JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ビーバー、チリビ、BE:FIRST、龍宮城、ブランデー戦記が魅せた「バズリズムLIVE」最終日

SUPER BEAVER(撮影:山内洋枝)
4か月前2023年11月05日 14:07

日本テレビ系の音楽番組「バズリズム02」発のライブイベント「バズリズムLIVE 2023」の最終日公演が、本日11月5日に神奈川・横浜アリーナで行われた。「バズリズムLIVE」は“今絶対見ておくべきアーティスト”が参加するイベントとして2015年にスタートし、今年が9回目の開催。最終日は龍宮城、BE:FIRST、Chilli Beans.、SUPER BEAVERとオープニングアクトのブランデー戦記が出演した。また、この日出演を予定していたもののキャンセルとなったsumikaに代わり、トリのSUPER BEAVERは急遽ロングセットでのステージを展開。熱いパフォーマンスで観客を楽しませた。

ブランデー戦記

最終日のオープニングアクトとして出演したのは大阪出身の3人組バンド、ブランデー戦記。2022年3月に結成されたばかりのバンドが早くも横浜アリーナという大舞台への出演を果たした。最初に3人が披露したのは昨年12月にリリースした代表曲「Musica」。圧巻のロックサウンドで会場の空気を震わせ、総立ちのオーディエンスを圧倒した。

続いて3人は、青色のライトが揺らめく中で「水鏡」を披露し、壮大なサウンドスケープでまた異なる世界を提示する。最後は「僕のスウィーティー」を演奏。パワフルなビートで観客に強い印象を与えてステージを終えた。

龍宮城

トップバッターの登場前にはステージにMCのバカリズムと石川みなみアナウンサーが登場して観客に挨拶。バカリズムは「せっかくなのでコール&レスポンスしましょうか? 皆さん、最近どうですか?」と客席に話しかけ、困惑しながら叫ぶオーディエンスを「ああ、皆さんいろいろな悩みを抱えていらっしゃるようですね(笑)」と受け流した。

その後は客席に光る紫色のペンライトに迎えられ、トップバッターの龍宮城が登場。アヴちゃん(女王蜂)がプロデュースを務めたオーディション番組「0年0組-アヴちゃんの教室-」を経て結成された彼らは、プレデビュー曲の「RONDO」で観客をその独自の世界へと一気に引き込んだ。その後は「2 MUCH」「Mr.FORTUNE」を迫力たっぷりにパフォーマンス。中盤の自己紹介ではRayが生まれて初めてライブを観た会場がこの横浜アリーナだったと振り返り「またワンマンで戻って来られるように、高く深く登っていこうと思います」と意気込んだ。

全員でサングラスをかけて踊った「JAPANESE PSYCHO」のあとは、女王蜂「バイオレンス」のカバーをアグレッシブに披露。後半ではITARUとKENTのデュエット曲「SENSUAL」で優美な世界を繰り広げ、最後は宮城が主演を務めるドラマ「秘密を持った少年たち」の主題歌でもある新曲「SHORYU(→↓↘+P)」の鬼気迫るパフォーマンスで締めくくった。

BE:FIRST

続いて登場したのは、初のドームライブ開催を11月3日に発表したばかりのBE:FIRST。1曲目「Boom Boom Back」からパワフルなステージングとサウンドで場内に瞬く間に熱気を充満させる。それぞれの見せ場たっぷりの「Milli-Billi」に続いては「SOS」でロマンティックなムードへと観客を誘った。

「Brave Generation」や「Don't Wake Me Up」ではステージ左右に伸びた花道にメンバーが進み出て、客席をさらにヒートアップさせる。中盤にはLEOが今から2年前、デビュー直後に「バズリズムLIVE」に初出演した当時を振り返り「あのとき楽屋で社長に『2年後にドーム行くよ』って言われて。ついに来年3月東京ドームに立ちます」と夢を叶える喜びを語った。その思いを分かち合うように「Great Mistakes」ではメンバーとオーディエンスが一斉にタオルを振り回し、最後は「Scream」を迫力満点にパフォーマンスした。

Chilli Beans.

Chilli Beans.のライブは「See C Love」で幕開け。Moto(Vo)はハンドマイクを手にステージを自由闊達に跳ね回り、気だるげなボーカルを聴かせる。「皆さん、今日は楽しんでいってください!」というMotoの言葉のあとは「rose feat. Vaundy」そして「HAPPY END」へ。Chilli Beans.ならではのときにキラキラした、ときに哀切さを感じさせる音像で観客を魅了した。

Maika(B, Vo)は今年1月、Chilli Beans.が番組で「今年コレがバズるぞ!BEST10」の1位に選出された縁を振り返り「今日もこんな素敵なライブに出させていただいてうれしいです」と喜ぶ。代表曲「lemonade」でオーディエンスの体を揺らしたあとは、Lily(G, Vo)が奏でる深みのあるギターが印象的な「Raise」へ。ラストナンバー「you n me」をポップに奏でると、3人は笑顔でステージをあとにした。

