JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

indigo la End、思い出の地・河口湖で夏夜のワンマン 最新アルバムから新曲初披露

「ナツヨノマジック vol.3」の様子。(撮影:永峰拓也)
5か月前2023年10月10日 11:02

indigo la Endのワンマンライブ「ナツヨノマジック vol.3」が10月7日に山梨・河口湖ステラシアターにて開催された。

「ナツヨノマジック」はコロナ禍1年目の2020年に無観客配信ライブとしてスタートしたワンマン公演シリーズ。第3回となる今回は、初回が行われた思い出の地でもある河口湖ステラシアターにて、13年にわたるバンドの歴史を振り返るような多彩なセットリストでライブが行われた。

ロースモークによる幻想的な空間演出とともに川谷絵音(Vo, G)のスポークンワードが披露されたあと、3年前と同じく「夜汽車は走る」でライブは幕開け。佐藤栄太郎(Dr)のシンバルカウントで、夏夜の口火が切られた。定番曲「想いきり」に続いて、スラップを交えた後鳥亮介(B)のベースが印象的な初期曲「ワンダーテンダー」、バイラルヒット曲「名前は片想い」が立て続けに披露され、肌寒い空気がゆっくり熱を帯びていく。その後4人は「見せかけのラブソング」「雫に恋して」「チューリップ」「フラれてみたんだよ」と続け、10月25日発売の最新アルバム「哀愁演劇」から「忘れっぽいんだ」、ミディアムバラード「幸せが溢れたら」を披露すると、一度ステージから退場。モノローグが流れる中、新たな衣装をまとったメンバーが楽屋から移動する姿がリアルタイムでスクリーンに投影され、2部がスタートした。

4人は、長田カーティス(G)のカッティングが小気味いい「秋雨の降り方がいじらしい」、ひさびさの披露となった「夢で逢えたら」や「楽園」、indigo流のファンクナンバー「夜風とハヤブサ」、歪んだサウンドと流麗なハイトーンボイスの対比が美しい「大停電の夜に」を演奏。無観客で開催された初回の「ナツヨノマジック」を回想するMCを挟み、「夜の恋は」「抱きしめて」と続け、音楽やバンドへの謝辞を伝えるMCを挟んだのちに「1988」で本編を終えた。

アンコールで4人は、恒例の「長田カーティス物販紹介」のコーナーで会場の笑いを誘い、この日誕生日を迎えた後鳥のバースデーを祝うなど、会場を和やかな空気で包む。その後メロディの美しさが耳に残るミドルテンポの新曲を初披露し、アルバム「哀愁演劇」への期待感を高まらせた。そして4人はライブのタイトルになっている「夏夜のマジック」をラストに演奏。長田のギターソロが終わると空には花火が。ロマンチックな演出に歓声が上がり、indigo la Endの夏夜が大団円で終わりを迎えた。

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

めいちゃん

めいちゃん×川谷絵音タッグ再び

7日
indigo la End「白いマフラー」配信ジャケット

indigo la End、インディーズ時代の名曲「白いマフラー」11年越しに配信リリース

13日
「JAPAN JAM 2024」ロゴ

「JAPAN JAM」第2弾発表でマイファス、INI、リーダーズ、結束バンド、WANIMAら36組追加

19日
礼賛「PEAK TIME」配信ジャケット

礼賛が新作EP配信、リリースパーティのゲストにPEOPLE 1

約1か月
「SPACE SHOWER TV 35th ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER SPRING 2024」第1弾出演アーティスト

春の「ラブシャ」にスカパラ、アジカン、クリープ、インディゴ、小山田壮平、フジファブリックら

約1か月
「VIVA LA ROCK 2024」ロゴ

「ビバラ」BE:FIRST、マカえん、ホルモン、ヤングスキニー、サウシーら12組追加&日割りも発表

約1か月
川谷絵音

川谷絵音、古着爆買い

約2か月
川谷絵音

「関ジャム」今年も“年間マイベスト10曲”特集オンエア 川谷絵音、蔦谷好位置、いしわたり淳治が発表

約2か月
「VIVA LA ROCK 2024」ロゴ

ビバラ第2弾発表でオーラル、indigo、クリーピー、SKY-HI、離婚伝説ら10組追加

約2か月
WANIMA「Catch Up TOUR -1Time 1Chance-」ロゴ

WANIMAツアー追加公演にPEOPLE 1、indigo la End、WurtS、go!go!vanillas

2か月