JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

宮本浩次が名曲カバー披露した「ロマンスの夜」映像作品発売

宮本浩次「ロマンスの夜」ジャケット
4か月前2023年10月28日 9:06

宮本浩次(エレファントカシマシ)がカバー曲を中心に披露したコンサート「ロマンスの夜」の映像作品が、11月29日に発売されることが決定した。

2020年に発表された宮本にとって初のカバーアルバム「ROMANCE」は、オリコン週間アルバムランキングで1位を獲得。さらに「第71回芸術選奨文部科学大臣賞」を受賞し、高い作品性が評価された。「ロマンスの夜」は、「ROMANCE」に続くカバーアルバム「秋の日に」の発表に合わせて行われたコンサートで、「ROMANCE」「秋の日に」に収録された楽曲を中心に披露された。この公演には小林武史(Key)をはじめ、名越由貴夫(G)、須藤優(B)、玉田豊夢(Dr)という、宮本が信頼を寄せるミュージシャンが演奏で参加した。

ライブ映像作品には東京、兵庫で行われた「ロマンスの夜」のうち、今年1月16日の東京・東京ガーデンシアター公演の模様を完全収録。さらにライブ当日にも披露された「恋におちて -Fall in love-」のミュージックビデオも収められる。YouTubeでは発売に先駆けて、「ジョニィへの伝言」のライブ映像が公開された。

なお宮本は11月20、21日に大阪・フェスティバルホール、11月27、28日に東京・東京国際フォーラム ホールAで再び「ロマンスの夜」を開催する。

宮本浩次「ロマンスの夜」収録内容

ライブ映像

・ジョニィへの伝言
・春なのに
・まちぶせ
・First Love
・赤いスイートピー
・SEPTEMBER
・白いパラソル
・化粧
・あばよ
・喝采
・二人でお酒を
・翳りゆく部屋
・愛の戯れ
・異邦人
・ロマンス
・DESIRE -情熱-
・飾りじゃないのよ 涙は
・あなた
・恋におちて -Fall in love-
・恋人がサンタクロース
・木綿のハンカチーフ
・冬の花
・カサブランカ・ダンディ

ミュージックビデオ

・恋におちて -Fall in love-

ロマンスの夜

2023年11月20日(月)・11月21日(火)大阪府 フェスティバルホール
2023年11月27日(月)・11月28日(火)東京都 東京国際フォーラム ホールA

関連記事

昨年「百年後芸術祭」内で行われた「en Live Art Performance」の様子。

櫻井和寿、スガシカオ、宮本浩次、アイナら出演ライブを内房総「百年後芸術祭」で

17日
映画「キリエのうた」ビジュアル (c)2023 Kyrie Film Band

アイナ・ジ・エンド主演映画「キリエのうた」BD / DVD発売、豪華版にメイキングや関連イベント映像

17日
アイナ・ジ・エンド

アイナ・ジ・エンド「第47回日本アカデミー賞」新人俳優賞に選出、初主演「キリエのうた」で評価

約1か月
「The Covers 80年代ラブソングSP ~宮本浩次・Cocco~」より、宮本浩次。(写真提供:NHK)

宮本浩次とCocco出演「The Covers」明日放送、2人が語る尾崎豊とは

約1か月
映画「四月になれば彼女は」ポスタービジュアル (c)2024「四月になれば彼女は」製作委員会 

藤井風が映画「四月になれば彼女は」主題歌担当、タイトルは「満ちてゆく」

約1か月
「The Covers 80年代ラブソングSP ~宮本浩次・Cocco~」出演者(写真提供:NHK)

宮本浩次とCoccoが80年代名曲を歌う「The Covers」ラブソングSP

約2か月
宮本浩次「Woman “Wの悲劇”より」配信ジャケット

宮本浩次、薬師丸ひろ子の「Woman “Wの悲劇”より」をカバー

3か月
左から岩井俊二、小林武史、Chara、アイナ・ジ・エンド、Salyu。(撮影:岩澤高雄)

YEN TOWN BAND、Lily Chou-Chou、Kyrieが“円都”に集結 映画の世界を表現した貴重ライブ

4か月
アイナ・ジ・エンド

アイナ・ジ・エンドがKyrieとして「THE FIRST TAKE」登場、小林武史とともに主題歌熱演

4か月