JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ExWHYZとyahyelのツーマン大盛況、バンド&ストリングス隊従えた新曲披露も

ExWHYZ(写真:sotobayashi kenta)
4か月前2023年10月21日 13:06

ExWHYZのライブツアー「ExWHYZ TOUR 2023 ‘eLATION’ part.2:Special Guest Series」のファイナル公演が10月19日に東京・Zepp Haneda(TOKYO)で行われた。

各地で繰り広げたツーマン、ファイナル公演にはyahyelが出演

7月から9月にかけて全国ツアー「ExWHYZ TOUR 2023 ‘eLATION’ part.1:Live House Series」を開催してきたExWHYZ。その「part.2」として東名阪のZepp会場で行われた本ツアーには、ExWHYZのサウンドプロデュースを手がけるSeiho、大沢伸一、yahyelがゲストとして参加し、各地でツーマンライブを繰り広げた。この記事ではyahyelがゲスト出演したZepp Haneda(TOKYO)公演の模様をレポートする。

先攻を務めたyahyelはステージが照明で赤く染まると同時にパフォーマンスをスタートさせ、1曲目「Mine」で観衆を自分たちの世界観に引き込む。そしてステージ後方のLEDに、図形や英字の映像が映し出される中、「Sheep」を皮切りに3曲を立て続けに披露した。ここまで4曲をキーボードを演奏しながら歌唱していた池貝俊(Vo)は、ふと立ち上がるとキーボードから離れてステージの中央へ。そしてマイクを手に「The Flare」を歌い上げたあとは、そのまま高速道路を走り抜けていくかのような映像をバックに「Highway」で力強い歌声を響かせた。目が覚めるような池貝のハイトーンボイスで歌い出されたのは「Mex」。「ID」のアウトロの残響の中、どこか夢見心地だった観客は、yahyelのステージングを見逃すまいと食い入るようにステージを見つめる。バンドの演奏が続く中、池貝は客席へと飛び降り、最前列の柵前を練り歩いてファンの視線を一身に集めた。そして再びステージに立つと、「寝ぼけてんじゃねえぞ」と活を入れるように観衆を煽る。盛り上がるフロアに向けて、「TAO」をパフォーマンスしたyahyelは、さっそうとステージをあとにした。

ExWHYZはずっと自分らしい姿で

心地よい高揚感が場内に漂う中、シックなセットアップに身を包んだ、yu-ki、mayu、maho、mikina、nowがステージに姿を現す。ExWHYZのライブは自己紹介ラップ「6WHYZ」で幕開け。5人は活動休止中のmidorikoのパートも朗らかに歌い上げると、続けて「FIRST STEP」「虜」とキャッチーな楽曲を続けて歌唱し、フロアのボルテージを引き上げた。自己紹介を行ったメンバーは、yahyelのライブに魅了されたと口々に感想を語る。2階の客席から身を乗り出して観覧していたというnowは、「カッコよかった! もう1回観たい!」と素直な思いを口にした。yu-kiの「ここからも楽しんでこうぜ!」という呼びかけから、ExWHYZは「xANADU~BLAZE」「Obsession」「ANSWER」「There’s no limits」「Universe」と計5曲を立て続けに披露。観衆は時にジャンプし、時にクラップを打ち鳴らし、彼女たちが繰り広げるパフォーマンスを楽しむ。そしてmikinaの「みんなで一緒に歌ってひとつになりましょう」という言葉を機に披露された「STAY WITH Me」を、メンバーとともになって歌った。

前身グループEMPiREからExWHYZへ移行した際のスピード感を振り返ったmikinaは、「心がもみくちゃにされそうになっても、いつでも楽曲が私たちの心とリンクしてくれるから、ずっと自分のままの姿でステージに立ち続けられたと思います」と語る。そして「ツーマンを快く引き受けてくれたyahyelの皆さん、そして今日目の前に集まってくれた皆さんに心から感謝しています」と思いを述べると、「次が最後の曲になります」と「Everything」をタイトルコール。ExWHYZはグループ名のロゴをバックに、1人ひとりスポットライトに照らされながら伸びやかな歌声を響かせて、ライブを締めくくった。

