JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

東出昌大の狩猟ドキュメンタリー映画「WILL」公開決定、音楽担当はMOROHA

映画「WILL」より。(c)2024 SPACE SHOWER FILMS
4か月前2023年11月09日 2:04

東出昌大の狩猟ドキュメンタリー映画「WILL」の音楽をMOROHAが担当する。

「WILL」は2024年2月16日に全国公開されることが決定したエリザベス宮地監督による映画。東出は猟銃を持って山で生活しており、電気も水道もない暮らしを送っている。映画は狩猟で獲ったシカやイノシシを食べ、地元の人々と触れ合う日々が、彼に何をもたらしたのかに迫る内容で、命についての思いをはじめ、心の根底にある混沌、矛盾、葛藤を抱える東出の姿に、MOROHAが発する渾身の言葉が熱量を帯びて重なっていく。

MOROHAのアフロは東出と長年の友人という間柄。アフロは今作について、「喰われながら、喰いながら 誰しもが生きている その罪深さを引き受けて人間はどのツラ下げて、どこへ向かうのか その一例を知りたかったらこれを観たらいい」とコメントしている。なお出演者には東出とMOROHAのほか、服部文祥、阿部達也、石川竜一、GOMA、コムアイ、森達也が名を連ねている。

エリザベス宮地監督 コメント

「子宮」
東出が発砲し、山道を走り、
獲物の解体を始めてからはじめて口にした言葉だった。
彼の右手には言葉通りのそれが握られていた。
“役者の東出がどうして狩猟をしているのか”
その答えを求め狩猟に同行したが、
納得するための都合のいい言葉や理由が目の前の臓器や自然には追いつかないのを痛感した。
東出と共に、答えのない旅をした1年間の記録。

アフロ(MOROHA)コメント

喰われながら、喰いながら
誰しもが生きている
その罪深さを引き受けて人間は
どのツラ下げて、どこへ向かうのか
その一例を知りたかったらこれを観たらいい

東出昌大 コメント

僕はただの被写体でした。
ですので「映画を通して伝えたいメッセージ」の様なものはありません。「生きる理由なんて思いつかなくて、死ねない理由を一つひとつ摘み上げては、掌の上で転がしながら確かめる」
そんな想いをされている方に届くように、エリザベス宮地監督はこの映画を作ったのかなと、完成した映画を拝見し思いました。

関連記事

昨年「百年後芸術祭」内で行われた「en Live Art Performance」の様子。

櫻井和寿、スガシカオ、宮本浩次、アイナら出演ライブを内房総「百年後芸術祭」で

16日
上段左から、KAITO(Paledusk)、しおん(ヤングスキニー)、スズキユウスケ(オレンジスパイニクラブ)、下段左からなち(サバシスター)、増子直純(怒髪天)、Moto(Chilli Beans.)。

マイベストトラック2023 Vol.3|バンド編

30日
「F.A.D YOKOHAMA presents THE SUN ALSO RISES vol.112.5」告知用ビジュアル

ハルカミライ×MOROHAのツーマン開催

約2か月
「Document of PEDRO 2023 “還る”」より。

PEDROドキュメンタリー今夜から公開、アユニ・Dの急激な変化をエリザベス宮地が追う

3か月
映画「さよなら ほやマン」より。

MOROHAアフロ「さよなら ほやマン」撮影中に新曲制作、キャストの呉城久美&黒崎煌代と歌唱

4か月
「さよなら ほやマン」舞台挨拶の様子。

MOROHAアフロ初主演映画が完成、友人の東出昌大が花束を手にサプライズ

4か月
MOROHA

さだまさし魂を継承、MOROHA書き下ろし曲「新約『償い』」先行配信決定

4か月
「KITAKAGAYA FLEA 2023 & ASIA BOOK MARKET」メインビジュアル

さまざまなカルチャーが集まるイベント「キタカガヤフリー」にGOMA meets U-zhaanら出演

4か月
映画「さよなら ほやマン」より、アフロ扮するほやマン。

買い物から犬の散歩まで、MOROHAアフロがあなたの要望叶える「出張ほやマン」依頼募集中

5か月