JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

PIGGSの気迫がZepp Hanedaを飲み込んだ!全身全霊ツアーファイナル

PIGGS(撮影:村長)
8か月前2023年10月29日 13:07

PIGGSが本日10月29日に東京・Zepp Haneda(TOKYO)で全国ワンマンツアー「PIGGS SUCK OF FULL MONTY TOUR」の最終公演を開催した。

これまでのPIGGS

PIGGSは2020年4月に誕生したアイドルグループ。BiSの発起人でもあるプー・ルイがメンバー、プロデューサー、所属事務所プープーランドの社長を務める。グループは今年1月にシングル「負けんなBABY」でアリオラジャパンからメジャーデビューするも、5月にオリジナルメンバーのCHIYO-Pが脱退。新メンバーオーディションを経て7月にBIBIとSU-RINGが加入し、10月25日に現体制初にしてメジャー第1弾となるアルバム「RAWPIG」を発表した。

パワフルな幕開け

ツアーファイナルでは幕が開くと同時にメンバーがステージに登場。6人の後ろに張られた紗幕にはツアー名がレーザーで刻まれる。最新アルバムのリード曲「Fleeting」が始まり、SU-RINGが「ついに来たぞツアーファイナル!」と咆哮。場内いっぱいにレーザーが激しく飛び交う演出とともに、PIGGSはパワフルなパフォーマンスを繰り出した。続く「BOO!SHUT」でSHELLMEが「暴れる準備はいいか!」と勇ましく声を上げ、メンバーはアッパーなサウンドに乗せてエネルギッシュなパフォーマンスを披露して観客を興奮の渦に巻き込む。観客はペンライトを振りながらメンバーの名前を叫び、ライブ序盤から盛り上がった。

PIGGSはメランコリックなメロディの「ピラニア型人造人間」で千手観音のようなフォーメーションを見せたり、魚のように横たわるBIBIをほかの5人が抱えたりと、派手な照明演出に負けない独特なパフォーマンスで観客の視線を奪う。さらに四つ打ちのハードなダンスチューン「VISITOR」でエモーショナルな歌声を聴かせるなど、ライブ前半から躍動感のあるステージを展開。自己紹介のあとにも、サウンドプロデューサーであるRyan.B(BRIAN SHINSEKAI)の手腕が光る、多彩な楽曲群が披露された。「RAWPIG」でも表現されている6人それぞれの個性豊かなボーカルがステージで重なり合い、ぶつかり合う様は迫力たっぷり。最新アルバムの楽曲「INSOMNIA」の途中、メンバー後方の紗幕が剥がされると、そこには無機質なステージセットと大きなスクリーンがお目見えした。

声が枯れても全身全霊

「人間すぎる」では全身全霊のシャウトを聞かせたプー・ルイをはじめ、メンバーの表情がスクリーンに大写しとなり、広いZepp Hanedaにいる観客全員が6人の姿を見つめた。メンバーそれぞれが迫真のステージを見せる中、「フォーエバー・ヤング」ではBIBIが声を枯らせても臆することなく歌い続け、存在感を示した。ライブ後半、PIGGSはBAN-BANのコミカルな口上から、リスナーにパワーを与えるようなポップチューン「豚 HAVE THE POWER」を披露。「ワイルドサイドを歩け」では、スクリーンに笑いあり涙ありの歴代オフショット映像が流れる演出が用意された。そしてライブ終盤には「とらえる」「負けんなBABY」といったグループの節目を彩ってきた代表曲が届けられ、ラストは「LINK EMOTION」で熱く締めくくられた。