バンド&ストリングス隊従えて新曲披露も

鳴り止まないアンコールの声に応えて、バンドとストリングス隊が登場。彼らが待つステージに再び姿を現したExWHYZは、新曲「As you wish」を高らかに歌い出す。エモーショナルなこの曲のサビでは、ミラーボールが会場内を照らし、幻想的なムードが漂った。ストリングス隊も含めた生演奏に「びっくりしたでしょ?」と得意げな笑顔を浮かべた5人は、最後にバンド編成で「NOT SORRY」を披露。観客を巻き込みながら拳を掲げ、熱狂渦巻く中でこの日のパフォーマンスを終えた。バンドメンバーを見送った5人は「またこういう機会があったら会いに来てくれますか?」とオーディエンスに問いかける。大歓声を受けて、うれしそうに笑顔を浮かべたメンバーは「次もあるんです! この『‘eLATION’』ツアーまだ終わらないんですよ!」とツアーが続くことを予告し、次回のツアー会場がクラブであることを発表。笑顔で手を振りながらステージをあとにした。

無人のステージに「As you wish」を使用したエンドロールが流れる。この映像で、新曲が公演終了後の10月19日22:00に配信リリースされることがアナウンスされると、会場内からは大きな歓声が起こった。

なおYouTubeでは、本公演で披露された「As you wish」のライブ映像を本日10月21日に公開。この曲はEMPiRE時代に数々の代表曲を手がけたクリエイターoniがプロデュース、浦本雅史がエンジニアを手がけた。ライブ映像からは彼女たちのエモーショナルなパフォーマンスを観ることができる。

セットリスト

「ExWHYZ TOUR 2023 ‘eLATION’ part.2:Special Guest Series」2023年10月19日 Zepp Haneda(TOKYO)

yahyel

01. Mine
02. Sheep
03. Why
04. Once
05. The Flare
06. Highway
07. ID
08. Mex
09. TAO

ExWHYZ

01. 6WHYZ
02. FIRST STEP
03. 虜
04. xANADU~BLAZE
05. Obsession
06. ANSWER
07. There’s no limits
08. Universe
09. STAY WITH Me
10. Everything
<アンコール>
11. As you wish
12. NOT SORRY

関連記事

「BIG LOVE Vol.3」の様子。(撮影:タカギユウスケ[LiveYou])

スペルバとマンウィズの“BIG LOVE”な一夜、最後は「evils fall」で白熱コラボ

4日
「AGESTOCK2024 in 国立代々木競技場 第一体育館」第1部告知ビジュアル

代々木第一体育館で優里、MY FIRST STORY、WACK7グループがそれぞれライブ

4日
ExWHYZ

ExWHYZがmaho作詞のアッパーチューン配信、アルバム「Dress to Kill」収録曲発表

5日
XAI

XAI、5年ぶり新曲はGLIM SPANKY亀本寛貴と制作 春にはO-WESTで2ndワンマン

16日
ExWHYZ

ExWHYZ、「Our Song」MVでも本家・大沢伸一をオマージュ チーム総出演でたまらない景色

25日
WACKロゴ

「WACK合同オーディション2024」開催決定!今年はSSW、バンド、トラックメイカーも募集

27日
「SYNCHRONICITY'24」第5弾出演アーティスト

「SYNCHRONICITY'24」にKIRINJI、ExWHYZ、荒谷翔大、アイドラ、Omoinotakeら12組追加

27日
ExWHYZ「Our Song」ミュージックビデオより。

ExWHYZが大沢伸一「Our Song」をカバー、対バンライブがきっかけで実現

28日
「4thONE-MAN LIVE『怪歌』」全ゲスト

花譜ワンマン「怪歌」全ゲストが明らかに 長谷川白紙、Mori Calliope、大沢伸一、#KTちゃん追加

約2か月
「ExWHYZ presents 'SeihoWHYZ'」キービジュアル

ExWHYZとSeihoが行く!春の東名阪ツアー「SeihoWHYZ」開催決定

約2か月