JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

THE BEAT GARDENがBeemerへの感謝を届け、ライブハウスツアーを完走

U(Photo by Yuto Fukada)
8か月前2023年10月23日 2:01

THE BEAT GARDENのライブハウスツアー「Bells.」の最終公演が10月20日に東京・Spotify O-EASTで閉幕した。

「Bells.」はTHE BEAT GARDENが4月より最新アルバム「Bell」を携えて全国20カ所を回ったツアー。“Bell”には「幸せを呼ぶ」「幸せの始まり」というメッセージが込められている。

Beemer(THE BEAT GARDENファンの呼称)たちの拍手を受けながら、ステージに飛び出してきたU、MASATO、REI。サポートDJのkowta2(コータツ)をバックに、彼らはアッパーなエレクトロチューン「High Again」で勢いよくライブの火蓋を切った。Uの突き抜けるようなボーカルで始まったのは「マリッジソング」。軽快なビートに合わせてファンのハンドクラップが弾け、フロアはたちまち一体感に包まれる。お立ち台の上から「東京、踊れんのか!」と煽ったUは、舞台を降りてオーディエンスの目の前へ。キラーチューン「Don't think, feel.」でUはありったけのパワーを歌声に込め、MASATOとREIは観客1人ひとりを指差しながら、熱量高いパフォーマンスを繰り広げた。

その後、熱気が充満する場内をトーンダウンさせるように、バラードソング「夏の三角関係」「あかり」が届けられると、3人の芳醇なハーモニーがフロアに溶け込む。歌い終えたUは「楽しいねー! 見ての通り浮足立っております」と満面の笑み。ツアーファイナル前夜を振り返ってMASATOは「寝れなかった」と明かし、一方REIは「僕は爆睡でした」と平然と話した。最終公演前日は緊張気味のMASATOだったが、「めっちゃ楽しいな! “観に来てもらってる”というより“やり合っている”という感じです」と独特な表現で観客を和ませた。

和気あいあいとしたMCのあと、「飛べるかい? 暴れてくれますか!」というUの言葉をきっかけに披露されたのは、ツアーの日替わり曲「Satisfaction」。エッジィなサウンドに乗せてオーディエンスがハンズアップすると、会場はダンスフロアさながらの盛り上がりを見せる。また「初めて恋をするように」ではREIの奏でるキーボードや、メンバーの切なくも温かな歌声で観客の心を揺さぶった。

ライブが折返しを過ぎた頃、Uは「次の曲は、目の前に会いに来てくれるあなただけのことを思って歌います」と真剣な顔つきに。再びマイクを握り締めた3人は「ラブレター」を通じて、Beemerへの感謝の思いを伝える。そしてTHE BEAT GARDEN最大のヒット曲「Start Over」へ移ると、生命力みなぎる歌声に呼応するように、ファンが「wo」と拳を突き上げた。興奮冷めやらぬ中、本編ラストの「Never End」でもコール&レスポンスが沸き起こり、Uが気持ちよさそうにシャウトを放った。

本編が終わったあとも、アンコールを求めるBeemerの声は鳴り止まない。これを受けてステージに再登場したTHE BEAT GARDENはファンに高い人気を誇る「花火」でまっすぐな恋心を、「Bell」のリード曲「心音」でコロナ禍を経てのリアルな思いを表現した。正真正銘のラストナンバー「Sky Drive」では、メンバーのヘッドバンギングやファンのコール&レスポンスで熱気が最高潮に。20公演を走りきった3人の表情は達成感に満ちあふれていた。

なお2024年4月13日にはTHE BEAT GARDENにとって最大規模のワンマンライブ「good error」が東京・Zepp DiverCity(TOKYO)で開催される。

「THE BEAT GARDEN ONE MAN LIVE TOUR "Bells."」2023年10月20日 Spotify O-EAST セットリスト

01. High Again
02. マリッジソング
03. Don't think, feel.
04. 夏の三角関係
05. あかり
06. Satisfaction
07. 初めて恋をするように
08. あのね
09. ラブレター
10. 本当の声で
11. エピソード
12. ぬくもり
13. Start Over
14. Never End
<アンコール>
15. 花火
16. 心音
17. Sky Drive

THE BEAT GARDEN one man live at Zepp DiverCityTOKYO「good error」

2024年4月13日(土)東京都 Zepp DiverCity(TOKYO)

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」告知ビジュアル

「サマステ」でリーダーズ、ふるっぱー、BUDDiiSらが連日ライブ! STARTO社・ジュニアの公演も

1日
飯田智宏を演じる河野純喜(JO1)。

JO1河野純喜が連続ドラマ初出演、"高校生の妊娠”がテーマの作品「あの子の子ども」で一途な高校生に

5日
THE BEAT GARDEN

THE BEAT GARDEN“高校生の妊娠”がテーマのドラマ主題歌担当、桜田ひより&細田佳央太が出演

8日
MASATO(THE BEAT GARDEN)

THE BEAT GARDEN初のZeppワンマン、観客0人ライブを懐かしみ「まだまだがんばる」と決意表明

2か月
THE BEAT GARDEN

「六本木クラス」THE BEAT GARDENが「梨泰院クラス」Gahoのビルボード公演にゲスト出演

2か月
THE BEAT GARDEN

THE BEAT GARDENがラジオに4日連続生出演

3か月
THE BEAT GARDEN「present」ミュージックビデオのメイキング映像より。

THE BEAT GARDEN「アイのない恋人たち」主題歌のMVメイキングにお茶目な姿

4か月
THE BEAT GARDEN「present」メイキング映像

THE BEAT GARDEN「アイのない恋人たち」主題歌のレコーディング風景公開

4か月
THE BEAT GARDEN「present」ミュージックビデオのティザーのサムネイル。

THE BEAT GARDEN新曲ティザーサビVer.公開、リリース直前に生配信

4か月
THE BEAT GARDEN「present」ミュージックビデオより。

THE BEAT GARDEN「アイのない恋人たち」主題歌のMV完成、ティザーを先行公開

4か月