れたね……」と労う一幕もあった。

「君の声が聞こえる!」「一番気持ちいい気持ち、ぶつけてくれますかー!」という大森の煽りを受けて、オーディエンスのテンションはどんどんヒートアップ。その熱気に合わせるように「VOID」は倍速に近いアップテンポにアレンジされ、大森たちのパフォーマンスにも熱がこもっていった。その後「超天獄」演奏前には、ツアー恒例となった設楽によるクイズコーナーへ。「大森は愛媛出身で設楽は香川出身」「今回の会場は東京」という話題から、即興で「東京都の人口は四国4県の合計人口の約何倍?」という問題を生み出してみせた。

後半戦に入り、「TOBUTORI」からは再び山之口が舞台へと登場。「イマジナリーフレンド」では倒れた大森を起こして手を重ね合わせたり、「VAIDOKU」冒頭の禍々しい雰囲気の即興演奏に合わせて激しくダンスしたりと、各メンバーと息の合ったパフォーマンスでステージを彩った。そして本編最後の楽曲「オリオン座」は、大森とsugarbeansの2人のみで披露。大森の指揮に合わせて観客たちが合唱し始めると、彼女はフロアへと降りていき、方々のファンに向けて手を振ったり、声を掛けてひとときの交流を楽しんだ。

アンコールに入り、大森は今回のツアータイトルは愛猫・キルムの名前から連想し、「大きな夢や目標を叶えるためには、小さな夢を殺していかないといけない」「大きな目標を掲げて毎日取り組んでいけたら素晴らしいなと思って、このツアータイトルを付けて前を向いてきました」と明かす。そして「私の音楽は川から海へと広がっていくような曲が多くて。今までは川で溺れそうになっている人を助ける番人みたいになりたかったけど、これからは川になろうって決めました」「川遊びのように私で遊んでほしいし、楽しい音楽で『この人生でよかったな』と思ってもらえるようにしたいです」と宣言。最後に自身の大きな目標を掲げ、「KILL MY DREAM TOUR」を締めくくった。

大森靖子「大森靖子 KILL MY DREAM TOUR 2023」2023年10月1日 昭和女子大学人見記念講堂 セットリスト

01. ミッドナイト清純異性交遊
02. マジックミラー
03. 新宿
04. イミテーションガール
05. 大森靖子めっかわ音頭
06. ×○×○×○ン
07. 非国民的ヒーロー
08. Re: Re: Love
09. VOID
10. 超天獄
11. TOBUTORI
12. イマジナリーフレンド
13. VAIDOKU
14. 夕方ミラージュ
15. 死神
16. オリオン座
<アンコール>
17. 絶対彼女
18. 最後のTATTOO
19. S.O.S.F. 余命二年
20. Rude
21. TOKYO BLACK HOLE

関連記事

「ユリイカ2024年3月号 特集=柴田聡子」書影 (c)YATSUI FES.2023

柴田聡子特集「ユリイカ」にadieu(上白石萌歌)、志磨遼平、澤部渡、羊文学、ゆっきゅん、大森靖子

3日
左から道重さゆみ、大森靖子。(Photo by Masayo)

大森靖子×道重さゆみ「ミッドナイト清純異性交遊LIVE」で伝え合った互いへの愛とリスペクト

14日
大槻ケンヂ

大槻ケンヂ春の弾き語りツアー開催、浅草公演に大森靖子

17日
大森靖子と、その横顔を見つめるキルムちゃん。

大森靖子×ミヌエットのキルムちゃん

24日
ZOC

巫まろが扁桃炎、藍染カレン&荼緒あいみが声帯炎、大森靖子が腸閉塞のZOCが公演延期

29日
大森靖子

大森靖子が急病に伴いZOC公演欠席

約1か月
Nao☆(Negicco)

NegiccoリーダーNao☆、東京&新潟で誕生祭ライブ開催

約1か月
「装苑」3月号の表紙。

「装苑」衣装特集にano、NEWS、M!LK、櫻坂46ら

約1か月
大森靖子

大森靖子「楽曲総選挙」を開催、400曲以上が対象

約1か月
山崎育三郎

山崎育三郎の新作に根本宗子、OKAMOTO'S、マハラージャン、清竜人、吉澤嘉代子、大森靖子が参加

約1か月