SUPER BEAVER

3日間にわたる今年の「バズリズムLIVE」大トリを務めたSUPER BEAVER。渋谷龍太(Vo, G)はsumikaのタオルを掲げながらステージに登場し、オーディエンスに熱狂的に迎えられた。最初に披露したのは「グラデーション」。渋谷は「今日は『ここに立っているからにはあなたと向き合いたい』というバンドとグループしかいません。誰を観に来たとかは絶対あると思うけど、俺はあなたを傍観者じゃなく当事者にしたいと思っています」と観客に呼びかけ、大きな拍手を浴びる。その言葉通り「美しい日」では観客のハンドクラップと大合唱が4人の演奏と一体になり、アリーナに力強く響き渡った。そして4人は11月3日にリリースしたばかりの最新曲「決心」に続き、壮大なバラードナンバー「儚くない」を披露。熱いメッセージで観客を感動に導いた。

「sumikaっていうバンドが出られなくなって、俺たちがちょっとほかのグループよりも長くやるけど、代わりになるとは微塵も思ってません。代役としてのプラス30分じゃない。この大事な時間、100%でかかってきてくださいなんて贅沢なことは言いません……120%でかかってきてください!」とこのステージに賭ける意気込みを渋谷が叫んだあとは、「青い春」「名前を呼ぶよ」「アイラヴユー」と代表曲を連投。圧巻のバンドサウンドで会場にすさまじい熱気をもたらした。

最後に渋谷は19年目を迎えたバンドの軌跡を振り返り「“普通”の生活は誰かの“特別”の上に成り立っていることを絶対に忘れないようにしてきました。そのおかげであなたに会えました。俺たちがあなたに伝えたように、あなたも大事な誰かに伝えてくれるといいなと思います」と語り、ラストナンバー「人として」を熱唱。万感の思いを込めたパフォーマンスで大トリのステージを締めくくった。

なお「バズリズム02」では11月24日放送回で「バズリズムLIVE 2023」DAY1、12月1日にDAY2、12月8日にDAY3の様子をオンエア。日テレプラスでは12月23日16:00から3日間の模様を一挙7時間にわたって放送する。さらにHuluでは12月15~17日にライブ映像が順次配信される。

セットリスト

「バズリズム LIVE 2023」2023年11月5日 横浜アリーナ

ブランデー戦記

01. Musica
02. 水鏡
03. 僕のスウィーティー

龍宮城

01. RONDO
02. 2 MUCH
03. Mr.FORTUNE
04. JAPANESE PSYCHO
05. バイオレンス
06. SENSUAL
07. 2 MUCH
08. SHORYU(→↓↘+P)

BE:FIRST

01. Boom Boom Back
02. Milli-Billi
03. SOS
04. Brave Generation
05. Don't Wake Me Up
06. Shining One
07. Bye-Good-Bye
08. Great Mistakes
09. Scream

Chilli Beans.

01. See C Love
02. rose feat. Vaundy
03. HAPPY END
04. School
05. lemonade
06. daylight
07. Raise
08. シェキララ
09. you n me

SUPER BEAVER

01. グラデーション
02. ひたむき
03. 美しい日
04. 決心
05. 儚くない
06. 青い春
07. 名前を呼ぶよ
08. アイラヴユー
09. 人として

関連記事

「BE:the ONE」ビジュアル (c)B-ME & CJ 4DPLEX All Rights Reserved.

BE:FIRSTライブドキュメンタリー映画を配信で何度でも

約6時間
「CDTVライブ!ライブ!」の出演者。

「CDTV」に大泉洋初登場!次回2時間SPにイコラブ、ビーバー、緑黄色社会、福山雅治ら

約19時間
BE:FIRST×「ONE PIECEカードゲーム」スペシャルムービーより。

BE:FIRSTのSHUNTOとRYUHEI、私物の「ワンピカード」で真剣勝負

約20時間
BE:FIRST

BE:FIRST×「ONE PIECE」カードゲームのコラボソング配信、作詞にSHUNTOとRYUHEI参加

2日
SUPER BEAVER

SUPER BEAVER、ニューアルバムより「切望」MVを今夜21時にプレミア公開

3日
「JAPAN JAM 2024」ロゴ

「JAPAN JAM」にチリビ、IMP.、Novelbright、BEYOOOOONDS、4s4ki、ふるっぱー、打首ら

6日
「anan」2387号表紙 (c)マガジンハウス

なにわ男子・道枝駿佑「anan」で美しすぎる肖像画を表現、顔に金魚が集まりすぎるハプニングも

9日
SUPER BEAVER

SUPER BEAVER野外ツアーの追加公演決定

9日
SUPER BEAVER「音楽」全曲トレイラーより。

SUPER BEAVER新アルバム「音楽」全曲トレイラー公開

11日
「FM802 35th ANNIVERSARY “Be FUNKY!!” MEET THE WORLD BEAT 2024」告知ビジュアル

FM802「MEET THE WORLD BEAT」にビーバー、スカパラ、ユニゾンら7組

12日