JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

パスピエが9枚目のオリジナルアルバム発表、初回盤に大胡田なつきのアートブック付属

パスピエ「印象万象有象無象」通常盤ジャケット
4か月前2023年10月11日 12:03

パスピエが12月6日に9枚目のオリジナルアルバム「印象万象有象無象」をリリースする。

本作には配信シングル曲「GOKKO」「バジリコ」「化石のうた」を含む全11曲が収録される。大胡田なつき(Vo)はアルバムについて「タイトルには『全てのモノ・コトが色々なものの集まりからできているということ』という意味を込めています。このアルバムがまさにそれです」とコメント。成田ハネダ(Key)は「バンドであること、その前に一個人であること、それらを繋いでいるのも、そこから放射状に広がるのも音楽で、この根源であり、なんだかうまく説明できないけどはっきりと感覚としてあるとても大事な部分に重きをおいたアルバムです」と述べている。アルバムの発売に先駆けて、11月15日に新曲「cube」が先行配信される。

アルバムの初回限定盤には、これまでパスピエのジャケットやグッズなどほぼすべてのアートワークを担当してきた大胡田による56ページのアートブックが付属する。アートブックには、アルバムのジャケットデザインや既発シングルのジャケット、新たに描き下ろされたアートワーク、楽曲タイトルのアイデアを記したメモ、ジャケットのラフスケッチが掲載される。

ファンクラブ限定のP.S.P.E盤には、初回限定盤ジャケットをモチーフとしてあしらったオリジナルTシャツが付属する。

大胡田なつき(Vo)コメント

世の中やモノ・コトにある可能性について、とてもカジュアルに考えながら作ったアルバムです。自分たちなりの考えを曲や歌にすることで再認識できた部分もありました。
タイトルには「全てのモノ・コトが色々なものの集まりからできているということ」という意味を込めています。このアルバムがまさにそれです。この曲がどんな印象になるのか楽しみです。

成田ハネダ(Key)コメント

バンドであること、その前に一個人であること、それらを繋いでいるのも、そこから放射状に広がるのも音楽で、この根源であり、なんだかうまく説明できないけどはっきりと感覚としてあるとても大事な部分に重きをおいたアルバムです。
その大事な何かは、当初思っていたイメージより様々な形に成長してより豊かな作品となりました。そんなこのアルバムから広がっていく何か、が少しずつ誰かの元に届くことを願っています。
作品としては一旦完成を迎えますが、
これからの演奏を通じてだったり、それぞれの生活の中でまた新しい何かに育っていったら嬉しいです。

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

GANG PARADE(写真:ヨシモリユウナ)

GANG PARADE×パスピエ、“みんな違ってみんないい”ピューロランドツーマン

約2か月
GANG PARADE×サンリオピューロランド

GANG PARADEがピューロランドのコスチュームを着たら

2か月
ODD Foot Works

ODD Foot Worksの音楽性を更新するヤバい曲配信「あなたの走馬灯に出れたら」

2か月
「GANG PARDAE & KiSS KiSS presentsガールズ!! パーティー!!」ロゴ

GANG PARADEがクリスマスイブの昼にKiSS KiSSとツーマン、夜はワンマン

3か月
「ライブナタリー presents GANG PARADE SAY HELLO!2MAN」昼公演の告知画像。

GANG PARADEがピューロランドでツーマン 昼はパスピエ、夜は梅田サイファー

3か月
DIALOGUE+

DIALOGUE+がアニメ「弱キャラ友崎くん 2nd STAGE」OP&EDテーマ担当、リリースも決定

4か月
「進行方向別通行区分(仮)9thフルアルバムレコ発」フライヤー

進行方向別通行区分とパスピエの初ツーマンを新宿で

6か月
「CLUB CITTA' presents 35th Anniversary エレクトロ ニューワールド」ポスタービジュアル

パスピエ、ポルカドットスティングレイ、Base Ball BearがCLUB CITTA'で競演

6か月
崎山蒼志

崎山蒼志、体調不良で今夜のパスピエ主催公演キャンセル

6か月