JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

メジャーデビューしたmekakusheの2ndシングル配信、シナリオアート・ハヤシコウスケがアレンジ

mekakushe
3か月前2023年12月19日 15:02

シンガーソングライターmekakusheが、5カ月連続デジタルシングルリリースの第2弾「恋の未明」を本日12月20日に配信リリースした。

バンダイナムコミュージックライブ内にプライベートレーベル・akogare recordsを設立し、メジャーデビューを果たしたmekakushe。akogare recordsからの第2弾作品となる「恋の未明」はハヤシコウスケ(シナリオアート)が楽曲アレンジを担当した楽曲で、唐突な転調や急勾配のアレンジで恋心を表現し、ありとあらゆる音楽ジャンルを詰め込んだ“ガチャポップ”ナンバーとなっている。

楽曲と呼応するようにカオスな展開をする映像およびビジュアルの制作は、キタニタツヤの映像も手がける映像作家・最低やさいコーナーが担当した。

mekakushe コメント

あらゆる時間帯の中で、未明が好きです。
まだ夜がすっかり明けきらないころ、曲が生まれることも多いです。
例えば、恋にも賞味期限のような時間帯があるのだとすれば、ひとり未明に取り残されてしまった女の子の歌。
さみしくてあいたくて仕方のない心の起伏を、唐突な転調やサビのたたみかけるような歌詞で表現しました。
最低やさいコーナーさんのピクセルアニメーション、ハヤシコウスケさんによる編曲もどこかコラージュ的で、
それはまるで切り貼りで何日もかけて描いたきみへの気持ちみたいだなと思います。

ハヤシコウスケ(シナリオアート)コメント

mekakusheなりのミニマルFUNKをやれたら面白そうだなと思い
シンプルなファンクサウンドを作り始めたのだが楽曲の力に引っ張られ、気づけばカオスな楽曲になった。
イントロ、AメロはメジャーなのにBメロから不穏なマイナーになる珍しい曲調なので
感情がジェットコースターしている感覚をそのまま音に反映させた。
力強く、踊れるグルーヴィーなサビで、泣きながらダンスしているような不思議な音楽。
情報過多なガチャポップ感、音が戦いあって、嘆きが昇華された、とっても楽しいサウンドに仕上がった。
mekakusheの踊れる新境地。

関連記事

「SYNCHRONICITY'24」出演者一覧

「SYNCHRONICITY」にCharisma.comいつか、RINNEEE、#KTちゃん、mekakusheら

8日
mekakushe「かくれんぼ」配信ジャケット

mekakushe史上最もキャッチーな新曲配信、メジャーシングル第4弾

約1か月
和田彩花「plastics girl」配信ジャケット

和田彩花とmekakusheがコラボ、きっかけはTwitter

約1か月
上段左からGuiano、ササノマリイ、セツコ(空白ごっこ)。下段左から長瀬有花、HACHI、ゆこぴ。

マイベストトラック2023 Vol.8 ネットクリエイター編

約2か月
mekakushe「アーモンド」配信ジャケット

mekakusheメジャー3rdシングルは「アーモンド」

約2か月
EMMT pre.「GOOD STUFF vol.5 SPECIAL 2MAN SHOW」告知ビジュアル

mekakusheとcolormal、大阪でツーマン

4か月
シナリオアート

シナリオアート結成15周年記念のメモリアルソング配信、UNITワンマン開催

4か月
mekakushe

mekakusheがバンダイナムコ内にレーベル設立、5カ月連続シングル第1弾配信

4か月
Awkmiu「Masquerade」ミュージックビデオより。

Awkmiu、新曲「Masquerade」ミュージックビデオ公開

5か月