これからも続くPIGGSのストーリー

アンコールでは最新アルバムからRyan.Bと松隈ケンタというサウンドプロデューサー2人が共作した「Route 91665」が披露された。スクリーンにはメンバーの姿に重なるように歌詞が添えられ、さまざまな人生を歩んできた6人がこのステージに集い、ともに歌を歌っているというストーリーが浮き彫りになった。その後、KINCHANが1月から全国ツアー「DIRTY EPIC TOUR」を開催することを宣言。「今まで回ったことのないライブハウスを回ります! ぜひ皆さん、会いに来てくれるとうれしいです!」と観客に呼びかけた。続いてプー・ルイはこの日のチケットが完売していないことに悔しさをにじませつつ、目の前にいる観客の存在の大切さを口にし、「まだまだPIGGSはこれからだけど、目の前にいるみんなと、これからも歩いていきたいです」と語った。PIGGSはそんなプー・ルイの言葉のあと、グループ始まりの曲である代表曲「PIGGS -モナ・リザ-」を披露。今後の活動への期待を煽る形で、ツアーに幕を下ろした。

セットリスト

PIGGS「PIGGS SUCK OF FULL MONTY TOUR」2023年10月29日 Zepp Haneda(TOKYO)

01. Fleeting
02. BOO!SHUT
03. ピラニア型人造人間
04. VISITOR
05. ファイティングブレイン
06. リバーサイド・モーテル
07. INSOMNIA
08. スプートニク1号
09. 人間すぎる
10. フォーエバー・ヤング
11. YOU KNOW ME
12. 豚 HAVE THE POWER
13. ワイルドサイドを歩け
14. とらえる
15. カッシーニ
16. 負けんなBABY
17. LINK EMOTION
<アンコール>
18. Route 91665
19. PIGGS -モナ・リザ-

ツアー情報

「DIRTY EPIC TOUR」

2024年1月8日(月・祝)東京都 八王子Match Vox
2024年1月13日(土)岩手県 KLUB COUNTER ACTION MIYAKO
2024年1月20日(土)熊本県 熊本B.9 V2
2024年1月27日(土)滋賀県 BARI-HARI
2024年1月28日(日)岡山県 PEPPERLAND
2024年2月3日(土)山形県 酒田hope
2024年2月10日(土)香川県 高松TOONICE
2024年2月12日(月・祝)愛知県 HUCK FINN
2024年2月18日(日)長野県 ALECX
2024年2月23日(金・祝)群馬県 前橋DYVER
2024年2月25日(日)北海道 SOUND CRUE
2024年3月2日(土)大阪府 心斎橋CLUB DROP
2024年3月3日(日)和歌山県 和歌山CLUB GATE
2024年3月9日(土)神奈川県 Yokohama Bay Hall

関連記事

「UNDER THE SCREAM!!2024」メインビジュアル

TEAM SHACHI、カイジューバイミー、ばっしょー、PIGGS、NARLOW、ポピエモが城島高原に集結

1日
「Flowers LOFT 4th Anniversary 2MAN SHOW」フライヤー

ギターウルフとPIGGS、下北沢Flowers Loftで激突

1日
PIGGS「八日目の朝」ミュージックビデオより。

インディーズ回帰のPIGGS「八日目の朝」先行配信&MV公開

7日
「SET YOU FREE IN KUSHIRO KIRI FESTIVAL2024」出演者

釧路「SET YOU FREE」に銀杏、真心、ZIGGY、PIGGS、四星球、ギャンパレ

8日
PIGGS

自給自足のBiS!インディーズ回帰のPIGGS!新宿LOFTで汗だく競演

約2か月
「PIGGS 4周年記念ライブ」ドキュメンタリーのサムネイル。

PIGGSはなぜインディーズから新作EPをリリースすることになったのか

約2か月
PIGGS

本日結成4周年のPIGGS、インディーズから新作EPリリース決定

約2か月
「TOKYO IDOL FESTIVAL 2024」ロゴ

「TIF2024」iLiFE!、でんぱ組.inc、FRUITS ZIPPERら出演決定 チェアマンは今年も長濱ねる

2か月
「FAMILY BUTCHERS TOUR 2024」ビジュアル

PIGGS対バンツアーゲストは眉村ちあき、imai、我儘ラキア、the twenties、HUSKING BEE

3か月
新宿LOFT歌舞伎町移転25周年記念出演者第1弾

新宿LOFT移転25周年記念で石野卓球、J、PEDRO、ExWHYZ、OLD JOEら出演者100組発表

3か月